~サイト内の関連記事を検索~


100m走のレースパターン

 

短距離走はスタートからずっと一定の速度で走っているわけではありません。静止状態から加速していき、最大スピードに達したのち、速度が徐々に低下してゴールするという特徴があります。

 

 

中学生でも、トップアスリートでもこれは変わりません。

 

 

このレース中の速度推移は「レースパターン」と呼ばれており、パフォーマンスを高めるための一つの手掛かりとして用いられています。

 

 

 

100m走の局面分け

 

 

 

 

100m走は大まかに、以下の局面に分けられます。

 

・1次加速局面:スタート後、急激に加速していく局面。

 

 

・2次加速局面:緩やかでやや長い加速。トップスピードにつなげるための局面。

 

 

・トップスピード局面:トップスピードが出る局面。

 

 

・減速局面:疲労により速度が徐々に低下する局面。

 

レースの後半で追い上げてゴールする選手をみて、「後半の加速がすごい!」と言われることがあります。しかし、実際にはどんな選手でも減速しており、表現としては正しくありません。そのような選手は、トップスピードが高い選手、あるいは後半の速度低下の小さな選手だと考えられます。

 

 

 

 

 

100m走の記録を伸ばすために重要なこと

 

100m走において、特に重要な能力が「トップスピード(最大スピード)の高さ」です。このトップスピードの高さは、100mのタイムと深く関係しています(松尾ほか,2008)。

 

 

したがって、100m走ではいかに2次加速を経て、最大スピードを上げることができるかどうかが重要なポイントとなるわけです。

 

 

しかし、ここで注意すべきことが一つあります。それは、100mのタイムが良いほど、最大スピード地点はスタートから遠くになりやすいが、100m走のタイムが良いほど、トップスピードに到達するまでの時間が長くなるわけではないことです。

 

 

 

 

どのレベルであっても、スタート後は約6から7秒程度で最大スピードに達することが多く、加速しきるのに要する時間はどの選手でも一定で限られている可能性が高いのです(宮下,2012)。

 

 

その時間内にどれだけ高いスピードを出せるかどうかが勝負の決め手になりやすく、最高速度到達距離が長くなるのはその結果だと考えられます。

 

 

これらを踏まえると、ペース配分などを考える前に、100mのタイムと関係の強い、最大スピード、「6-7秒間でどれだけ高いスピードを出せるか」に焦点を絞って練習やトレーニングの内容を考えていく必要があります。

 

 

したがって、100m選手の練習として、「200mや300mを遅いペースで繰り返す走り込み」がメインとなってしまうのは大変おかしな事だと考えられます。

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

参考文献

・松尾彰文, 広川龍太郎, & 柳谷登志雄. (2008). 男女 100m レースのスピード変化 (特集 世界陸上アスリートのパフォーマンス--東京大会から 16 年後の大阪大会). バイオメカニクス研究, 12(2), 74-83.
・宮下憲(2012)スプリント&ハードル.陸上競技社,pp.41-46.

 




~サイト内の関連記事を検索~