陸上競技のバイオメカニクスとは

 

スポーツバイオメカニクスとは?

 

スポーツバイオメカニクスは、力学的な面からスポーツにおける身体運動を研究する、スポーツ科学の中の領域の一つです。バイオ(bio=生体)メカニクス(mechanics=力学) =「生体力学」と呼ばれる学問領域で、しばしば「バイメカ」と略されます。

 

 

バイオメカニクスは、「人間をはじめとする生体の構造や機能を,力学的な観点から解明しようとする学問」です(深代,2010)。そしてこれをスポーツに応用したものが「スポーツバイオメカニクス」と呼ばれています。

 

 

簡単に言うと、スポーツの動作中に身体の動きがどうなっているか、どんな力が発揮されているかを分析していくことです。短距離走で言うと、「足が速い人の動作や力発揮(その他諸々の要因)はどうなってるの?」を明らかにするものです(それだけではありませんが)。

 

 

しかし、この研究で示される知見を表面上の理解のみで指導やトレーニングに持ち込むと、かえって悪い結果を生んでしまうことも考えられます。

 

 

これは、ヒトの運動が、その人の「感覚」によって実行されているからです。

 

 

 

スポーツバイオメカニクスは地図である

 

バイオメカニクスが主に解明してくれるのは、速い人の動作や力発揮(ピッチやストライド、その他諸々)がどうなっているかです。言い換えると、「どういう動作や力発揮ができれば速く走れるのか(動作や力発揮の目的地)を教えてくれることになります。

 

 

しかし、「研究によって、足の速い人は動作Aをしていたことが解明された」からといって、「じゃあ動作Aをするためにはどうしたらいいの?」について教えてくれるわけではないのです

 

 

つまり、バイオメカニクスの知見は「あなたが速く走る方法(目的地への行き方)」を教えてくれません。

 

 

 

 

では、スポーツバイオメカニクスは役に立たないのでしょうか?

 

 

決してそんなことはありません。

 

 

目的地が分かっていれば、トレーニングの方向性が定まりますし、どういう動作は良くないのかが分かります。すると、どういうトレーニングが大事なのか推測ができるのです。スポーツバイオメカニクスの知見は、そのための手掛かりになり得ます。ただ、この推測には注意が必要です。

 

 

 

 

 

スポーツバイオメカニクスは「取り扱い注意」

 

先述した通り、バイメカは動作の目的地への行き方を教えてくれません。しかし、バイメカの知見は目的地に行くための手掛かりにはなるため、想像力を生かして目的地への行き方を色々と思案するのが人間です。

 

 

しかし、ここで考えたトレーニング方法が、パフォーマンスを向上させるとは限らず、解釈を間違うとかえって悪影響を与えることさえあると考えられます。

 

 

 

 

例@「最大スピードが高い人は、接地直前―接地中の脚の後方スイングが速い」(伊藤ほか,1998)

 

走りの最大スピードが高い人は、接地直前―接地中の脚の後方スイングが速いという知見があります(伊藤ほか,1998)。

 

 

この知見から、「脚の振り下ろしを意識して、地面を叩くように、強く後ろにスイングする意識したら、速く走れるのでは?」と考える人は少なくありません。

 

 

 

 

 

 

しかし、地面を叩く意識をすると、同じ速度でも地面に伝わる力を大きくできますが、これが効率の良い走りとは言い難いです(坂田ほか,2018)。走っている力感は増すかもしれませんが、速く走れるようになるかは分かりません。

 

 

そもそも、実際は足が後ろにスイングされているというよりも、「接地位置に対して体が前に進んでいる」という表現の方が正しいという考え方もできます。

 

 

 

 

 

このようなことから、地面を強く叩いたり、蹴り切ったりするような「意識」には、否定的な見解も多いようです。正しいとも、間違っているとも言えません。このように、バイメカの知見を「意識と強引に結び付けない」ことに注意が必要です。

 

 

 

例A足が速い人は,離地時の膝や足首の伸展が小さい(伊藤ほか,1998)

 

足が速い人は、離地時の膝や足首の伸展が小さいという知見があります(伊藤ほか,1998)。

 

一流選手では接地中に、むしろ膝が曲がり続けるような動作がみられるようです。この動作によって、効率よく前に進むことができると考えられています。

 

 

 

 

 

そして、このことを知ると、「膝や足首を伸ばすように使ってしまいやすくなるスクワットや坂ダッシュ等のトレーニングは良くないのでは?」と考える人が必ず出てきます。

 

 

しかし、スクワットの拳上重量が上がるほどスプリント能力は高まること(Seitzほか,2014)や、坂ダッシュやスレッド走はスプリント加速能力向上に効果的であることは、多く報告されています(Tziortzis,1991;Paradisisほか,2009;Morinほか,2017)。

 

 

※Morinほか(2017)より

 

 

また、短い接地時間で体を支える、つぶれにくい脚、加速力を生み出す股関節の筋肉を鍛えるためにも、こういうトレーニングは効果的だと考えられます。逆にこういう能力に乏しいと、一流選手のような動作はできません。

 

このように、バイメカの知見を「他のトレーニング動作や力発揮と強引に結び付けない」ことは非常に重要なことです。

 

 

 

バイメカは「現象」を捉える知見

 

「スポーツ動作」は色んな要素が複雑に絡み合って生まれた一つの「現象」です。バイメカの知見は動作や力発揮の目的地やそこへの行き方の手掛かりは示してくれますが、バイメカのみで、じゃあどうすればいいの?(有効なトレーニング・意識)について、あれこれ言及するには限界があります。

 

 

 

 

 

力の発揮や動作はヒトの「感覚」によって、なされるものです。この「感覚」と「実際の動作や力発揮」には「ズレ」が存在します。バイメカの知見をトレーニングに生かすためには、目標の動作の構造、仕組みを知っておく必要があるでしょう。その動作を達成するために必要なのは「意識を変えることなのか?」「筋力を高めることなのか?」または、「筋肉の柔軟性なのか?」。

 

 

これらをきちんと仕組みから考えて、整理できなければ「この練習は、この選手には合っていた。しかし、あの選手には合わなかった」という問題が起きます。なぜ、合う、合わないが起きたかが説明できるためには、知識という名の引き出しが必要です。そういった意味でも、スポーツバイオメカニクスの知見を深めておくことは非常に重要なことだと言えるでしょう。

 

 

知識を蓄え、実践を繰り返しながら、技術の最適化を図っていかなければなりません。

 

 

 

 

参考文献

・深代千之, 川本竜史, 石毛勇介, & 若山章信. (2010). スポーツ動作の科学 バイオメカニクスで読み解く.

 

・伊藤章, 市川博啓, 斉藤昌久, 佐川和則, 伊藤道郎, & 小林寛道. (1998). 100m 中間疾走局面における疾走動作と速度との関係. 体育学研究, 43(5-6), 260-273.

 

・Seitz, L. B., Reyes, A., Tran, T. T., de Villarreal, E. S., & Haff, G. G. (2014). Increases in lower-body strength transfer positively to sprint performance: a systematic review with meta-analysis. Sports medicine, 44(12), 1693-1702.

 

・Tziortzis S. Effects of training methods in sprinting performance. Doctoral Dissertation. University of Athens, Dept. of Physical Education and Sport Science, Athens, Greece. 1991.

 

・Paradisis, G. P., Bissas, A., & Cooke, C. B. (2009). Combined uphill and downhill sprint running training is more efficacious than horizontal. International journal of sports physiology and performance, 4(2), 229-243.

 

・Morin, J. B., Petrakos, G., Jimenez-Reyes, P., Brown, S. R., Samozino, P., & Cross, M. R. (2017). Very-heavy sled training for improving horizontal-force output in soccer players. International journal of sports physiology and performance, 12(6), 840-844.

 

 

 

 

 

トップページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから

陸上競技のバイオメカニクスとは

スポーツバイオメカニクスとは?スポーツバイオメカニクスは、力学的な面からスポーツにおける身体運動を研究する、スポーツ科学の中の領域の一つです。バイオ(bio=生体)メカニクス(mechanics=力学) =「生体力学」と呼ばれる学問領域で、しばしば「バイメカ」と略されます。バイオメカニクスは、「人間...

≫続きを読む

速く走るために必要な2つの力(水平・鉛直の力)

「走って前に進む」とは?トラック種目は、「自分という物体をいかに早くゴールに送り届けられるか」を競う競技だと言えます。そのためには自分を加速させて、いかに高い速度を持たせられるかが重要となります。次のような物理法則があります。関連記事→短距離走の基礎知識「走りとニュートンの法則」F=ma (力=質量...

≫続きを読む

スプリント中の下肢の動き

スプリント中の脚の動き方スプリント中の「足」の軌道は以下のようになります。下肢は大腿、下腿、足の3つの部分があり、それらを股関節、膝関節、足関節の3つの関節でつないでいます。これらの関節が、伸展(関節を伸ばすこと)と屈曲(関節を曲げること)をすることで様々な動きができるようになっています。スプリント...

≫続きを読む

@フットディセント-Bミッドサポート

@フットディセント接地前の足を振り戻す(振り下ろす)場面ですが、接地直前のスイング速度が疾走速度と密接に関係します。速いものが地面に叩きつけられるのと、そうでないものでは、鉛直方向の力の大きさや、より速いミッドサポート期への移行(よく乗り込みの早さと表現される)が可能になります。Aフットストライク接...

≫続きを読む

Bミッドサポート-Cテイクオフで効率的に推進力を生む動き

ここでは、重心が足に乗り切った所から地面を離れるまでの効率的な動きについて紹介します。ここからが肝心の「前に進むための水平方向の力」を加えていく局面です。水平方向に力を効率的に加えることができる動きとできない動きを以下に示します。このように、水平方向に効率的に力を加えて、脚全体のスイング速度向上につ...

≫続きを読む

Dフォロースルー-Eフォワードスイング期での効率的な動作

脚が地面から離れて、前方へ引き出していく局面の効率的な動きについて紹介します。離地後は、高い後方スイングスピードの影響により下肢が後方へ振り出されます。ここから、脚をより早いタイミングで前方スイングに切り替えられなければ、俗に言われる「脚が流れる」というような現象が起きます。この、「脚が流れる」こと...

≫続きを読む

スプリント中の下肢関節に働く力

動作をコントロールするのは筋肉です。その筋肉をコントロールするのは脳などの中枢となります。ここではスプリント中の下肢に、どのタイミングで、どの関節に、どのような力が働いているかについてみていきます。まず、脚の関節には主に「股関節」「膝関節」「足関節」があります。これらを伸ばしたり、曲げたりすること(...

≫続きを読む

スプリント中の骨盤の動き

ここでは、スプリント中の腰の動きを見ていきます。「骨盤を使え!」と、よく陸上競技場で指導者や選手が口にしているのを目にしますが、実際どう動いているのでしょうか。実はこの腰の動きを上から見てみると、歩いているときと走っている(全力に近い)ときでは動き方が少し違うのです。☆歩行時の腰の動きこのように、歩...

≫続きを読む

100m走中の脚の回復期に発揮される力・パワーの変化

100m走のレース中、選手はずっと同じ動作を繰り返しているわけではありません。スタートからの前傾姿勢からトップスピード局面まで身体を徐々に起こしていくというだけでも、大きな疾走動作の変化があると言えます。それに伴って各関節が生み出す力、パワーが変わってきます。各局面で必要とされる力、パワーがわかれば...

≫続きを読む

100m走でなぜ速度が低下するのか

スタートして最大スピードに達した後、人間はいつまでも最大スピードで走り続けることはできません。必ず減速します。世界の一流スプリンターであっても、3-7%の速度低下がみられます。「スタートの飛び出しが良くても後半置いていかれてしまう…。」「後半速度を維持するにはどうしたら良いですか?」という感想や質問...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学する@(スタートと力発揮)

短距離走、主に100mで、クラウチングスタートからの素早い加速は記録に大きな影響を及ぼすといっていいでしょう。もちろんトップスピードが高いことは重要(「100mでのレースパターン」)ですが、スタートで大きく出遅れてしまえば、100mでのタイムは遅くなってしまいます。よって、中間疾走での良い動きのみで...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学するA(スタートと動作)

「スタートと力発揮」において、水平方向への力発揮が重要であることを述べました。ここでは、次のことについて考えていきます。より水平方向への力発揮ができている選手の動きとはどのようなものか?より水平方向への力発揮を高める動作とはどのようなものか?☆力を加える方向が鍵?Morinら (2011)篠田ら (...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学するB(スタートと意識、構えの姿勢)

スターティングブロックを科学する@(スタートと力発揮)スターティングブロックを科学するA(スタートと動作)で、スタートにおける水平方向への力発揮の重要性と倒れ込みと伸び上がりのバランス、体幹の前傾、1歩目までを考慮に入れることの重要性について紹介しました。ここでは、構えの姿勢やブロックの配置、意識に...

≫続きを読む

腕振りの役割―腕を振らないなんてあり得ない―

「腕はどのように振ったら良いのか?」短距離走の選手であれば、誰しも一度は考えることでしょう。腕振りに関しては、選手としても指導者としても、様々な考え方が存在します。以前、Twitterを使って次のようなアンケートを行いました。この結果から言えることは、・様々な意識で腕振りを行う人がおり、明らかに特定...

≫続きを読む

ブレーキを減らすことで疾走速度は高まるか?

☆疾走中はブレーキと加速の繰り返しスプリント走の足の接地局面では、必ずブレーキと加速を伴います。足が地面に接地された瞬間、自分の体にはブレーキがかかり、一旦減速します。その後、足の接地位置よりも身体重心が前方に移動していくことではじめて、身体を加速させることができるのです。さて、この接地時のブレーキ...

≫続きを読む

バトンパス精度を高めるための指標

2004年のアテネオリンピックにおいて、日本チームは4×100mリレーで過去最高の4位となりましたが、その後はメダルに届かない状況が続いていました。そこで2008年の北京オリンピックに向けて、テークオーバーゾーン前後10m範囲である40mのタイムを一つの指標にして、バトンパス精度を高める試みがなされ...

≫続きを読む

新アンダーハンドパス

2016年リオオリンピック時に日本チームが取り入れていたバトンパスは、2008年にメダルを獲得した時のそれとは少し異なります。2008年にメダルを獲得して以降、なかなかメダルに届かない時期が続きました。その最中の2014年のアジア大会。日本チームは中国にアジア記録を更新され、37秒台へと先を越されて...

≫続きを読む

最適なパス完了位置とは?

☆バトンパス完了位置バトン区間のタイムを短縮させるポイントの一つに、「パス完了地点」があります。テークオーバーゾーンのどこでバトンパスが完了したかによって、バトン区間のタイムが変わる可能性は高いため、これはリレーの戦略を考える上で非常に重要なポイントになります。☆100m走のレース分析からバトン区間...

≫続きを読む

コーナーリングを科学する

陸上競技の短距離種目では、200mや400mなど、曲走路を含む種目があり、曲走路で速度を落とさないように走る能力は非常に重要です。特に200m走や4×100mリレーの1走、3走では、曲走路で最大速度に到達するため、このコーナーリングの技術次第で、タイムが大きく変わる可能性があります。選手の中には直線...

≫続きを読む

膝のお皿が厚いほど足が速い??―膝関節モーメントアーム長と疾走速度の関係―

記事のタイトルを見て「???」となった方もいるかもしれません。膝のお皿の厚さと足の速さに一体どんな関係があるのでしょうか?ここでは、膝関節の簡単な構造と足の速さとの関係について迫っていきます。膝関節とは?膝関節はいわゆる「ひざ」のことであり、大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨によって形成されています。大...

≫続きを読む

足の人差し指が長いほど足が速い?―スプリント力と中足趾節関節の関係―

中足趾節関節とはスプリントパフォーマンス向上において、股関節や膝、足首を伸ばしたり、曲げたりする筋力の重要性は多く知られています。しかし、人間の「脚」には、この股関節、膝関節、足関節以外にも関節が存在し、その一つが「足の指の関節」です。特に中足趾節関節(足の指の付け根部分の関節)は、接地中に地面を捉...

≫続きを読む

陸上短距離走者における「足の流れ」の原因と改善方法

「あの選手は足が流れてしまっている」「レース後半になると足が流れてしまって失速してしまう」と言うように、陸上競技、特に短距離走の指導現場において「足が流れる」という言葉は非常に多く使われていることでしょう。実際に、スプリントフォームの指導ポイントとして、指導書でも注目されていたり、研究テーマとして取...

≫続きを読む

100m走のレースでは、練習よりも高い疾走速度を出すことができ、ピッチ増加が貢献...

陸上競技の短距離走では、誰よりも素早く加速して、誰よりも高いスピードを獲得することが好記録につながります。そのため、練習ではスターティングブロックからの60m走や80m走などのトライアルを多くやったりすることでしょう。特に、レース中の最大スピードは記録と強く関係します(松尾ほか,2008)。疾走速度...

≫続きを読む