干渉作用の原因―筋力向上させつつ持久力を高められない理由―

「干渉作用−持久トレーニングは筋トレ効果を阻害する−」で、持久トレーニングが筋肥大、筋力、パワー向上に与える負の影響について紹介しました。

 

 

ここではその干渉作用がなぜ起きるのか、そのメカニズムについて探っていきます。

 

 

 

干渉作用はなぜ起きる?

エネルギー収支がマイナスになりやすい

 

特に高負荷の持久トレーニングはより多くのエネルギーを消費します。

 

 

より多くのエネルギーを消費するということは、体重が減りやすい状態、すなわち筋肉が減りやすい状態になることを意味します。

 

 

また、より多くのトレーニングを行った後は食欲がなくなったりする場合もあり得ます。

 

 

このため、さらに体重が減りやすい状態に陥りやすくなるとも言えるでしょう。

 

 

このことが、持久トレーニングの量が増えるほど、筋量増加に悪影響が出やすい一つの理由と考えられています。

 

 

 

オーバートレーニング

 

筋力トレーニングと持久トレーニングを両方行えば、当然全体のトレーニング量は多くなります。

 

その結果、身体の回復が追いつかなかったり、オーバートレーニングの状態になったりすることで、トレーニング効果を損なってしまいやすくなります。

 

 

 酵素活性

 

持久力を高めるために重要な酵素にAMPK(アデノシン1リン酸活性化タンパク質キナーゼ)と呼ばれるものがあります。

 

持久トレーニングを行うと、このAMPKが活性化し、脂肪や糖の利用を促すことで持久能力が改善されることが知られています(Terada et al., 2005)。

 

 

一方、mTORC1(エムトール1複合体)は筋力トレーニング後に活性化し、筋肥大に重要な役割を果たします(Terzis et al., 2008)。

 

 

しかし、持久トレーニングと筋力トレーニングを同時に行うことで、AMPKの活性がmTORC1の活性を抑制してしまうことが明らかになっています(Baar K., 2014)。

 

 

その結果、持久トレーニングが筋力トレーニングの効果を阻害してしまいます。

 

 

 

 

急性・局所的な疲労

 

ランニングなどの運動は、一歩一歩の衝撃が大きいため、下肢へのダメージが大きくなります。

 

 

特に、球技などにみられる急な方向転換やハイスピードでのスプリントでは、動作にブレーキをかける強い負荷がかかります。

 

 

このブレーキをかけるような筋肉の収縮をエキセントリックな筋収縮と言いますが、その収縮速度が高いほど筋肉を分解するタンパク質が多く発生することが知られています(Ochi E et al., 2010)。

 

 

 

これが影響し、局所的な疲労が蓄積しやすくなり、その部位の筋力向上に悪影響が出てしまうと考えられます。

 

 

トレーニングによる走行距離が非常に多いと考えられるマラソン選手、スプリンター、サッカー選手などの下半身が永久的にムキムキになっていかない理由はここにあると考えられます。

 

 

また、下肢にダメージを与える持久トレーニングは、上半身の筋力向上には影響を及ぼさなかったと言う報告もあり、部位を分かれていれば、干渉作用は小さくなることが考えられます。

 

 

 

 

 

 

このように、干渉作用の原因として考えられることは様々です。

 

と同時に、この干渉作用を最小化する戦略も多く考えられることでしょう。

 

次は、「干渉作用を最小化する戦略―筋力を高めつつ持久力を高める方法―」について紹介していきます。

 

 

 

 

参考文献(リンク先参照)

・Terada, S., Kawanaka, K., Goto, M., Shimokawa, T., & Tabata, I. (2005). Effects of high‐intensity intermittent swimming on PGC‐1α protein expression in rat skeletal muscle. Acta Physiologica, 184(1), 59-65.

 

・Terzis, G., Georgiadis, G., Stratakos, G., Vogiatzis, I., Kavouras, S., Manta, P., ... & Blomstrand, E. (2008). Resistance exercise-induced increase in muscle mass correlates with p70S6 kinase phosphorylation in human subjects. European journal of applied physiology, 102(2), 145-152.

 

・Baar, K. (2014). Using molecular biology to maximize concurrent training. Sports Medicine, 44(2), 117-125.

 

・Ochi E et al.,(2010)Elevation of myostatin and FOXOs in prolonged muscular impairment induced by eccentric contractions in rat medial gastrocnemius muscle.J Appl Physiol 108:306?313.

 

 

 

トップページへ

 

Power Point資料ページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから(メールでのやり取りのみ無料)

体力トレーニングの概念

「体力」という言葉は、スポーツや体育の現場でよく使われるものですが、具体的に説明できる人は実はあまりいません。マラソン大会で一番になる人、仕事を休まずにバリバリこなせる人を「体力があるね!」と表現したりすると思います。決して間違ってはいないのですが、多くの場合は「元気で活力があり、病気になりにくく持...

≫続きを読む

トレーニングの原理@(過負荷の原理)

トレーニングは簡単に言ってしまえば、身体が受ける負荷に対して適応することです。環境が変化すると、身体器官は新たな状況により対応していきながら生物は生命を保とうとします。生物学的に見るとこれは人類が生き延びていくための能力の一つであるといえますね。ここからは、適応を促すために必要な要素、知っておくべき...

≫続きを読む

トレーニングの原理A(特異性の原理)

☆特異性の原理とはトレーニングの適応の内容は行ったトレーニング内容で決まります。普通の筋トレをしたら筋力アップが望めますし、持久走をしたら有酸素能力等が高まります。ですが、普通の筋トレやっても有酸素能力は改善されません。このように、トレーニングの適応は特異的なので、目指すスポーツに必要な体力要素を見...

≫続きを読む

トレーニングの原理B(可逆性の原理と体力向上の2つの理論)

☆可逆性の原理とは可逆性の原理とは、トレーニングによってある体力要素が向上しても、トレーニングを中止してしまうと向上した体力は元に戻ってしまうということです。体力要素によって異なりますが、一回のトレーニングによって大幅に体力を向上させることはできないので、身体への適応を促し続けるべく、繰り返しトレー...

≫続きを読む

筋収縮の様式

人が運動をしようとするとき、その運動様式によって筋力の発揮様式が異なってくる場合があります。ここではその、筋肉の活動様式についてみていきます。☆アイソメトリック(等尺性筋収縮)isometric・・・iso は「同じ」metricは「長さ」を表します。この名の通り、筋肉は縮もうととしているが、筋肉の...

≫続きを読む

筋力に関する知識

一概に筋力といっても、様々な要因が絡んできます。ここでは様々な運動時の「力発揮」にかかわる要素を、筋力の面から大まかに分類して紹介していきます。☆最大筋力その名の通り、筋肉が出し得る最大の力です。これは筋の断面積、神経系の効率、速筋線維の割合で決まってきます。初心者がトレーニングしたり、高重量でトレ...

≫続きを読む

筋力と収縮スピードの関係

「筋力に関する基礎知識」でスピード筋力について少し触れましたが、ここではもう少し深く解説していきます。☆筋肉の力・速度関係筋の収縮様式であるコンセントリック(短縮性)、アイソメトリック(等尺性)、エキセントリック(伸張性)これらと収縮速度との関係はスプリントを語る上で非常に重要な要素となります。まず...

≫続きを読む

切り返し運動(SSC運動)@

☆SSC運動とは?スプリント中の運動は、コンセントリック収縮とエキセントリック収縮の繰り返しから成り立っています。その中でも、硬めた筋腱を急激に引き伸ばして、一気に強い力で縮ませる「エキセントリック収縮ーコンセントリック収縮のサイクル」は、伸張-短縮サイクル運動(SSC運動)とよばれています。(SS...

≫続きを読む

切り返し運動(SSC運動)A

前ページに続き、切り返し運動の力発揮に関係する要因、いわゆる「バネ」の力に関わる要素について解説します。→【切り返し運動(SSC運動)@】@運動中アイソメトリック局面が加わるA力を発揮させる時間が長くとれるB筋と腱の弾性C神経系のメカニズム残りのBとCについて詳しく見ていきましょう。☆SSC運動のメ...

≫続きを読む

力の立ち上がり率

☆デコピンがなぜ痛いか?デコピンがなぜ痛いのか考えたことがあるでしょうか?デコピンは親指を使って、人さし指をおさえて、グッと力を溜めてから親指のおさえを外して一気に力を解放させます。痛いですね。では、親指のおさえを使わずに、人さし指をただ思いっきり伸ばすだけではどうでしょう?あんまり痛くないですね。...

≫続きを読む

スプリント力とジャンプ力の関係@

スプリント中の地面への力発揮は「弾性筋力」という筋力が大きく関わることを「切り返し運動@」「切り返し運動A」で説明しました。切り返し運動の能力、またはジャンプ能力に優れた選手は「バネがある」とよく表現されていることでしょう。では、実際にこのジャンプ力とスプリント力にはどのような関係があるのでしょうか...

≫続きを読む

持久系アスリートの筋力トレーニング

「持久系アスリートは筋持久力が大事だから、低負荷で高回数やるのが良い!」と、考えられていましたが、近年では高負荷でのトレーニングや、爆発的なパワートレーニングの方が良いパフォーマンスにつながっているようです。それらの知見を簡単に以下にまとめます。☆持久系アスリートに対する筋力トレーニングの効果・運動...

≫続きを読む

トレーニング効果の転移

☆トレーニング効果の転移とは?スプリント能力を向上させるための手段として、様々な体力トレーニングが取り入れられています。その概念や、力発揮の様式に着目することの重要性についてはこれまで述べてきた通りです。体力トレーニングの概念トレーニングの原理A(特異性の原理)筋力に関する知識筋力と収縮スピードの関...

≫続きを読む

スプリント力と筋力、筋肉量の関係@(股関節の筋肉)

スプリント中に脚を非常に速いスピードで動かす必要があることは言うまでもないでしょう。股関節が力、速度を生み出し、膝関節や足関節はその生み出される力、速度を上手く地面に伝えていく役割があります。「物体に速度を与える」「動いている物体を素早く反対方向に切り返させる」これには「大きな力」が必要です。「大き...

≫続きを読む

スプリント力と筋力、筋肉量の関係A(膝関節)

スプリント力と筋力、筋肉量の関係@(股関節)では、股関節の伸展、および屈曲に関連する筋肉量、筋力と疾走速度の関係について紹介しました。今回は膝関節について見ていきます。☆膝関節屈曲に関わる筋群・五輪出場スプリンターとジュニアトップ選手を比較すると、五輪出場選手の方が膝関節の伸展筋力に対して、相対的に...

≫続きを読む

スプリント力と筋力、筋肉量の関係B(足関節)

ここでは足関節底屈(つま先を下げる)、背屈(つま先を上げる)に関わる筋群の大きさや筋力と、スプリント力との関係についてみていきます。☆足関節の底屈・背屈に関わる筋力とパフォーマンスの関係・足関節背屈(つま先を上げる)筋力とスプリントタイムに有意な負の相関関係があるとした研究や、有意な相関関係は認めら...

≫続きを読む

最大スピードを高めるトレーニング

短距離走において、最大スピードの高さは最も重要な能力であり、この差が勝敗を決めると言っても過言ではないほどです。→「100m走のレースパターン」「 200m走のレースパターン」サッカーやバスケットボールなどでは、最大スピードよりも、ボールを瞬時に奪ったり、素早い攻撃をするための爆発的な加速力の方が重...

≫続きを読む

短距離走のパフォーマンスと内転筋群の関係

脚が速い人ほど内転筋が発達している短距離走のパフォーマンスを高める上で、内転筋群の働きを見逃すことはできません。この内転筋の横断面積とスプリントパフォーマンスを調べた研究がいくつかあります。狩野ほか(1997)は男子スプリンターにおける100m走のタイムと内転筋群の横断面積は有意な負の相関関係がある...

≫続きを読む

干渉作用−持久トレーニングは筋トレ効果を阻害する−

干渉作用とは球技系のチームスポーツでは、選手は試合中に10km近く走り、その間には激しいタックルやジャンプ、ダッシュなどの運動を数多く行います。そのため、このようなスポーツ選手には長時間運動を続けられる持久力のみならず、爆発的な筋力発揮やスピードを高めるトレーニングが必要です。また、陸上競技の中距離...

≫続きを読む

干渉作用の原因―筋力向上させつつ持久力を高められない理由―

「干渉作用−持久トレーニングは筋トレ効果を阻害する−」で、持久トレーニングが筋肥大、筋力、パワー向上に与える負の影響について紹介しました。ここではその干渉作用がなぜ起きるのか、そのメカニズムについて探っていきます。干渉作用はなぜ起きる?エネルギー収支がマイナスになりやすい特に高負荷の持久トレーニング...

≫続きを読む

干渉作用を最小化する戦略―筋力を高めつつ持久力を高める方法―

「干渉作用−持久トレーニングは筋トレ効果を阻害する−」「干渉作用の原因―筋力向上させつつ持久力を高められない理由―」では、スポーツトレーニングにおける干渉作用とは何なのか?そしてその干渉作用の原因は何なのかについて紹介してきました。ここでは、スポーツトレーニングの現場において、この干渉作用をどうやっ...

≫続きを読む