100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"

data-ad-client="ca-pub-8606466669502766"

data-ad-slot="7644454799">

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"

data-ad-client="ca-pub-8606466669502766"

data-ad-slot="7644454799">



100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)

 

100m走において、スターティングブロックからの出だしの素早さは、好タイムを狙うための必須条件です。

 

 

ここではスターティングブロックを用いた練習の視点について紹介します。

 

 

参考動画(世界一流選手のスタートダッシュ)

 

 

 

自分に合ったスタートの姿勢を探そう

 

ブロックに足をかけ、用意の姿勢を作るときは、手先や足先だけではなく、股関節や膝など、より大きな力を発揮できる部分に意識を向けましょう。

 

 

この時の用意の姿勢には、大きく分けて3つのやり方があります。自分に合ったタイプを見つけましょう。

 

 

伸び上がりタイプ

 

縮んだバネを一気に伸ばすイメージでスタートの1歩目を踏み出します。前後のブロックの幅をやや広げて、お尻の位置は低い状態で構えましょう。

 

 

 

 

 

主に前足を使ってブロックを力強く押し、伸び上がるようにスタートします。

 

 

低い位置から爆発的にブロックを蹴るためには筋力やパワーが必要です。そのためこの伸び上がりタイプは、股関節や膝を伸ばす筋力、パワーの高い人向けの方法だと言えます。

 

 

 

倒れ込みタイプ

 

お尻を高く保ち、前へ倒れこんで行く力を利用して、素早く足を前に引き出していくスタイルです。ブロックの幅をやや狭くして、前へと少しつんのめるように構えてみましょう。

 

 

 

 

 

高い姿勢からお尻を落としこみ、前へ倒れこむようにして一歩を踏み出すので、あまり筋力がない人向けの方法だと言われています。

 

 

 

中間タイプ

 

伸び上がるタイプと倒れ込みタイプの中間タイプです。

 

 

 

倒れ込みながらも、バネを伸ばす力を利用して前へと踏み出します。

 

 

 

スタートから数歩のイメージは?

 

スタートでは、より無駄なく身体を前方に運ぶことが重要です。そのため、上へピョコピョコと跳ねてしまうようなスタートだと、他に置き去りにされてしまいます。

 

 

そうならないためのコツとして、踏み出す足を後ろに巻き上げないように、直線的に運ぶことが大切だと言われています。

 

 

 

 

 

足が身体の後ろで巻き上がるようになってしまうと、力が上方向へ逃げやすくなってしまいます。

 

また、スタートでは足だけでなく、上半身をダイナミックに使うことも重要です。腕を大きく爆発的に振り、身体を前へ引き出していきましょう。

 

 

参考動画(T・ブロメル選手のスタートダッシュ)

 

 

 

1歩目を接地しに行くイメージで練習を続けると、爆発的な脚や腕の引き出しが身につき、進行方向をより前へ向けることができるでしょう。

 

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





100m走の特徴とトレーニングの視点(100m走の練習方法)

100m走とは陸上競技の花形とも言われる100m走。男子の世界記録は2009年にウサイン・ボルト選手が樹立した9.58、女子は1988年にフローレンス・グリフィス・ジョイナー選手が樹立した10.49です。参考動画(ウサイン・ボルト世界新記録)参考動画(フローレンス・グリフィス・ジョイナー世界新記録)...

≫続きを読む

100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)

100m走において、スターティングブロックからの出だしの素早さは、好タイムを狙うための必須条件です。ここではスターティングブロックを用いた練習の視点について紹介します。参考動画(世界一流選手のスタートダッシュ)自分に合ったスタートの姿勢を探そうブロックに足をかけ、用意の姿勢を作るときは、手先や足先だ...

≫続きを読む

100m走の1次加速を習得する練習方法(スタートダッシュ練習法)

100m走で最も速度の高まり度合が大きい局面が、1次加速です。ここでいかに素早く速度を上げ、他に差をつけることは、100mレースにおいてタイム的に有利になることはもちろんのこと、心理的な余裕にもつながります。加速時の姿勢と力のバランススタートダッシュでは身体が起き上がらないように、低い姿勢で前傾させ...

≫続きを読む

100m走の2次加速を習得する練習方法(スタートダッシュをトップスピードにつなげ...

どんなにスタートで素早く加速できても、トップスピードが遅くては100mで好タイムを出すことはできません。スタートから素早く加速するだけでなく、そのスピードを高いトップスピードへと繋げていく必要があります。スタートの加速(1次加速)をトップスピードへと繋ぐ局面は2次加速と呼ばれ、ここでいかに速度を上げ...

≫続きを読む

100m走におけるトップスピード(最大スピード)向上のための練習方法

100m走で高いパフォーマンスを発揮するためには、トップスピードを高めることが重要です。図のように、いくら後半の速度低下が小さくても、トップスピードに差があると後半もどんどん差がついていくように見えてしまいます。では、100m走でのトップスピードを高めるためには、どのような意識、トレーニングが必要な...

≫続きを読む