「ニュートンの第3法則」作用反作用の法則の分かりやすい解説

「ニュートンの第3法則」作用反作用の法則



アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓


アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



「ニュートンの第3法則」作用反作用の法則

 

スポーツバイオメカニクスを学ぶために必須の法則、それがニュートンの法則です。

 

~ニュートンの法則~                        

 

第1法則(慣性の法則)
どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。                                

 

第2法則(運動方程式)
物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速度は物体の質量に反比例する。                                

 

第3法則(作用反作用の法則)
2つの物体の間に働く力は、大きさが同じになる。また、その力の方向は必ず逆方向になる。

 

 

 

ここでは、ニュートンの第3法則(作用反作用の法則)について、詳しく紹介していきます。

 

 

 

作用反作用の法則とは?

 

作用反作用の法則とは、上に説明している通り「2つの物体間に働く力は大きさが同じで、その向きは必ず真逆になる」ことです。

 

 

壁を手で押している場面を想像してみて下さい。この時、壁には力が伝わっていますが、それとは反対側、つまり手にも同じだけ、逆方向の力が伝わっています。

 

 

また、野球でバット振ってボールに当てると当然ボールは飛んでいきます。

 

 

これはボールに力がそれだけの伝わるからです。そしてその時、バットにも逆方向に同じだけの力が伝わっています。

 

 

 

 

このように、何かに力を作用させると、それと同じだけの力が反対方向に作用する、これが作用反作用の法則です。

 

 

 

ヒトが走れるのは、地面と足の間の作用反作用があるから

 

ヒトは走るときに、足で地面を押します。その時、作用反作用の法則で、押した分と同じだけの、逆向きの力が地面から身体に伝わります。

 

 

この時の反力は「地面反力」と呼ばれています。この地面反力を利用して、ヒトは体を前に進めているわけです。

 

 

しかし、実際ヒトは地面を斜め下に押しています。反作用は、作用した力と真逆に働きます。

 

 

なので、ヒトに働く地面反力も斜め上方向になっています。

 

 

この時の、以下の図のように、ヒトにかかる地面反力を縦方向(鉛直方向)横方向(水平方向)に分けることができます。

 

 

 

ヒトを前に進めるためには、前への力が必要なことは言うまでもありません。

 

ニュートンの第2法則(運動方程式)で紹介したように、大きな力を加えるほど、物体は素早く加速します。

 

 

したがって、ヒトが素早く加速するためには、この水平方向に大きな力を加える能力が大事になるわけです。

 

 

参考動画(水平方向に力を伝え、加速力を高めるトレーニング:スレッド走)

 

 

まとめ

・2つの物体の間に働く力は、大きさが同じになる。また、その力の方向は必ず逆方向になる。これがニュートンの第3法則(作用反作用の法則)
・ヒトは足で押すことによる地面からの反作用を利用して走っている。この時、水平方向に大きな力を伝えられるほど大きく加速できる。

 

 

次に読みたい!

・「ニュートンの第1法則」慣性の法則(スポーツバイオメカニクス)

 

・「ニュートンの第2法則」運動方程式

 

 

おすすめ書籍

 

    

 

    

 



 


トップページへ

 






アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓

アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



スポーツバイオメカニクスとは?

スポーツバイオメカニクスって?バイオメカニクス(biomechanics)とは、バイオ(bio)=生体+メカニクス(machanics)=力学からなる造語で、「生体力学」とも呼ばれる学問分野です(深代,2010)。簡単に説明すると、生き物がどのような力を発揮して、どうのように動いているかを、力学を使...

≫続きを読む

運動学と運動力学の違い(キネマティクスとキネティクス)

スポーツバイオメカニクスの研究アプローチとして、運動学(キネマティクス)と運動力学(キネティクス)というものがあります。なんだか良く似た名前でややこしいですね。ここでは、この運動学と運動力学とは一体何なのか?について紹介します。運動学(キネマティクス)運動学とは?運動学(キネマティクス:kinema...

≫続きを読む

並進運動と回転運動とは?

並進運動並進運動とは、物体がその位置を変える運動です。位置の変化を「変位」といい、単位時間あたりの変位は、よく言われる「速度」になります。さらに、その単位時間あたりの速度の変化度合いを「加速度」と言います。回転運動一方、回転運動とは、その名の通り物体が角度を変える運動です。角度の変化を「角変位」と言...

≫続きを読む

「ニュートンの第1法則」慣性の法則(スポーツバイオメカニクス)

スポーツバイオメカニクスを学ぶために外せない法則があります。それが「ニュートンの法則」です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ...

≫続きを読む

「ニュートンの第2法則」運動方程式

スポーツバイオメカニクスを学ぶために外せない知識、それがニュートンの法則です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速...

≫続きを読む

「ニュートンの第3法則」作用反作用の法則

スポーツバイオメカニクスを学ぶために必須の法則、それがニュートンの法則です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速度...

≫続きを読む

ベクトルとスカラーって何が違うか意味不明な人へ(速さと速度の違い)

バイオメカニクスを学んでいると、様々な「量」が出てきます。例えば「力」「速度」「温度」「時間」「角度」「距離」「変位」などです。このような、バイオメカニクスで扱う様々な「量」のことは「物理量」と呼ばれています。「スラカー量」と「ベクトル量」の違いは?物理量には「スカラー量」と「ベクトル量」と、大きく...

≫続きを読む

力・速度の合成と分解(ベクトル合成と分解)

物理量には、大きさのみを持つ「スカラー量」と大きさと向きが指定される「ベクトル量」があることを以下の記事で紹介しました。関連記事・ベクトルとスカラーって何が違うか意味不明な人へ(速さと速度の違い)大きさのみをもつスカラー、例えば質量や温度、距離、密度、時間、速さ、エネルギーなどは、単純に足し引きをし...

≫続きを読む

「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」の違いが分からない人へ

変位と速度物体が回転せずに移動する「並進運動」で、位置Aから位置Bまで移動したとします。その時のAからBまでの直線距離を、その物体の「変位」と言います。これはいわゆる、位置の変化量のことです。この変位は、位置Aから位置Bへと向きが決まっている「ベクトル量」です(関連記事参照)。そして、その変位にどれ...

≫続きを読む

「速度と加速度の違い」が分からない人へ

速度とは、例えば位置AからBまで変位するのに、どれだけ時間がかかったかを表すものです。直線距離100mを10秒00で走ったとすると、速度は10.0m/sとなります。これは、100m全体での平均速度と呼ばれています。しかし、実際の選手はスタートしてから徐々にスピードを上げていくはずです。関連記事・陸上...

≫続きを読む

角変位、角速度、角加速度とは?

「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」の違いが分からない人へでは、「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」は違うものだということを紹介しました。このことは回転運動にも当てはまります。ここでは、回転運動における「角変位・角速度・角加速度」の正しい解釈について解説していきます。角距離と角変位の違い...

≫続きを読む

ハンマー投げはどこで手を離せばいい?(遠心力、求心力とハンマー投げの科学)

回転するハンマーの運動方向ハンマー投げで手を離すべき瞬間というのは、よく勘違いがされるものです。よくある勘違いが、「ハンマーを回転させると遠心力が働くから、飛ばしたい方向にハンマーが来た時に手を離せばいい!」というものですが、これは間違いです。回転するハンマーが運動しようとしている方向は、常に円の接...

≫続きを読む

角運動の並進速度、接線加速度、求心(向心)加速度の求め方

ハンマー投げはどこで手を離せばいい?(遠心力、求心力とハンマー投げの科学)では、角運動する物体は接線方向に並進運動をしようとしているけど、中心に向かって引っ張ることで、円運動を続けていることを紹介しました。一流選手ではハンマーの速度が30.0m/sにもなると言われています。ここではその角運動における...

≫続きを読む

「運動量・力積」とその求め方

運動量とは?運動量とは、その物体の「勢い」を表す物理量です。この運動量は運動量(kgm/s)=質量(m)×速度(v)と表されます。その物体の質量と速度で決まるわけです。遅く飛んでくるボールよりも、速いボールの方が「勢い」がありますし、軽いボールよりも重たいボールの方が「勢い」があります。例えば、時速...

≫続きを読む

仕事と仕事量の求め方

バイオメカニクスにおける「仕事」とは?社会における「仕事」と、バイオメカニクス、物理の世界での「仕事」は、意味合いが全然違います。バイオメカニクスでいう「仕事」とは、物体に力を加えて移動させることです。なので、バイオメカニクスの世界では、たくさん仕事をした=「物体を大きな力で、長い距離移動させた」と...

≫続きを読む

力学的エネルギーの保存(位置エネルギーと運動エネルギー)

力学的エネルギーとは?力学的エネルギーとは、「仕事」をするための秘めた能力のことを指します。仕事量は、「物体にどの程度力を加えて、どの程度移動させたか」で決まることを「仕事と仕事量の求め方」で紹介しました。つまり、「力学的エネルギーが大きい」とは「物体に力を与えて移動させるためのエネルギーを多く有し...

≫続きを読む

内力と外力の違い(「系」に働く力の区別)

バイオメカニクスにおける「系」とは何か?バイオメカニクスを考える時に重要なのが、どの部分の運動を1つのかたまりとして見なすかです。ヒトの身体全体を1つのかたまりとして考える場合、そのヒトの身体全体は「系」と見なされます。また、ヒトの身体全体ではなく、太腿と膝下(大腿と下腿)を1つのかたまりとして見な...

≫続きを読む

力とパワーの違い

物理やバイオメカニクスの世界では、「力」と「パワー」は完全に別物です。ここでは、このややこしい力とパワーの違いについて説明していきます。バーベル100kgを担いでいても、パワーはゼロ力とは、物体の状態を変化させる能力の量を表すものです。図のように100kgのバーベルを持っている人にかかる力は、重力や...

≫続きを読む

オイラーの運動方程式(回転運動の物理)

並進のニュートン・回転のオイラー物体が回転せずに移動する「並進運動」では、ニュートンの運動方程式を用いて、力や物体の質量、加速度の関係を表すことができます。関連記事・「ニュートンの第2法則」運動方程式そのニュートンの運動方程式は「F=ma」(力=質量×加速度)で表され、大きな力を与えるほど、物体は加...

≫続きを読む

トルク、関節トルクとモーメントアーム

スポーツバイオメカニクスを学んでいると、「トルク・関節トルク」というワードが非常によく出てきます。それだけ、ヒトの運動を分析するにあたって、よく理解しておかなければならない内容であることが伺えます。ここでは、この「トルク・関節トルク」とは一体何なのか?について説明していきます。トルクとは?物体が回転...

≫続きを読む

慣性モーメントの分かりやすい説明

質量と慣性物体が回転せずに移動する並進運動において、質量とは「物体の動かしにくさ(状態変化させにくさ)」であることを説明しました。一方「慣性」とは、物体がその状態を維持し続けようとする性質のことを意味します。重たいボールと軽いボールでは、重たいボールの方が動かしにくいです。※慣性の法則つまり、質量が...

≫続きを読む

角運動量と角運動量保存の法則

角運動量とは?物体が回転せずに移動する「並進運動」において、その物体の勢いのことを「運動量」と言いました。この運動量は、物体の質量×速度で決まります。つまり、重たいボールが高い速度で移動しているほど、そのボールには勢いがある、運動量が大きいということになります。関連記事・「運動量・力積」とその求め方...

≫続きを読む