筋肉って何?

 

人間の身体にはどうして筋肉が付いているのか?

 

ここでは筋肉の役割についてみていきます。

 

 

 

☆身体を動かすエンジンとしての役割

 

まず、一番重要な役割がこれでしょう。

 

人間が活動できるのは、この筋肉が動くからであり、筋肉がなければ立つことも、歩くことも、走ることもできません。

 

また、人間の身体の中身を機能させているのも、筋肉です。

 

心臓や胃、長などの器官も筋肉が動かしているのです。

 

四肢を動かす運動にしろ、内臓を動かすことにしろ、全ては筋肉が原動力となっています。

 

 

 

 ☆姿勢を維持する役割

 

地球には重力が働いています。

 

人は座ってじっとしている時や、立ったまま動いていない時、寝ていて動かない時もあります。

 

実は、この時も筋肉はちゃんと働いているのです。

 

筋肉はこのような場合でも、適度に力を働かせて、身体の姿勢を維持させようと活動をしています。

 

 

 

 

☆熱を発生させる役割

 

人は、ある一定の体温を保てなければ、生きていくことができません。

 

人の身体は通常、37℃くらいの体温が保たれるようになっていますが、通常気温は37℃よりも低いはずです。

 

ここで人は、自分でエネルギーを利用することで熱を生み出しながら、体温を維持しています。

 

そして、この体温の維持に最も貢献しているのが筋肉なのです。

 

熱を生み出す貢献度合いは、筋肉が約6割、肝臓や腎臓が約2割、褐色脂肪細胞という、熱を生み出す仕組みのある組織が約2割となっています。

 

 

 

 

 

☆身体を守る役割

 

ボクサーが、腹筋に力を全く入れていない状態で、フックを受けるとどうなってしまうでしょうか?

 

もちろんかなりのダメージが予想されます。

 

腹筋に力をある程度入れていれば、ダメージは少なからず軽減されるはずでしょう。

 

このように、筋肉がしっかりと付いていることで、身体の中にある内臓や骨を守ることができるのです。

 

アメリカンフットボールの試合に筋肉の少ないやせ細った選手が出場しても、怪我をして交代させられるだけです。

 

 

 

 

 

☆内分泌器官としての役割

 

具体例を挙げると、筋肉を動かすと脂肪の分解を促進する物質を筋肉が分泌し、筋肉が動き続けるためのエネルギーが供給されることなどです。

 

ひと昔前までは、筋肉が動き始めると、まずは脳に信号が行き、そこから脂肪の分解を促すような指令が下され、エネルギーが効率的に供給されるという考え方でした。

 

この考えでは、必ず脳が中心となり、様々な内分泌を促す仕組みとなっています。

 

 

しかし、最近の研究では、最初の例のように、脳を介さずとも、筋肉が主体的に内分泌を変化させる役割を担っていることが分かってきています。

 

 

もし、「筋肉を増やせ!脂肪を分解しろ!」と指令をだす役割を脳だけが担っているとしたら、夢の中で筋トレをしたり、脳を勘違いさせるだけでも、筋肉をつけたり、痩せたりすることが可能であると言えます。

 

しかし、人間の身体はそのようにはできていないのです…。

 

やはり、筋肉が本当に使われたかどうか、エネルギーが本当に必要かどうかは筋肉のみぞ知ることであり、脳は騙せても筋肉は騙せないのです。

 

 

トップページへ

 

Power Point資料ページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから(メールでのやり取りのみ無料)

筋肉って何?

人間の身体にはどうして筋肉が付いているのか?ここでは筋肉の役割についてみていきます。☆身体を動かすエンジンとしての役割まず、一番重要な役割がこれでしょう。人間が活動できるのは、この筋肉が動くからであり、筋肉がなければ立つことも、歩くことも、走ることもできません。また、人間の身体の中身を機能させている...

≫続きを読む

トレーニング効果を運動パフォーマンスにつなげるためには?

「体力トレーニングの概念」「トレーニング効果の転移」でも述べた通り、短距離練習をせずに筋トレだけでは、パフォーマンスは上がりません。ここでは、短距離、筋トレというワードにとらわれず、トレーニング効果をパフォーマンスにつなげるための仕組みについてみていきます。☆エンジンだけじゃ車は走らない車を動かすた...

≫続きを読む

平行筋と羽状筋

☆筋線維の並び方に違いがある「トレーニング効果をパフォーマンスにつなげるためには?」において、筋肉は筋肉であり、その筋肉を使えるようにするための練習が、パフォーマンスアップに重要であるということを紹介しました。しかし、筋肉は筋肉であっても、それぞれ構造が異なる筋肉が存在し、その構造の違いによって、得...

≫続きを読む

関節とテコの原理@

☆筋肉の付着部とテコの原理このように、筋肉は骨にくっ付いています。この、骨のどこに筋肉が付着しているかによって、作用する筋力やスピードが異なってくるのです。◎関節から近いところに付いている場合関節が「支点」、筋肉の付着部が「力点」、四肢の末端が「作用点」と捉えることができます。この場合、支点に近い部...

≫続きを読む

関節とテコの原理A

☆筋肉の大きさとテコの原理筋肉が大きいほど、大きな力を発揮できるというのは周知の事実でしょう。筋肉が大きいほど、筋肉の収縮力は高まるからです。しかし、筋肉が大きくなって、高い力が出せるのは、単に収縮力が上がるからだけではない可能性があります。☆力が作用する方向が変わるかも?この図のように、筋肉が大き...

≫続きを読む

サルコメアと筋力・スピードの関係

平行筋と羽状筋、筋肉の付着部とテコの関係によって、その関節がスピードタイプか、フォースタイプかに分かれるということを紹介してきました。そして、そのスピードタイプとフォースタイプを分ける要因として、さらに「サルコメアの長さ」というものがあります。☆サルコメアとは?サルコメアとは、筋肉が収縮する一つの単...

≫続きを読む

人間本来のバランスが崩れるから筋トレはダメ?

☆筋力は本来アンバランス「平行筋と羽状筋」などで説明してきた通り、四肢の屈筋にはスピードや可動性の高い仕組みが多くあったり、伸筋には力を出すのに有利な仕組みが多いです。よって、筋力の面でみると、伸筋群よりも屈筋群の方が弱い。すなわち、膝を伸ばす筋力よりも、膝を曲げる筋力は本来弱くなっていると言えます...

≫続きを読む

等尺性,等張性,等速性とかもうわけが分からない人へ

筋収縮とは、筋肉が中心に向かって力を発揮することです。そして、この筋収縮には、その力の大きさや筋肉の長さの変化によって、様々な種類があります。☆等尺性収縮筋肉の端と端が固定された状態、すなわち筋肉の長さが変わらない中での筋収縮です。握力計などでは、持ち手のグリップの位置はほとんど変わらない中で、筋力...

≫続きを読む

エキセントリックとコンセントリック??

☆短縮性収縮と伸張性収縮筋収縮には、筋肉が縮みながら力を発揮する様態と、筋肉が伸びながらも力を発揮する様態があります。ジャンプをする時、膝を伸ばす大腿四頭筋は短縮をしています。この時、大腿四頭筋は力を発揮しながら、短縮しているので、短縮性収縮を起こしていると言えます。逆に、着地をする時は膝は曲がりな...

≫続きを読む

同負荷では、短縮性と伸張性で使われる筋線維数が違う

図のように、同じ重さのダンベルを持ち上げたり、下ろしたりする時、上腕二頭筋にとって前者は短縮性収縮、後者は伸張性収縮と判断することができます。そして、この持ち上げる時に使われている上腕二頭筋の筋線維の数が80%くらいだとすると、下ろしている時に使われている筋線維の数は40%ほどになるのです。下ろして...

≫続きを読む

姿勢で発揮できる力が変わる?

☆姿勢によって筋力の測定値が変わる図は、膝関節の角度を変化させた時の等尺性の筋力の変化です。このように、一概に筋力を測定しようという場合でも、姿勢(この場合角度)によって測定値は大きく異なってきます。さらに、スクワットをする場合も、関節の角度によって測定値は大きく異なります。クォータースクワットをす...

≫続きを読む