運動学と運動力学の違い(キネマティクスとキネティクス)



アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓


アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



運動学と運動力学の違い(キネマティクスとキネティクス)

 

 

 

 

スポーツバイオメカニクスの研究アプローチとして、運動学(キネマティクス)運動力学(キネティクス)というものがあります。

 

 

なんだか良く似た名前でややこしいですね。

 

 

ここでは、この運動学と運動力学とは一体何なのか?について紹介します。

 

 

 

運動学(キネマティクス)

運動学とは?

 

運動学(キネマティクス:kinematics)とは、「動作をみる」アプローチです。

 

 

具体的には、ヒトが走っている時の膝の角度がどのように変化するか、その時の走る速度はどれくらいだったのか?簡単にいうと「フォームを解析する」手法です。

 

 

と、このような動作の一つひとつを数値化して評価しようというスポーツバイオメカニクスの研究手法、それが運動学(杵マティクス)です。

 

 

 

 

運動学(キネマティクス)で分かること

 

先述の通り、運動学では、ヒトがある運動をしている時の「動作」をみるものです。

 

 

動作だけをみるので、運動学では働いている「力」については扱いません。

 

 

運動学で見ていくのは

 

 

・変位(どこからどこまで動いたか)
・速度
・加速度(速度の増加率)

 

・角度
・角速度(角度が変化する速度)
・角加速度(角度が変化する加速度)

 

 

など、物体の移動の仕方、回転の仕方です。

 

 

どの部位がどういう角度になっているか、どういう速度で動いているかを確かめるわけです。

 

 

短距離走を例にしてみます。

 

 

短距離走では昔「ももを高く上げるフォーム」が良いフォームだと信じられていました。

 

 

しかし、伊藤ほか(1998)の研究で、実際にももの高さと足の速さの関係を調べてみると、あまり関係がないことが明らかになったのです(小学生など、児童では関係がある:木越ほか,2012)。

 

 

 

このように、今までは当然だった「考え方」が、運動学(キネマティクス)的な研究によって、「客観的には違っていた」ことが分かるわけです。

 

 

 

 

運動学で分からないこと

 

運動学では、運動するヒトの速度や角度が分かっても、ヒトが発揮している力や、ヒトに働いている力が分かりません。

 

 

動作を生み出すのは「力」です。

 

 

なので、ヒトの動作は「結果・現象」であって、それを生み出すための「原因」は何か分からないのです。

 

 

足が速いヒトの動作が分かっても、何が原因でそういう動作になっているのかが分からないと、あんまり役に立ちません。

 

 

したがって、実際のトレーニングに結びつけるための知見を得るためには、次に紹介する「運動力学(キネティクス)」的なアプローチを使って、ヒトに働く「力」を見ていく必要が出てきます。

 

 

 

運動力学(キネティクス)

運動力学とは?

 

運動力学(キネティクス:kinetics)とは、運動学(キネマティクス)と違い、「力」に着目した研究アプローチです。

 

 

ヒトが走っている時、ヒトは筋肉で力を発揮します。また、地面を押せば、地面からの反力が発生して、その力を受けて身体が前に進みます。

 

 

また、走っていれば当然風の影響を受けます。風は空気の流れであり、この空気抵抗も力の一つです。重量もヒトに作用する力をとみなすことができます。

 

 

このようにヒトが運動する時には、ヒトが発揮する力、ヒトに作用する外からの力、というように様々な力が働いているのです。

 

 

この時の力がどのように影響しているかを明らかにする。これが、運動力学(キネティクス)です。

 

 

 

運動力学で分かること

 

運動力学では、力をどのように測定するかが重要になります。

 

 

例えばフォースプレートと呼ばれる機材を使えば、地面に加えられた力、すなわち地面反力を測定することができます。

 

 

また、人の身体を「リンクセグメントモデル」と呼ばれる単純なモデルとみなして、足首や膝などの関節が発揮する力を推定することができます。

 

 

 

 

なぜこのような方法を取るのでしょう?

 

 

それは、実際に筋肉が発揮する力を測定しようとすると、筋肉に直接センサーなどを埋め込んだりしなければならず、手間暇がかかり過ぎるからです。

 

 

また、実際の人間の体は複雑な形をしています。そのため、リンクセグメントモデルのように、各部位を「単純な物体」とみなさないと、かかっている力を推定することが非常に困難になるのです。

 

 

このリンクセグメントモデルを使った研究を一つ見てみましょう。

 

 

※馬場ほか(2000)より、作成

 

 

 

図は、リンクセグメントモデルを使って、疾走中の足首、膝、股関節周りに働いている力(回転力)を推定したものです。

 

 

脚を後ろから前に引き出す局面では、腿を前に引き出す力(股関節屈曲トルク)が働いているのが分かります。

 

 

しかし、膝が身体の真下を通過した後くらいからは、まだ膝が前に動いているのに、腿を後ろに引く力(股関節伸展トルク)が働いています。

 

 

同じように、地面を蹴り出す手前までは、支持脚は股関節を伸ばすような力を発揮していますが、地面から脚が離れる少し前くらいからはすでに、腿を前に引き出す力(股関節屈曲トルク)が発揮されているのです。

 

 

このように、実際に脚が動いている方向と、関節に働く力は必ずしも一致しないということが理解できるかと思います。

 

 

これは、脚が前に振り出る前には、脚を後ろに引き戻すブレーキを発揮しないと、動作を素早く切り返すことができないということです。

 

 

脚が後ろに流れる局面も然りで、地面から足が離れる直前には、腿を前に引き出す力を発揮しないと、素早く腿を引き出すことができなくなるというわけです。

 

 

速く走るために「蹴ったらすぐに腿を前に引き出す」などのアドバイスは、このような知見から使われているのかもしれません。

 

 

運動力学では、運動学(動作のみ)では分からなかった、力発揮を客観的に評価することで、その動作が生まれる原因を探るのに役立っていると言えます。

 

 

 

運動学・運動力学だけでは分からないこと

 

運動学では動作、運動力学では力を測定することができます。

 

 

動作の原因は力です。力発揮の結果、動作が生まれるとも言えます。

 

 

しかし、説明したリンクセグメントモデルでは、関節に働く力を推定しているだけに過ぎず、実際どれくらい筋肉が力を発揮しているかは分かりません。

 

 

また、筋肉を動かしている、指令を出しているのは脳であり、それには運動を行う人の意識も関係しているのは明らかです。

 

 

しかし、ヒトがどういう意識で運動をしているかどうかは、さすがに運動学や運動力学では分かりません。

 

 

このように、運動学や運動力学で分かるのは、客観的な動作や力発揮であって、「感覚・意識」などの主観に言及することは非常に難しいのです。

 

 

有効な運動の意識、イメージ、コツを探るための一助にはなり得ますが、どう意識すれば上手くなるかは話が別。

 

 

運動学や運動力学を解釈する際には、この点に注意をする必要があります。

 

 

 

まとめ

・運動学(キネマティクス)は「動作」を見る研究アプローチ。力発揮は分からない。

 

・運動力学(キネティクス)は「力」を見る研究アプローチ。しかし、主観的な情報までは分からないので、意識や感覚と強引に結びつけてはならない。

 

 

おすすめ書籍

 

    

 

    

 

 

参考文献

・伊藤章, 市川博啓, 斉藤昌久, 佐川和則, 伊藤道郎, & 小林寛道. (1998). 100m 中間疾走局面における疾走動作と速度との関係. 体育学研究, 43(5-6), 260-273.

 

・木越清信, 加藤彰浩, & 筒井清次郎. (2012). 小学生における合理的な疾走動作習得のための補助具の開発. 体育学研究, 57(1), 215-224.

 

・馬場崇豪, 和田幸洋, & 伊藤章. (2000). 短距離走の筋活動様式. 体育学研究, 45(2), 186-200.

 

 


 


トップページへ

 






アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓

アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



スポーツバイオメカニクスとは?

スポーツバイオメカニクスって?バイオメカニクス(biomechanics)とは、バイオ(bio)=生体+メカニクス(machanics)=力学からなる造語で、「生体力学」とも呼ばれる学問分野です(深代,2010)。簡単に説明すると、生き物がどのような力を発揮して、どうのように動いているかを、力学を使...

≫続きを読む

運動学と運動力学の違い(キネマティクスとキネティクス)

スポーツバイオメカニクスの研究アプローチとして、運動学(キネマティクス)と運動力学(キネティクス)というものがあります。なんだか良く似た名前でややこしいですね。ここでは、この運動学と運動力学とは一体何なのか?について紹介します。運動学(キネマティクス)運動学とは?運動学(キネマティクス:kinema...

≫続きを読む

並進運動と回転運動とは?

並進運動並進運動とは、物体がその位置を変える運動です。位置の変化を「変位」といい、単位時間あたりの変位は、よく言われる「速度」になります。さらに、その単位時間あたりの速度の変化度合いを「加速度」と言います。回転運動一方、回転運動とは、その名の通り物体が角度を変える運動です。角度の変化を「角変位」と言...

≫続きを読む

「ニュートンの第1法則」慣性の法則(スポーツバイオメカニクス)

スポーツバイオメカニクスを学ぶために外せない法則があります。それが「ニュートンの法則」です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ...

≫続きを読む

「ニュートンの第2法則」運動方程式

スポーツバイオメカニクスを学ぶために外せない知識、それがニュートンの法則です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速...

≫続きを読む

「ニュートンの第3法則」作用反作用の法則

スポーツバイオメカニクスを学ぶために必須の法則、それがニュートンの法則です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速度...

≫続きを読む

ベクトルとスカラーって何が違うか意味不明な人へ(速さと速度の違い)

バイオメカニクスを学んでいると、様々な「量」が出てきます。例えば「力」「速度」「温度」「時間」「角度」「距離」「変位」などです。このような、バイオメカニクスで扱う様々な「量」のことは「物理量」と呼ばれています。「スラカー量」と「ベクトル量」の違いは?物理量には「スカラー量」と「ベクトル量」と、大きく...

≫続きを読む

力・速度の合成と分解(ベクトル合成と分解)

物理量には、大きさのみを持つ「スカラー量」と大きさと向きが指定される「ベクトル量」があることを以下の記事で紹介しました。関連記事・ベクトルとスカラーって何が違うか意味不明な人へ(速さと速度の違い)大きさのみをもつスカラー、例えば質量や温度、距離、密度、時間、速さ、エネルギーなどは、単純に足し引きをし...

≫続きを読む

「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」の違いが分からない人へ

変位と速度物体が回転せずに移動する「並進運動」で、位置Aから位置Bまで移動したとします。その時のAからBまでの直線距離を、その物体の「変位」と言います。これはいわゆる、位置の変化量のことです。この変位は、位置Aから位置Bへと向きが決まっている「ベクトル量」です(関連記事参照)。そして、その変位にどれ...

≫続きを読む

「速度と加速度の違い」が分からない人へ

速度とは、例えば位置AからBまで変位するのに、どれだけ時間がかかったかを表すものです。直線距離100mを10秒00で走ったとすると、速度は10.0m/sとなります。これは、100m全体での平均速度と呼ばれています。しかし、実際の選手はスタートしてから徐々にスピードを上げていくはずです。関連記事・陸上...

≫続きを読む

角変位、角速度、角加速度とは?

「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」の違いが分からない人へでは、「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」は違うものだということを紹介しました。このことは回転運動にも当てはまります。ここでは、回転運動における「角変位・角速度・角加速度」の正しい解釈について解説していきます。角距離と角変位の違い...

≫続きを読む

ハンマー投げはどこで手を離せばいい?(遠心力、求心力とハンマー投げの科学)

回転するハンマーの運動方向ハンマー投げで手を離すべき瞬間というのは、よく勘違いがされるものです。よくある勘違いが、「ハンマーを回転させると遠心力が働くから、飛ばしたい方向にハンマーが来た時に手を離せばいい!」というものですが、これは間違いです。回転するハンマーが運動しようとしている方向は、常に円の接...

≫続きを読む

角運動の並進速度、接線加速度、求心(向心)加速度の求め方

ハンマー投げはどこで手を離せばいい?(遠心力、求心力とハンマー投げの科学)では、角運動する物体は接線方向に並進運動をしようとしているけど、中心に向かって引っ張ることで、円運動を続けていることを紹介しました。一流選手ではハンマーの速度が30.0m/sにもなると言われています。ここではその角運動における...

≫続きを読む

「運動量・力積」とその求め方

運動量とは?運動量とは、その物体の「勢い」を表す物理量です。この運動量は運動量(kgm/s)=質量(m)×速度(v)と表されます。その物体の質量と速度で決まるわけです。遅く飛んでくるボールよりも、速いボールの方が「勢い」がありますし、軽いボールよりも重たいボールの方が「勢い」があります。例えば、時速...

≫続きを読む

仕事と仕事量の求め方

バイオメカニクスにおける「仕事」とは?社会における「仕事」と、バイオメカニクス、物理の世界での「仕事」は、意味合いが全然違います。バイオメカニクスでいう「仕事」とは、物体に力を加えて移動させることです。なので、バイオメカニクスの世界では、たくさん仕事をした=「物体を大きな力で、長い距離移動させた」と...

≫続きを読む

力学的エネルギーの保存(位置エネルギーと運動エネルギー)

力学的エネルギーとは?力学的エネルギーとは、「仕事」をするための秘めた能力のことを指します。仕事量は、「物体にどの程度力を加えて、どの程度移動させたか」で決まることを「仕事と仕事量の求め方」で紹介しました。つまり、「力学的エネルギーが大きい」とは「物体に力を与えて移動させるためのエネルギーを多く有し...

≫続きを読む

内力と外力の違い(「系」に働く力の区別)

バイオメカニクスにおける「系」とは何か?バイオメカニクスを考える時に重要なのが、どの部分の運動を1つのかたまりとして見なすかです。ヒトの身体全体を1つのかたまりとして考える場合、そのヒトの身体全体は「系」と見なされます。また、ヒトの身体全体ではなく、太腿と膝下(大腿と下腿)を1つのかたまりとして見な...

≫続きを読む

力とパワーの違い

物理やバイオメカニクスの世界では、「力」と「パワー」は完全に別物です。ここでは、このややこしい力とパワーの違いについて説明していきます。バーベル100kgを担いでいても、パワーはゼロ力とは、物体の状態を変化させる能力の量を表すものです。図のように100kgのバーベルを持っている人にかかる力は、重力や...

≫続きを読む

オイラーの運動方程式(回転運動の物理)

並進のニュートン・回転のオイラー物体が回転せずに移動する「並進運動」では、ニュートンの運動方程式を用いて、力や物体の質量、加速度の関係を表すことができます。関連記事・「ニュートンの第2法則」運動方程式そのニュートンの運動方程式は「F=ma」(力=質量×加速度)で表され、大きな力を与えるほど、物体は加...

≫続きを読む

トルク、関節トルクとモーメントアーム

スポーツバイオメカニクスを学んでいると、「トルク・関節トルク」というワードが非常によく出てきます。それだけ、ヒトの運動を分析するにあたって、よく理解しておかなければならない内容であることが伺えます。ここでは、この「トルク・関節トルク」とは一体何なのか?について説明していきます。トルクとは?物体が回転...

≫続きを読む

慣性モーメントの分かりやすい説明

質量と慣性物体が回転せずに移動する並進運動において、質量とは「物体の動かしにくさ(状態変化させにくさ)」であることを説明しました。一方「慣性」とは、物体がその状態を維持し続けようとする性質のことを意味します。重たいボールと軽いボールでは、重たいボールの方が動かしにくいです。※慣性の法則つまり、質量が...

≫続きを読む

角運動量と角運動量保存の法則

角運動量とは?物体が回転せずに移動する「並進運動」において、その物体の勢いのことを「運動量」と言いました。この運動量は、物体の質量×速度で決まります。つまり、重たいボールが高い速度で移動しているほど、そのボールには勢いがある、運動量が大きいということになります。関連記事・「運動量・力積」とその求め方...

≫続きを読む