~サイト内の関連記事を検索~


100mH,110mHのレースパターン

 

 

100mHや110mHでは、スタートから1台目までの区間である、アプローチ局面で急激な速度の立ち上がりをみせ、比較的変化の小さい速度変化を最終ハードルを越えるまで続け、最終ハードルからゴールまでのランイン区間で速度の上昇がみられます。男女でレースパターンは非常に似ていますが、記録レベル別に最高速度が出現する区間が異なる傾向があるようです。

 

 

 

 

100mH/110mHの相対スピード変化

※宮下(2012)より作成

 

 

これもあくまで全体の傾向ではありますが、14-16秒台の選手では1-3台目あたりで最高速度が出現します。そして13秒台の選手になると4-6台目付近で最高速度が出現しやすいのです。

 

 

すなわちハードル無しの100m走のレースパターンに近づくということで、このレベルになると晴れて「スプリントハードル」の仲間入りを果たすと言えます。

 

 

モデルタッチダウンタイム

 

タッチダウンタイムとは、ハードルクリア後の着地瞬間を基に計測されたタイムのことを指します。幅広いパフォーマンスレベルのタッチダウンタイムから求められた、区間タイムの目安についてここで紹介します。

 

 

 

 

目標のタイムで走るためには、おおよそハードル間何秒を切る必要があるのかが見えてきます。

 

これらのようにハードル種目におけるレースパターンの分析は、自身のレースにおけるタッチダウンタイムと、目標とするパフォーマンスのモデルタッチダウンタイムを容易に比較でき、練習の指標を作ることができます

 

試合や練習の動画をストップウォッチ片手に分析してみましょう。

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

参考文献

・宮下憲(2012)スプリント&ハードル.陸上競技社,pp.112-113.
・川上小百合, 宮下憲, & 志賀充. (2004). 女子 100m ハードル走のモデルタッチダウンタイムに関する研究. 陸上競技紀要, 17, 3-11.

 




~サイト内の関連記事を検索~