走幅跳の踏切のコツと練習方法

走幅跳の踏切のコツと練習方法




走幅跳の踏切のコツと練習方法

 

 

走幅跳の踏切動作の特徴

 

走幅跳の踏切動作は、立ち幅跳びの踏切とは違って、脚の曲げ伸ばしが少ないのが特徴です。

 

 

高い助走スピードで踏切に入るため、脚の曲げ伸ばしが大きくなってしまうと力が吸収されてしまって、スピードを上方向への跳躍力に変換できなくなってしまいます。

 

 

高いスピードで転がってきたボールに、バチっとブレーキがかかって、上に跳んでいくような踏切のイメージを持ちましょう。

 

 

 

 

参考動画(走幅跳一流選手スロー映像)

 

 

タッタターンッ!で踏み切る

 

走幅跳の踏切のコツに、「タッタターンッ!」で踏み切ることが挙げられます。

 

 

踏切2歩前で歩幅を若干大きくし、その後の「1歩前〜踏切」を素早く「タタンッ!」とさばくことで、より高い踏切速度が得られます。この動作をいかに強く、かつ素早く行えるかが良い跳躍のカギです。

 

 

 

 

 

踏切1歩前で少し腰を下げる

 

また、踏切1歩前で少し腰を下げるようにすることで、踏切で上方向の力を生み出すことに繋がります。実際に、世界のトップ選手でも、踏切手前で重心位置が低くなっていることが分かります。

 

 

 

 

踏切手前で身体が浮いてしまわないように、スピードを維持しつつやや低く抑えて、踏切脚を前に出すことがポイントです。

 

 

 

踏切脚はスッと前に出す

 

踏切脚は地面を叩くというよりも、スッと前に差し出して、硬くて反発のあるカーボン製の突っ張り棒みたいに使えることが大切です。

 

 

上から叩きつけずに、踏切板に脚を差し出すようなイメージを持ってみましょう。

 

 

 

遊脚や腕のスイングのタイミングを合わせる

 

踏切とは反対の膝を素早くスイングしたり、腕の振り込みを使うことで、踏切の強さを高めることができます。

 

 

この動作を強調したドリルなどを行いながら、実際の踏切で自然とその動作が出るように動作を染み付けましょう。膝だけではなく腰をグッと前に、上に引き出すようにするのがポイントです。

 

 

 

 

 

 

おすすめドリル

 

参考動画(タターンッ!の意識)

 

 

参考動画(走幅跳の踏み切りドリル)

 

 

参考動画(走幅跳の踏み切りドリル)



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





走幅跳の特徴とトレーニングの視点

走幅跳とは走幅跳とは、その名の通り走ってどこまで遠くに跳べるかを競う種目です。スピードだけでなく、瞬発力や調整能力も必要とされるので、体育の授業や体力テストでも用いられることがあります。この記録の世界記録は1991年にマイク・パウエル選手がマークした8m95cm、女子では1988年にガリナ・チスチャ...

≫続きを読む

走幅跳の助走練習のコツと練習方法

高いスピードを獲得する走幅跳は、走って遠くに跳ぶ種目です。そのため、高いスピードで踏み切ることができた方が、当然有利になります。助走で高いスピードを得るためには、まず自分が発揮し得るそもそものスピードレベルを高めることが必要です。簡単に言えば足を速くすることです。走幅跳の技術練習だけではなく、スプリ...

≫続きを読む

走幅跳の踏切のコツと練習方法

走幅跳の踏切動作の特徴走幅跳の踏切動作は、立ち幅跳びの踏切とは違って、脚の曲げ伸ばしが少ないのが特徴です。高い助走スピードで踏切に入るため、脚の曲げ伸ばしが大きくなってしまうと力が吸収されてしまって、スピードを上方向への跳躍力に変換できなくなってしまいます。高いスピードで転がってきたボールに、バチっ...

≫続きを読む