100m走のレースパターン




100m走のレースパターン

 

 

短距離走はスタートからずっと一定の速度で走っているわけではありません。静止状態から加速していき、最大スピードに達したのち、速度が徐々に低下してゴールするという特徴があります。

 

 

中学生でも、トップアスリートでもこれは変わりません。

 

 

このレース中の速度推移は「レースパターン」と呼ばれており、パフォーマンスを高めるための一つの手掛かりとして用いられています。

 

 

 

100m走の局面分け

 

 

 

 

100m走は大まかに、以下の局面に分けられます。

 

 

・1次加速局面:スタート後、急激に加速していく局面。

 

 

・2次加速局面:緩やかでやや長い加速。トップスピードにつなげるための局面。

 

 

・トップスピード局面:トップスピードが出る局面。

 

 

・減速局面:疲労により速度が徐々に低下する局面。

 

 

 

レースの後半で追い上げてゴールする選手をみて、「後半の加速がすごい!」と言われることがあります。しかし、実際にはどんな選手でも減速しており、表現としては正しくありません。

 

 

そのような選手は、トップスピードが高い選手、あるいは後半の速度低下の小さな選手だと考えられます。

 

 

 

 

 

 

100m走の記録を伸ばすために重要なこと

 

100m走において、特に重要な能力が「トップスピード(最大スピード)の高さ」です。

 

 

このトップスピードの高さは、100mのタイムと深く関係しています(松尾ほか,2008)。

 

 

したがって、100m走ではいかに2次加速を経て、最大スピードを上げることができるかどうかが重要なポイントとなるわけです。

 

 

しかし、ここで注意すべきことが一つあります。それは、100mのタイムが良いほど、最大スピード地点はスタートから遠くになりやすいが、100m走のタイムが良いほど、トップスピードに到達するまでの時間が長くなるわけではないことです。
 

 

 

 

どのレベルであっても、スタート後は約6から7秒程度で最大スピードに達することが多く、加速しきるのに要する時間はどの選手でも一定で限られている可能性が高いです(宮下,2012)。
 
 
その時間内にどれだけ高いスピードを出せるかどうかが勝負の決め手になりやすく、最高速度到達距離が長くなるのはその結果だと考えられます。

 

 

これらを踏まえると、ペース配分などを考える前に、100mのタイムと関係の強い、最大スピード、「6-7秒間でどれだけ高いスピードを出せるか」に焦点を絞って練習やトレーニングの内容を考えていく必要があります。
 

 

したがって、100m選手の練習として、「200mや300mを遅いペースで繰り返す走り込み」がメインとなってしまうのは大変おかしな事だと考えられます。

 

 

関連記事

 

・100m走の特徴とトレーニングの視点(100m走の練習方法)

 

・100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)

 

・100m走の1次加速を習得する練習方法(スタートダッシュ練習法)

 

・100m走の2次加速を習得する練習方法(スタートダッシュをトップスピードにつなげる)

 

・100m走におけるトップスピード(最大スピード)向上のための練習方法

 

・200m走における曲走路(コーナー・カーブ)の走り方の練習方法

 

・200m走の特徴とトレーニングの視点(200m走の練習方法)

 

 

 

参考文献

・松尾彰文, 広川龍太郎, & 柳谷登志雄. (2008). 男女 100m レースのスピード変化 (特集 世界陸上アスリートのパフォーマンス--東京大会から 16 年後の大阪大会). バイオメカニクス研究, 12(2), 74-83.

 

・宮下憲(2012)スプリント&ハードル.陸上競技社,pp.41-46.

 

 

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





100m走のレースパターン

短距離走はスタートからずっと一定の速度で走っているわけではありません。静止状態から加速していき、最大スピードに達したのち、速度が徐々に低下してゴールするという特徴があります。中学生でも、トップアスリートでもこれは変わりません。このレース中の速度推移は「レースパターン」と呼ばれており、パフォーマンスを...

≫続きを読む

200m走のレースパターン

200m走に必要な要素200m走も100m走と同様に、最大スピードの高さと記録が深く関係しています(土江ほか,2010)。さらに、疾走距離が長いため、後半の速度低下の小ささも重要です。このように、スピードに加えより持久力が求められる種目だと言えるでしょう。そして100m走などの直線種目と異なり、曲走...

≫続きを読む

400m走のレースパターン

400m走は、スタートからゴールにいたるまで、スピードの維持が非常に困難な競技です。これは、大きなエネルギーを生み出せるエネルギー供給のしくみに限界があり、世界トップ選手でも43秒以上の高スピードでの運動時間を強いられると疲労してしまうからです。レース中の速度・ピッチ・ストライドの変化400m走のレ...

≫続きを読む

400mHのレースパターン

400mハードルは400mに並べられた10台のハードルを越えながら走る種目です。スタートから1台目のハードルまでのアプローチ区間が45m、各ハードル間が35m、最終の10台目のハードルからゴールまでのランイン区間は40mです。400mを走りながら35mというインターバルで歩数を合わせる能力やコーナー...

≫続きを読む

100mH,110mHのレースパターン

100mHや110mHでは、スタートから1台目までの区間である、アプローチ局面で急激な速度の立ち上がりをみせ、比較的変化の小さい速度変化を最終ハードルを越えるまで続け、最終ハードルからゴールまでのランイン区間で速度の上昇がみられます。男女でレースパターンは非常に似ていますが、記録レベル別に最高速度が...

≫続きを読む