400mHのレースパタ−ン

 

400mハードルは400mに並べられた10台のハードルを越えながら走る種目です。

 

 

 

 

スタートから1台目のハードルまでのアプローチ区間が45m
各ハードル間が35m
最終の10台目のハードルからゴールまでのランイン区間は40m

 

と、なっています。

 

 

400mを走りながら35mというインターバルで歩数を合わせる能力コーナーでのハードリング、レース後半にかけて、疲労によってストライドが減少するために起きる歩数の切り替え等、他のスプリント種目と比較して技術要素が高めな種目です。

 

 

この400mハードルでのレースパターンは、記録レベルごとに違った傾向があります。

 

 

 

・ハードル初心者や記録レベルの低い選手では、8台目からゴールへかけて、著しく速度が低下する傾向があります。スムーズな歩数の切り替えや後半の歩数の安定化によって、レース終盤にかけての速度低下を抑えることが目標になる選手が、このレベルで多いです。

 

・中級者、インターハイ出場-入賞レベルになると、低レベル群と比較して、5台目から8台目の中盤、8台目-10台目の後半付近での速度が高くなります。このレベルではギリギリハードル間を全て15歩で走ることができるレベルと呼ばれており、記録の良い選手ほど、中盤から後半の速度が高い傾向があります。

 

・上級者、日本トップレベルの選手では、前半の速度が下位レベル群と比較して高く、終盤速度は同程度、もしくは低い選手も多いが、全体の記録はハイレベルだという傾向があります。安定して後半を15歩で走れるようになった選手が前半の歩数を減らす、ピッチを上げるなどして、前半の速度を向上させていくとこのようなレース展開となります。

 

・そして世界トップレベルの選手では、前半のハイスピードと、5-8台目の中盤付近のスピード維持能力が目立ちます。

 

 

このように、発達段階や記録レベルによってレースパターンに違いがみられるのが400mHです。

 

結局は個人の記録レベルと特徴を加味して、目標とするモデルレースパターンを作っていく必要がありますが、これらの傾向から自身が目指すべき次のステップなども見えてくる思います。

 

 

トップページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから

100m走のレースパターン

短距離走はスタートからずっと一定の速度で走っているわけではありません。静止状態から加速していき、最大スピードに達したのち、速度が徐々に低下してゴールするというレース構造になります。中学生でもトップアスリートでもこれは変わりません。その速度推移の仕方というものが、それぞれの競技者のレースパターンです。...

≫続きを読む

200m走のレースパターン

☆200m走に必要な要素200m走も100m走と同様に、最大スピードと記録が深く関係しています。さらに、ストライドの大きさ、並びに速度低下率が重要であり、スピードに加えより持久力が求められる種目だと言えるでしょう。そして100m走などの直線種目と異なり、曲走路でのスプリントを含むため、より効率的なコ...

≫続きを読む

400m走のレースパターン

400m走は、スタートからゴールにいたるまで、スピードの維持が非常に困難な競技です。これは、大きなエネルギーを生み出せるエネルギー供給のしくみに限界があり、世界トップ選手でも43秒以上の高スピードでの運動時間を強いられると疲労してしまうからです。☆レース中の速度・ピッチ・ストライドの変化400m走の...

≫続きを読む

400mHのレースパターン

400mハードルは400mに並べられた10台のハードルを越えながら走る種目です。スタートから1台目のハードルまでのアプローチ区間が45m各ハードル間が35m最終の10台目のハードルからゴールまでのランイン区間は40mと、なっています。400mを走りながら35mというインターバルで歩数を合わせる能力や...

≫続きを読む

100mH,110mHのレースパターン

100mHや110mHでは、スタートから1台目までの区間である、アプローチ局面で速度の立ち上がりをみせ、比較的変化の小さい速度変化を最終ハードルを越えるまで続け、最終ハードルからゴールまでのランイン区間で速度の上昇がみられます。男女でレースパターンは非常に似ていますが、記録レベル別に最高速度が出現す...

≫続きを読む