400m走のレースパターン

 

400m走は、スタートからゴールにいたるまで、スピードの維持が非常に困難な競技です。

 

 

 

 

 

 

これは、大きなエネルギーを生み出せるエネルギー供給のしくみに限界があり、世界トップ選手でも43秒以上の高スピードでの運動時間を強いられると疲労してしまうからです。

 

 

 

レース中の速度・ピッチ・ストライドの変化

 

400m走のレース中のピッチ、ストライドの変化の傾向をとらえてみます。

 

 

 

 

50-100mで最大スピード出現

 

・100-200mでストライド維持または増加、ピッチの減少により速度が低下

 

・200-300mでピッチ維持または増加により、速度低下率はやや抑えられる

 

・300-400mでピッチ、ストライドの両方が低下し、スピードが低下

 

特に終盤350m付近ではピッチの大幅な低下による疾走スピードの著しい低下

 

 

 

また、400m走のパフォーマンス別のレース分析では(山元ほか,2014)では、45-49秒台の選手それぞれに前半型、中間型、後半型が混在しており、記録によってレースパターンに相違があるわけではないことを報告しています。

 

 

そして、290-325m区間の速度と記録に最も高い相関関係が認められています。

 

 

しかし、世界レベルの選手では前半200mの平均速度がかなり高く、終盤は45―46秒台と同程度の速度まで低下していることを加味すると、やはり選手の持っている最大スピードの能力の高さは非常に重要な要素であると言えます。

 

 

参考動画(リオデジャネイロオリンピック400m走決勝)

 

 

 

レースパターンについては結局、個人の特性を生かした最適なペース配分というものを探っていかなければなりませんが、ペース配分にこだわり過ぎるあまり、肝心の個人のスピードや持久力の向上が疎かになってしまわないようにすべきでしょう。

 

 

 

 

参考文献

・山元康平. (2017). 陸上競技男子 400m 走におけるレースパターンの特性. 陸上競技研究, 2017(3), 2-12.

 

・山元康平, 宮代賢治, 内藤景, 木越清信, 谷川聡, 大山卞圭悟, ... & 尾縣貢. (2014). 陸上競技男子 400 m 走におけるレースパターンとパフォーマンスとの関係. 体育学研究, 59(1), 159-173.

 

・宮下憲(2012)スプリント&ハードル.陸上競技社,pp.81.

 

 

トップページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから

100m走のレースパターン

短距離走はスタートからずっと一定の速度で走っているわけではありません。静止状態から加速していき、最大スピードに達したのち、速度が徐々に低下してゴールするという特徴があります。中学生でも、トップアスリートでもこれは変わりません。このレース中の速度推移は「レースパターン」と呼ばれており、パフォーマンスを...

≫続きを読む

200m走のレースパターン

200m走に必要な要素200m走も100m走と同様に、最大スピードの高さと記録が深く関係しています(土江ほか,2010)。さらに、疾走距離が長いため、後半の速度低下の小ささも重要です。このように、スピードに加えより持久力が求められる種目だと言えるでしょう。そして100m走などの直線種目と異なり、曲走...

≫続きを読む

400m走のレースパターン

400m走は、スタートからゴールにいたるまで、スピードの維持が非常に困難な競技です。これは、大きなエネルギーを生み出せるエネルギー供給のしくみに限界があり、世界トップ選手でも43秒以上の高スピードでの運動時間を強いられると疲労してしまうからです。レース中の速度・ピッチ・ストライドの変化400m走のレ...

≫続きを読む

400mHのレースパターン

400mハードルは400mに並べられた10台のハードルを越えながら走る種目です。スタートから1台目のハードルまでのアプローチ区間が45m各ハードル間が35m最終の10台目のハードルからゴールまでのランイン区間は40mと、なっています。400mを走りながら35mというインターバルで歩数を合わせる能力や...

≫続きを読む

100mH,110mHのレースパターン

100mHや110mHでは、スタートから1台目までの区間である、アプローチ局面で速度の立ち上がりをみせ、比較的変化の小さい速度変化を最終ハードルを越えるまで続け、最終ハードルからゴールまでのランイン区間で速度の上昇がみられます。男女でレースパターンは非常に似ていますが、記録レベル別に最高速度が出現す...

≫続きを読む