トレーニング効果の転移

☆トレーニング効果の転移とは?

 

スプリント能力を向上させるための手段として、様々な体力トレーニングが取り入れられています。

 

その概念や、力発揮の様式に着目することの重要性についてはこれまで述べてきた通りです。

 

 

体力トレーニングの概念

 

トレーニングの原理A(特異性の原理)

 

筋力に関する知識

 

筋力と収縮スピードの関係

 

切り返し運動@ 切り返し運動A

 

力の立ち上がり率

 

 

 

しかし、競技力向上のために、体力トレーニングを取り入れて、一般的な体力が上がっても、なかなかパフォーマンス向上に繋がらないことはよくあることではないでしょうか。

 

 

・「スクワットやデッドリフトの記録が向上してもスプリントタイムが短縮しなかった。」

 

・「800mの持久力が向上しても、400mのタイムに結びつかなかった。」

 

(もちろん結び付く可能性は十分あります)

 

 

体力トレーニングによって高めた体力が、別のパフォーマンス向上に結び付くことを「トレーニング効果の転移」と呼びます。

 

体力トレーニングによって、競技力アップを目指すには、この「トレーニング効果の転移」が非常に重要なポイントとなるわけです。

 

 

 

☆トレーニング効果の転移を促すためには?

 

トレーニングの原理A(特異性の原理)

 

でも紹介した通り、トレーニング種目の力発揮様式や形態は、トレーニング効果の転移率に大きく影響します。

 

当然、実際の競技と似た要素が多く、強く関連するトレーニング種目が、良い転移を生むと考えられるでしょう。
(スプリントで考えると、非常に短い時間での力発揮、高い収縮スピードでの力発揮、エキセントリック局面での力発揮など)

 

 

 

こう考えると、

 

「より実際の競技に近いトレーニングをやるべきだ!」

 

という結論に至ってしまいがちですが、これは突き詰めると、「競技そのものの練習」となってしまいます。

 

「競技そのものの練習」のみで、パフォーマンスを向上させ続けることが困難であり、別の手段でパフォーマンス向上の可能性を高める体力トレーニングを行うわけですから、「似た動き、似た力発揮」でなければならない!と安易に考えてしまうのは良くないでしょう。
 
トレーニングで得られる効果にしっかり目を向けて考えていく必要があります。

 

 

しかし、トレーニング適応に関連する専門性は競技レベルが高まるほど、体力レベルが高まるほど増大していきます。

 

 

 

これらのことをまとめて考えると、

 

一般的な体力レベルを高めるトレーニングを続けながらも、その高めた体力をいかにパフォーマンスに繋げられるかが重要だ!

 

 

という視点が生まれ、

 

トレーニング効果の転移をより促す方法はないのか?

 

という疑問も同時に生まれることでしょう。

 

 

 

しかし、残念ながらこのトレーニング効果の転移現象をより促す方法について、その根拠を明確に示したものはほとんどありません。

 

 

ただ一つ言えることは、競技そのものの練習を疎かにしすぎれば、パフォーマンスが上がらない、もしくは低下するのは当たり前だということです。

 

 

☆ボディビルダーの筋肉は使えない?

 

「ウエイトで鍛えた筋肉は使えない」

 

「ボディビルダーの筋肉は見せかけの筋肉」

 

という表現が様々なメディアから発信されている場合があります。

 

筋骨隆々としたボディビルダーに様々なエクササイズを行わせると、それが上手く遂行できないことを根拠に説明していることが多いのですが、全く根拠になっていません。

 

上手くできないのは、そのエクササイズをやったことがないからです。

 

やったことのないエクササイズを上手く遂行できる調整力は、いくら筋肉量が多かろうが関係ありません。

 

筋肉は筋肉であり、競技での特異的な運動ができるかどうかは、筋肉に指令を出す脳の役割です。

 

その運動が上手いかどうかは、その運動を練習しているかどうかに左右されます。

 

ボディビルダーは、他のスポーツでの特異的な運動の練習をしているわけではありません。

 

しかし、特定の筋群に負荷をかける運動、コンテストで自身の身体をよりよく見せるための運動については、エキスパートなのです。

 

 

要は、いくらウエイトで最大筋力を向上させようとも、競技そのものの練習をしなければ、パフォーマンスはなかなか上がらないということです。

 

 

今のところ、トレーニング効果の転移をより促す方法としては「競技そのものの練習」を行いながら、技術の最適化を図っていくことです。

 

 

体力レベルが向上すれば、当然技術構造にも変化を及ぼします。

 

体力レベルの高まりとともにできるようになる技術も増えていくでしょう。

 

これらを踏まえて、競技そのものの行為の能力を高める練習と、それとは別の体力を高めるトレーニングの内容や、比率、量を考えてみて下さい。

 

トップページへ

 

Power Point資料ページへ

 

練習計画立案等、各種ご依頼はこちらから(メールでのやり取りのみ無料)

体力トレーニングの概念

「体力」という言葉は、スポーツや体育の現場でよく使われるものですが、具体的に説明できる人は実はあまりいません。マラソン大会で一番になる人、仕事を休まずにバリバリこなせる人を「体力があるね!」と表現したりすると思います。決して間違ってはいないのですが、多くの場合は「元気で活力があり、病気になりにくく持...

≫続きを読む

トレーニングの原理@(過負荷の原理)

トレーニングは簡単に言ってしまえば、身体が受ける負荷に対して適応することです。環境が変化すると、身体器官は新たな状況により対応していきながら生物は生命を保とうとします。生物学的に見るとこれは人類が生き延びていくための能力の一つであるといえますね。ここからは、適応を促すために必要な要素、知っておくべき...

≫続きを読む

トレーニングの原理A(特異性の原理)

☆特異性の原理とはトレーニングの適応の内容は行ったトレーニング内容で決まります。普通の筋トレをしたら筋力アップが望めますし、持久走をしたら有酸素能力等が高まります。ですが、普通の筋トレやっても有酸素能力は改善されません。このように、トレーニングの適応は特異的なので、目指すスポーツに必要な体力要素を見...

≫続きを読む

トレーニングの原理B(可逆性の原理と体力向上の2つの理論)

☆可逆性の原理とは可逆性の原理とは、トレーニングによってある体力要素が向上しても、トレーニングを中止してしまうと向上した体力は元に戻ってしまうということです。体力要素によって異なりますが、一回のトレーニングによって大幅に体力を向上させることはできないので、身体への適応を促し続けるべく、繰り返しトレー...

≫続きを読む

筋収縮の様式

人が運動をしようとするとき、その運動様式によって筋力の発揮様式が異なってくる場合があります。ここではその、筋肉の活動様式についてみていきます。☆アイソメトリック(等尺性筋収縮)isometric・・・iso は「同じ」metricは「長さ」を表します。この名の通り、筋肉は縮もうととしているが、筋肉の...

≫続きを読む

筋力に関する知識

一概に筋力といっても、様々な要因が絡んできます。ここでは様々な運動時の「力発揮」にかかわる要素を、筋力の面から大まかに分類して紹介していきます。☆最大筋力その名の通り、筋肉が出し得る最大の力です。これは筋の断面積、神経系の効率、速筋線維の割合で決まってきます。初心者がトレーニングしたり、高重量でトレ...

≫続きを読む

筋力と収縮スピードの関係

「筋力に関する基礎知識」でスピード筋力について少し触れましたが、ここではもう少し深く解説していきます。☆筋肉の力・速度関係筋の収縮様式であるコンセントリック(短縮性)、アイソメトリック(等尺性)、エキセントリック(伸張性)これらと収縮速度との関係はスプリントを語る上で非常に重要な要素となります。まず...

≫続きを読む

切り返し運動(SSC運動)@

☆SSC運動とは?スプリント中の運動は、コンセントリック収縮とエキセントリック収縮の繰り返しから成り立っています。その中でも、硬めた筋腱を急激に引き伸ばして、一気に強い力で縮ませる「エキセントリック収縮ーコンセントリック収縮のサイクル」は、伸張-短縮サイクル運動(SSC運動)とよばれています。(SS...

≫続きを読む

切り返し運動(SSC運動)A

前ページに続き、切り返し運動の力発揮に関係する要因、いわゆる「バネ」の力に関わる要素について解説します。→【切り返し運動(SSC運動)@】@運動中アイソメトリック局面が加わるA力を発揮させる時間が長くとれるB筋と腱の弾性C神経系のメカニズム残りのBとCについて詳しく見ていきましょう。☆SSC運動のメ...

≫続きを読む

力の立ち上がり率

☆デコピンがなぜ痛いか?デコピンがなぜ痛いのか考えたことがあるでしょうか?デコピンは親指を使って、人さし指をおさえて、グッと力を溜めてから親指のおさえを外して一気に力を解放させます。痛いですね。では、親指のおさえを使わずに、人さし指をただ思いっきり伸ばすだけではどうでしょう?あんまり痛くないですね。...

≫続きを読む

スプリント力とジャンプ力の関係@

スプリント中の地面への力発揮は「弾性筋力」という筋力が大きく関わることを「切り返し運動@」「切り返し運動A」で説明しました。切り返し運動の能力、またはジャンプ能力に優れた選手は「バネがある」とよく表現されていることでしょう。では、実際にこのジャンプ力とスプリント力にはどのような関係があるのでしょうか...

≫続きを読む

持久系アスリートの筋力トレーニング

「持久系アスリートは筋持久力が大事だから、低負荷で高回数やるのが良い!」と、考えられていましたが、近年では高負荷でのトレーニングや、爆発的なパワートレーニングの方が良いパフォーマンスにつながっているようです。それらの知見を簡単に以下にまとめます。☆持久系アスリートに対する筋力トレーニングの効果・運動...

≫続きを読む

トレーニング効果の転移

☆トレーニング効果の転移とは?スプリント能力を向上させるための手段として、様々な体力トレーニングが取り入れられています。その概念や、力発揮の様式に着目することの重要性についてはこれまで述べてきた通りです。体力トレーニングの概念トレーニングの原理A(特異性の原理)筋力に関する知識筋力と収縮スピードの関...

≫続きを読む

スプリント力と筋力、筋肉量の関係@(股関節の筋肉)

スプリント中に脚を非常に速いスピードで動かす必要があることは言うまでもないでしょう。股関節が力、速度を生み出し、膝関節や足関節はその生み出される力、速度を上手く地面に伝えていく役割があります。「物体に速度を与える」「動いている物体を素早く反対方向に切り返させる」これには「大きな力」が必要です。「大き...

≫続きを読む

スプリント力と筋力、筋肉量の関係A(膝関節)

スプリント力と筋力、筋肉量の関係@(股関節)では、股関節の伸展、および屈曲に関連する筋肉量、筋力と疾走速度の関係について紹介しました。今回は膝関節について見ていきます。☆膝関節屈曲に関わる筋群・五輪出場スプリンターとジュニアトップ選手を比較すると、五輪出場選手の方が膝関節の伸展筋力に対して、相対的に...

≫続きを読む

スプリント力と筋力、筋肉量の関係B(足関節)

ここでは足関節底屈(つま先を下げる)、背屈(つま先を上げる)に関わる筋群の大きさや筋力と、スプリント力との関係についてみていきます。☆足関節の底屈・背屈に関わる筋力とパフォーマンスの関係・足関節背屈(つま先を上げる)筋力とスプリントタイムに有意な負の相関関係があるとした研究や、有意な相関関係は認めら...

≫続きを読む

最大スピードを高めるトレーニング

短距離走において、最大スピードの高さは最も重要な能力であり、この差が勝敗を決めると言っても過言ではないほどです。→「100m走のレースパターン」「 200m走のレースパターン」サッカーやバスケットボールなどでは、最大スピードよりも、ボールを瞬時に奪ったり、素早い攻撃をするための爆発的な加速力の方が重...

≫続きを読む