コ-チング力を高めるには?




コ-チング力を高めるには?

コーチが学ぶ場面

 

社会の発展に伴って、コーチに求められる資質能力は、より多様化してきています。したがって、「コーチが学ぶこと」について考えることは重要なことだと言えます。

 

コーチが学習を行う場面には大きく3つの場面があります。

 

 

①フォーマル学習
コーチ資格取得プログラムや大学での公的な教育プログラムなどで学ぶこと。

 

②ノンフォーマル学習
クリニック、セミナーなどへ参加して、学ぶこと。

 

③インフォーマル学習
コーチングの現場での経験を基に、自身の思考から学ぶこと。

 

 

公的な資格プログラムや大学の講義での学びはほとんど意味がないと考えているコーチは少なくないようです。
 
 
その理由は、内容が抽象的で、既存の学問分野の基礎知識ばかりを学ばされても、それを活用することが困難である…と感じるコーチが多いからです。

 

これらの理由から、コーチのフォーマル学習への意欲は比較的低くなりがちです。

 

しかし、フォーマル学習で、その基礎的な情報を学んだ瞬間は、そこまで「学びの実感」がなくとも、それらがその後のコーチ人生において活用されていくことは明白です。

 

 

 

 

 

また現場では、コーチ同士の関係性を通した学びというものもあります。

 

尊敬するコーチや先生から学んだり、他者のコーチングや競技会での選手の振る舞いから自己の学びを深めている場合もあるでしょう。

 

 

さらに、コーチとしての学びは、コーチとなる以前から始まっているとも考えられます。

 

 

選手として競技に打ち込んでいるときに得た価値観や、コーチに対する認識などは、自分がコーチになってからの振る舞いに大きな影響を与えることでしょう。

 

また、コーチとしての学びは、そのコーチが「自分はコーチとしてどのような役割を担っているのか」という認識によっても異なります。

 

 

チームや団体がある試合での勝利を強く望み、その要求に応えるべく活動する役割があるコーチと、個人でスポーツを行う理由が異なり、各々の自己実現を達成するために活動する役割があるコーチとでは、学習しようとする内容や、その捉え方、反省の仕方に違いが出てくると言えます。

 

 

コーチの育成

 

これらのことから分かるように、コーチが学習する方法というのは様々であり、そのコーチに適した学び方を選んでいく必要があると言えます。

 

したがって、コーチを育成していくためにはこれまで紹介してきた3つの学びの場のメリットを活かしていかなければなりません。

 

 

現在、世界各地でコーチを育成することを目的とした人材やシステムが次々と生まれています。カナダやイギリスの各種競技団体では、コーチ育成を専門とする「コーチデベロッパー」「コーチエデュケーター」という人材を育成し、コーチの学びの支援を進めています。

 

 

日本においても、この「コーチデベロッパー」のような人材育成の必要性が指摘されており、スポーツ指導者資格の制度も今後大きく変化していくと考えられます。

 

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





スポーツの歴史(スポーツのはじまり)

スポーツにおける「コーチング」とは何なのかを理解するためには、まずスポーツがそもそもどのようにして生まれたものなのか、この歴史を知ることが重要です。ここではその「スポーツのはじまり」について学んでいきます。スポーツのはじまりは「遊びに似たコミュニケーション」であると言われています。「命の奪い合いはし...

≫続きを読む

オリンピックの始まり(オリンピックの歴史)

オリンピックの創始者・・・それがクーベルタンという人です。クーベルタンはパブリックスクールの教育において、スポーツが社会性や身体、知性、精神のバランスのとれた発達に重要な役割を果たしていることに感銘を受け、スポーツは青少年への教育に効果的な活動であるという確信をに至ります。やがてクーベルタンは、18...

≫続きを読む

勝利の追求ととスポーツマンシップは両立可能?

教育的な意義・価値を基に発展してきた「スポーツ」は、20世紀の様々な出来事によって、その「あるべき姿」が問い直されていきます。その出来事というのが、2つの世界大戦によってオリンピックが中止されたこと、東西の冷戦によるボイコット、国家ぐるみのドーピングなどです。このように、スポーツを利用して、「国際政...

≫続きを読む

スポーツコーチングとは?(よいコーチとはどんなコーチ?)

コーチングの定義って?一般的にはスポーツを指導している人のことをコーチと呼んでいると思います。そして、その指導のことをコーチングという風に捉えていることでしょう。もともと、「コーチ」とは「馬車」を意味する単語でした。それが時を経て、家庭教師を意味するようになったり、スポーツの指導という意味合いで用い...

≫続きを読む

「宣言的知識」と「手続き的知識」の違い

スポーツ選手のコーチングを行う指導者や体育教師として知っておくべき知識に、「宣言的知識」と「手続き的知識」というものがあります。これは特に、スポーツを教える者として、違いをしっかりと抑えておくべき内容です。「宣言的知識」宣言的知識は、簡単に言うと言葉できちんと表せるような知識の事です。例えば「けん玉...

≫続きを読む

スポーツコーチングにおける、内発的動機付けと外発的動機付け

スポーツをしている選手の成長を支援するのがコーチの使命です。「コーチングができた」という言葉の本質は、「コーチが選手に知識を教えた=選手が成長する」ではなく、「選手が自ら学んだ=コーチングできた」というところにあるでしょう。また、選手が自ら「〇〇がやりたい!」と思うモチベーションを「内発的動機」とい...

≫続きを読む

スポーツのコーチングと体罰(なぜ、体罰が減らないの?)

スポーツの指導場面において、体罰やハラスメント行為は必要ではありません。しかし、これらに関する不祥事が後を絶えないのは何故なのでしょうか?一般に、体罰経験がある人ほど、体罰を肯定的に捉える傾向があります。自らが体罰や暴力をされた経験から、自分が指導する際にも体罰を行うことが当然であるかのような認識を...

≫続きを読む

コ-チング力を高めるには?

コーチが学ぶ場面社会の発展に伴って、コーチに求められる資質能力は、より多様化してきています。したがって、「コーチが学ぶこと」について考えることは重要なことだと言えます。コーチが学習を行う場面には大きく3つの場面があります。①フォーマル学習コーチ資格取得プログラムや大学での公的な教育プログラムなどで学...

≫続きを読む

日本のコーチ育成の方向性

スポーツ指導の現場において暴力が多く発生しているという事態を受けて、2013年に文部科学省は「スポーツ指導における暴力根絶へ向けて」という声明を出しています。ここでは、「スポーツ指導から暴力を一掃するという基本原則に立ち戻り、スポーツ界を挙げて取り組む必要がある」ということが強く述べられています。そ...

≫続きを読む