コーナーリングを科学する

 

陸上競技の短距離種目では、200mや400mなど、曲走路を含む種目があり、曲走路で速度を落とさないように走る能力は非常に重要です。

 

 

 

特に200m走や4×100mリレーの1走、3走では、曲走路で最大速度に到達するため、このコーナーリングの技術次第で、タイムが大きく変わる可能性があります。

 

 

 

選手の中には直線競技は得意なのに、曲走路は苦手な選手もいるはずです。

 

 

逆に、直走路ではそこまで速くないけど、曲走路は得意な選手もいることでしょう。

 

 

ここでは、曲走路を走る技術「コーナーリングの上手さ」とは何か?

 

 

 

これについて考えていきます。

 

 

 

なぜ曲走路で速度が低下するのか?

 

当然かもしれませんが、曲走路での疾走速度は直走路よりも遅くなりやすいことが多くの研究で示されています(文献1−6)。

 

 

曲走路では運動の方向を変えながら走る必要があるため、特に内側の脚の外側へのキック力(内側への地面反力)が大きくしなければならないこと、そしてそれによる接地時間の増加が原因として考えられています(文献7−9)。

 

 

しかし、中には直走路と曲走路で疾走速度に差はみられなかったという報告(文献10)もあります。

 

 

どうやら曲走路で速度が落ちやすい選手、落ちにくい選手が存在するようです。

 

 

 

 

コーナーリングが得意な選手と苦手な選手の差は何?

 

そこで、Ohnumaほか(2018)(文献11)は、曲走路で速度が落ちにくい群(得意群)と落ちやすい群(苦手群)で、動作や力発揮にどのような差があるのかを調べました。

 

 

この研究ではなんと曲走路が得意な群では、直走路よりも速度が高くなっていました。

 

 

逆に苦手群では大幅に速度が落ちていますね。

 

 

 

※Ohnumaほか(2018)より、筆者が翻訳

 

 

 

そして、得意群に対する苦手群の曲走路での走りの特徴として、「外側の脚の後方へのキック力」「外側脚のステップ長(主に滞空距離)」「外側脚の離地時の股関節角度」が減少していたことが挙げられています。

 

 

 

 

 

 

このように、曲走路を上手く走れない選手は、外側の脚で地面を上手く蹴ることができていない特徴がありました。

 

 

 

また、得意群も苦手群も、内側脚の外側へのキック力(内側への地面反力)に変わりはなかったことから、曲走路で速度が低下する原因は内側脚の外側へのキック力の増加が原因ではないと指摘されています。

 

 

 

これらのことから、「外側脚を上手く使えるようにする」ことが、コーナーリングが上達するために重要なようです。

 

 

 

じゃあいったいどんな意識で走ればいいの?

 

ここがスポーツバイオメカニクスの欠点でもありますが、「外側の離地時の股関節角度が小さくなっていて、キック力が低下している」からと言って、「外側の脚で強く蹴る意識」が有効なわけではありません。

 

 

速く走るための意識は別のところにあることは多いのです。

 

 

じゃあバイオメカニクスは役に立たないのではないか?

 

 

そう考える方もいるかと思いますが、決してそんなことはありません。

 

 

動作の特徴が分かれば、動作改善の目的地が分かるわけです。

 

 

練習の効果が良い方向に向かっているのか、または思わぬ方向(悪い方向)に向かっているのかは、目的地が分かっていなければ判断できません。

 

 

今回は、曲走路が苦手な選手は「外側の離地時の股関節角度が小さくなっていて、キック力が低下している」という特徴がありました。

 

 

これを改善するためにどのようなトレーニングや意識が重要かまでは、断言できませんが、今後の練習ヒントの一つになることは間違いないでしょう。

 

 

自分の感覚と向き合いながら、より良い意識を探ってみてください。

 

 

参考文献

1. Chang YH, Kram R. Limitations to maximum running speed on flat curves. J Exp Biol, 2007; 210: 971-982
2. Churchill SM, Salo AI, Trewartha G. The effect of the bend on technique and performance during maximal effort sprinting. Sports Biomech, 2015; 14: 106-121
3. Churchill SM, Trewartha G, Bezodis IN, Salo AI. Force production during maximal effort  bend sprinting: Theory vs reality. Scand J Med Sci Sports, 2015; 26: 1171-1179
4. Greene PR. Running on flat turns; experiments, theory, and applications. J Biomech Eng,  1985; 107: 96-103
5. Stoner LJ, Ben-Sira D. Science in Athletics. Del Mar: Academic publisher, 167-173; 1979
6. Usherwood JR, Wilson AM. Accounting for elite indoor 200 m sprint results. Biolo Lett,  2006; 2: 47-50
7. Hamill J, Murphy M, Sussman D. The Effects of Track Turns on Lower Extremity Function. Int J Sport Biomech, 1987; 3: 276-286
8. Luo G, Stefanyshyn D. Ankle moment generation and maximum-effort curved sprinting performance. J Biomech, 2011; 45: 2763-2768
9. Smith N, Dyson R, Hale T, Janaway L. Contributions of the inside and outside leg to maintenance of curvilinear motion on a natural turf surface. Gait Posture, 2006; 24: 453-458
10. Alt T, Heinrich K, Funken J, Potthast W. Lower extremity kinematics of athletics curve sprinting. J Sports Sci, 2015; 33: 552-560
11. Ohnuma H et al., (2018) How to maintain maximal straight path running speed on a curved path in sprint events, Journal of Human Kinetics, 62(in press).

 

 

 

 

 

トップページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから

陸上競技のバイオメカニクスとは

スポーツバイオメカニクスは、力学的な面からスポーツにおける身体運動を研究する、スポーツ科学の中の領域の一つです。簡単に言うと、スポーツの動作中に身体の動きがどうなっているか、どんな力が発揮されているかを分析していくことです。しかし、この研究で示される知見を表面上の理解のみで指導やトレーニングに持ち込...

≫続きを読む

速く走るために必要な2つの力

☆「走って前に進む」とは?トラック種目では、自分という物体をいかに早くゴールに送り届けることができるかを競う競技だと言えます。そのためには自分を加速させて、いかに高い速度を持たせられるかが重要となります。次のような物理法則があります。→短距離走の基礎知識「走りとニュートンの法則」F=ma (力=質量...

≫続きを読む

スプリント中の下肢の動き

☆スプリント中の脚の動き方スプリント中の「足」の軌道は以下のようになります。下肢は大腿、下腿、足の3つの部分があり、それらを股関節、膝関節、足関節の3つの関節でつないでいます。これらの関節が、伸展(関節を伸ばすこと)と屈曲(関節を曲げること)をすることで様々な動きができるようになっています。☆スプリ...

≫続きを読む

@フットディセント-Bミッドサポート

@フットディセント接地前の足を振り戻す(振り下ろす)場面ですが、接地直前のスイング速度が疾走速度と密接に関係します。速いものが地面に叩きつけられるのと、そうでないものでは、鉛直方向の力の大きさや、より速いミッドサポート期への移行(よく乗り込みの早さと表現される)が可能になります。Aフットストライク接...

≫続きを読む

Bミッドサポート-Cテイクオフで効率的に推進力を生む動き

ここでは、重心が足に乗り切った所から地面を離れるまでの効率的な動きについて紹介します。ここからが肝心の「前に進むための水平方向の力」を加えていく局面です。水平方向に力を効率的に加えることができる動きとできない動きを以下に示します。このように、水平方向に効率的に力を加えて、脚全体のスイング速度向上につ...

≫続きを読む

Dフォロースルー-Eフォワードスイング期での効率的な動作

脚が地面から離れて、前方へ引き出していく局面の効率的な動きについて紹介します。離地後は、高い後方スイングスピードの影響により下肢が後方へ振り出されます。ここから、脚をより早いタイミングで前方スイングに切り替えられなければ、俗に言われる「脚が流れる」というような現象が起きます。この、「脚が流れる」こと...

≫続きを読む

スプリント中の下肢関節に働く力

動作をコントロールするのは筋肉です。また、筋肉をコントロールするのは脳などの中枢神経となります。ここではスプリント中の下肢に、どのタイミングで、どの関節に、どのような力が働いているかについてみていきます。脚の関節には、「股関節」「膝関節」「足関節」があります。これらを伸ばしたり、曲げたりすること(伸...

≫続きを読む

スプリント中の骨盤の動き

ここでは、スプリント中の腰の動きを見ていきます。「骨盤を使え!」と、よく陸上競技場で指導者や選手が口にしているのを目にしますが、実際どう動いているのでしょうか。実はこの腰の動きを上から見てみると、歩いているときと走っている(全力に近い)ときでは動き方が少し違うのです。☆歩行時の腰の動きこのように、歩...

≫続きを読む

100m走中の脚の回復期に発揮される力・パワーの変化

100m走のレース中、選手はずっと同じ動作を繰り返しているわけではありません。スタートからの前傾姿勢からトップスピード局面まで身体を徐々に起こしていくというだけでも、大きな疾走動作の変化があると言えます。それに伴って各関節が生み出す力、パワーが変わってきます。各局面で必要とされる力、パワーがわかれば...

≫続きを読む

100m走でなぜ速度が低下するのか

スタートして最大スピードに達した後、人間はいつまでも最大スピードで走り続けることはできません。必ず減速します。世界の一流スプリンターであっても、3-7%の速度低下がみられます。「スタートの飛び出しが良くても後半置いていかれてしまう…。」「後半速度を維持するにはどうしたら良いですか?」という感想や質問...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学する@(スタートと力発揮)

短距離走、主に100mで、クラウチングスタートからの素早い加速は記録に大きな影響を及ぼすといっていいでしょう。もちろんトップスピードが高いことは重要(「100mでのレースパターン」)ですが、スタートで大きく出遅れてしまえば、100mでのタイムは遅くなってしまいます。よって、中間疾走での良い動きのみで...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学するA(スタートと動作)

「スタートと力発揮」において、水平方向への力発揮が重要であることを述べました。ここでは、次のことについて考えていきます。より水平方向への力発揮ができている選手の動きとはどのようなものか?より水平方向への力発揮を高める動作とはどのようなものか?☆力を加える方向が鍵?Morinら (2011)篠田ら (...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学するB(スタートと意識、構えの姿勢)

スターティングブロックを科学する@(スタートと力発揮)スターティングブロックを科学するA(スタートと動作)で、スタートにおける水平方向への力発揮の重要性と倒れ込みと伸び上がりのバランス、体幹の前傾、1歩目までを考慮に入れることの重要性について紹介しました。ここでは、構えの姿勢やブロックの配置、意識に...

≫続きを読む

腕振りの役割―腕を振らないなんてあり得ない―

「腕はどのように振ったら良いのか?」短距離走の選手であれば、誰しも一度は考えることでしょう。腕振りに関しては、選手としても指導者としても、様々な考え方が存在します。以前、Twitterを使って次のようなアンケートを行いました。この結果から言えることは、・様々な意識で腕振りを行う人がおり、明らかに特定...

≫続きを読む

ブレーキを減らすことで疾走速度は高まるか?

☆疾走中はブレーキと加速の繰り返しスプリント走の足の接地局面では、必ずブレーキと加速を伴います。足が地面に接地された瞬間、自分の体にはブレーキがかかり、一旦減速します。その後、足の接地位置よりも身体重心が前方に移動していくことではじめて、身体を加速させることができるのです。さて、この接地時のブレーキ...

≫続きを読む

バトンパス精度を高めるための指標

2004年のアテネオリンピックにおいて、日本チームは4×100mリレーで過去最高の4位となりましたが、その後はメダルに届かない状況が続いていました。そこで2008年の北京オリンピックに向けて、テークオーバーゾーン前後10m範囲である40mのタイムを一つの指標にして、バトンパス精度を高める試みがなされ...

≫続きを読む

新アンダーハンドパス

2016年リオオリンピック時に日本チームが取り入れていたバトンパスは、2008年にメダルを獲得した時のそれとは少し異なります。2008年にメダルを獲得して以降、なかなかメダルに届かない時期が続きました。その最中の2014年のアジア大会。日本チームは中国にアジア記録を更新され、37秒台へと先を越されて...

≫続きを読む

最適なパス完了位置とは?

☆バトンパス完了位置バトン区間のタイムを短縮させるポイントの一つに、「パス完了地点」があります。テークオーバーゾーンのどこでバトンパスが完了したかによって、バトン区間のタイムが変わる可能性は高いため、これはリレーの戦略を考える上で非常に重要なポイントになります。☆100m走のレース分析からバトン区間...

≫続きを読む

コーナーリングを科学する

陸上競技の短距離種目では、200mや400mなど、曲走路を含む種目があり、曲走路で速度を落とさないように走る能力は非常に重要です。特に200m走や4×100mリレーの1走、3走では、曲走路で最大速度に到達するため、このコーナーリングの技術次第で、タイムが大きく変わる可能性があります。選手の中には直線...

≫続きを読む

膝のお皿が厚いほど足が速い??―膝関節モーメントアーム長と疾走速度の関係―

記事のタイトルを見て「???」となった方もいるかもしれません。膝のお皿の厚さと足の速さに一体どんな関係があるのでしょうか?ここでは、膝関節の簡単な構造と足の速さとの関係について迫っていきます。膝関節とは?膝関節はいわゆる「ひざ」のことであり、大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨によって形成されています。大...

≫続きを読む

足の人差し指が長いほど足が速い?―スプリント力と中足趾節関節の関係―

中足趾節関節とはスプリントパフォーマンス向上において、股関節や膝、足首を伸ばしたり、曲げたりする筋力の重要性は多く知られています。しかし、人間の「脚」には、この股関節、膝関節、足関節以外にも関節が存在し、その一つが「足の指の関節」です。特に中足趾節関節(足の指の付け根部分の関節)は、接地中に地面を捉...

≫続きを読む