110m・100mハードル走(110mH・100mH)の練習方法



アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓

アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



110m・100mハードル走(110mH・100mH)の練習方法

110m・100mハードル走(110mH・100mH)の練習方法記事一覧

110mハードル走(110mH)の特徴とトレーニングの視点

110mHとは、直線レーンに置かれた10台のハードルを越えながら、110mを走る競技です。ハードルの高さは一般規格で106.7cm、ハードル間(インターバル)は9.14mです(ジュニア、ユースで異なる)。また、スタートから第1ハードルまで(アプローチ区間)は13.72m、最終ハードルからゴールまで(...

≫続きを読む

100mハードル走(100mH)の特徴とトレーニングの視点

100mHとは、10台のハードルを越えながら、100mを走る、女子のスプリントハードル種目です。ハードルの高さは一般規格で84.00cm、ハードル間(インターバル)は8.50m(ジュニア、ユースで異なる)。また、スタートから第1ハードルまで(アプローチ区間)は13.00m、最終ハードルからゴールまで...

≫続きを読む

110m・100mハードル走(110mH・100mH)の1台目までのトレーニング...

110mHや100mHでは、スタート後第1ハードルまでで一気に加速し、ほとんど最大スピードまで達します。したがって、レースの流れを作るために、ミスなくスムーズに、かつ爆発的にスピードを立ち上げ、第1ハードルをクリアできることはパフォーマンスを高めるために非常に重要だと言えます。第1ハードルまでの歩数...

≫続きを読む

110m・100mハードル走(110mH・100mH)における中間疾走、後半の速...

スプリントハードル種目では、ハードルのないスプリント種目と比較して、早い段階でトップスピードに達します。このトップスピードを向上させることはもちろん重要ですが、パフォーマンスを向上させるためには、中盤から後半でいかに速度を維持できるかも重要な課題です。特に15秒台や16秒台の選手では、レース後半の速...

≫続きを読む






アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓

アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】