陸上競技の理論がなぜ必要か?

 

「もっと速く走りたい」

 

 

これは陸上競技のみならず、他のスポーツを行う者にとっても、日頃持ち続けている思いなのではないかと感じます。

 

素早い加速、高いスピードというのは、あらゆるスポーツで有利に働きます。

 

 

ところで、足の速さとはどのようにして決まるのでしょうか。もともと足が速い人もいれば、少し走るのが苦手な人もいます。その差は一体何なのか、考えたことがあるでしょうか? 先天的な能力の違いによる影響もあってしまうのですが、後天的な行動で改善される要因が、実は非常に多いのです。

 

 

小学生から中学生、高校生にかけては、身体の著しい発達とともに、足はかなり速くなりやすいと言えます。ですので、足を速くするための身体操作の練習や、効率的な体力トレーニングを行わずとも、記録が伸びていきます

 

 

そして、足を速くするのに的を得た努力をしなければ、身体の成長期が終わると同時に記録は伸び悩みます

 

 

 

身体の発達が比較的早かった人はそのタイミングが早く来ることでしょう。活躍を続けるのはほんの一握りで、「中学時、高校時の記録を超えられない」といったことは非常に多くあります。

 

 

 

足を速くする、記録を伸ばすには適切なやり方があります。
 
はっきり言って、学ぼうとしなければほとんど分からない内容が多くを占めます。

 

 

 

そして問題なのは、指導者や選手がその方法、理論を

 

「知らなくても記録が伸びてしまう時期がある」

 

ことです。

 

 

 

この過程で、不適切なやり方を、正しいやり方として勘違いしてしまうことが現場で多くみられます。

 

 

現在日本のスポーツ選手育成の中心は部活動です。

 

 

部活動は顧問制ですが、その現場において、運動指導の専門性を保証するものはどこにもありません。

 

 

最近では、外部コーチを取り入れる学校も増えているといいますが、その専門性を保証できる制度も曖昧なままです。

 

 

陸上競技に全く関わった事のない教員が、指導を受け持つといった状況も多く発生しています。

 

 

また、大学では運動指導の専門家がおらず、自身でその必要性に気づき、勉強して、練習をしなければいけない環境がいくらでもあります。

 

 

 

そのような現状がありながらも、日本は国際的なスポーツの力を伸ばそうとしています。
 
 
海外のスポーツ育成の中心は、専門的な指導者が確保された地域のスポーツクラブです。
 
そこで育ち、かつ身体的に恵まれた選手と勝負をするのは無謀だとも思えます。

 

 

 

このような事実から、陸上競技に携わる指導者のみならず、選手が自ら、スポーツにおける体力や技術を改善、向上させるための本質を理解しておくことは重要であると考えられます。
 

 

 

このサイトは、このサイトの記事全てを理解することで、誰でも陸上競技の「専門家に近づける」内容を目指しています。

 

小学生、中学生、高校生、大学生、社会人の

 

「足が速くなりたい」

 

 

という願いに、少しでも貢献できればと思っています。

 

どうぞ一読下さい。