100m選手の体力トレーニング(試合期)

100m選手の体力トレーニング(試合期)




100m選手の体力トレーニング(試合期)

 

100mスプリンターに必要な要素

 

100m走で好記録を出すためには

 

①素早く加速してトップスピードに乗れること
②高いトップスピードを出せること
③トップスピードを維持できること

 

この3点が必要です。したがって、この3点に繋がらないトレーニングは意味がありません。何かしらの形で、この3点を高めることにつながるトレーニングを積んでいくことが重要です。

 

 

上記の3点につながる練習には、大きく分けて2種類があると考えられます。それが「100mのパフォーマンスに直結するタイプの練習」「パフォーマンスには直結しないけど、間接的に貢献しうる土台のトレーニング」です。

 

 

 

 

筋肉量が多くて、最大筋力が高いことは、爆発的な加速力を生み出したり、高いトップスピードを得るために必要な要素です。しかし、ウエイトトレーニングをするなどして筋肉量が増えて、筋力が上がるだけでは、必ずしも100m走のタイムが良くなるとは限りません。なぜなら、100m走中の力の発揮の仕方は、100m走に近い運動をやることでしか刺激されないからです。すなわち、筋肉量を増やすため、筋力を高めるためのウエイトトレーニングなどは、「パフォーマンスに直結はしないけどひつような、土台トレーニング」とみなすことができます。この土台に当たるトレーニングを積んでいくのが「一般的準備期」です。

 

 

一方、100m走に近いような練習、例えばスターティングブロックからの60m走や80m走、100m走のトライアルなどは、パフォーマンスに直結する練習だと言えます。80m走のタイムが短縮されれば、100m走のタイムも縮んでいる可能性は高いです。このように、作り上げた土台を改良していき、パフォーマンスにつなげていくトレーニング期間(専門的準備期)を経て、最大のパフォーマンスが発揮できるように準備をしていきます。

 

 

試合期の目標

 

一般的準備期、専門的準備期を経て、高いパフォーマンスを発揮するための準備をしつつ、重要な試合を含んだシーズンに向けて調整をしていきます。この期間を「試合期」と言います。

 

 

 

この期間では重要な試合がいくつも続くことから

 

・競技力に直結する練習をメインにパフォーマンスを維持向上させる
・休養を積極的に取る
・土台の体力も維持(できれば向上を目指す)

 

これらを意識します。この試合期で土台を根本的に作り直すことはできません。100m走に近いトライアル系の練習を中心にしながら、自身の技術や感覚を研ぎ澄ませていく作業が必要です。

 

 

トレーニング計画の例

 

 

週に2日以上は休養を取りましょう。食事を十分にとって、よく眠ることが大切です。

 

 

レースの前はトレーニングの全体量を減らしながら、スピードレベルだけはキープするように心がけましょう。疲労は抜くようにするけど、動きのキレは落とさないように…というイメージです。

 

 

ただ、レースの前であっても、怪我などで練習があまり詰めていない場合は、トレーニングをある程度こなしたほうが結果が良くなることもあるでしょう。それまでに十分トレーニングが積めていれば、トレーニング量をかなり減らしたとしても、それまでのトレーニング効果がまだまだ残っているはずなので、良い結果が望める可能性が高いです。自身のトレーニング状況を踏まえて考えてみましょう。

 

 

また、試合期であってもウエイトトレーニングを用いて、筋力をキープさせていくことは重要です。一般的、専門的準備期にせっかく継続して向上させてきた筋力を、ここで損なってしまっては非常にもったいないです。年間通して身体を作っていくためにも、試合期でも週に1回以上はウエイトトレーニングを入れることが望ましいと言えます。



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





100m走の特徴とトレーニングの視点(100m走の練習方法)

100m走とは陸上競技の花形とも言われる100m走。男子の世界記録は2009年にウサイン・ボルト選手が樹立した9.58、女子は1988年にフローレンス・グリフィス・ジョイナー選手が樹立した10.49です。参考動画(ウサイン・ボルト世界新記録)参考動画(フローレンス・グリフィス・ジョイナー世界新記録)...

≫続きを読む

100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)

100m走において、スターティングブロックからの出だしの素早さは、好タイムを狙うための必須条件です。ここではスターティングブロックを用いた練習の視点について紹介します。参考動画(世界一流選手のスタートダッシュ)自分に合ったスタートの姿勢を探そうブロックに足をかけ、用意の姿勢を作るときは、手先や足先だ...

≫続きを読む

100m走の1次加速を習得する練習方法(スタートダッシュ練習法)

100m走で最も速度の高まり度合が大きい局面が、1次加速です。ここでいかに素早く速度を上げ、他に差をつけることは、100mレースにおいてタイム的に有利になることはもちろんのこと、心理的な余裕にもつながります。加速時の姿勢と力のバランススタートダッシュでは身体が起き上がらないように、低い姿勢で前傾させ...

≫続きを読む

100m走の2次加速を習得する練習方法(スタートダッシュをトップスピードにつなげ...

どんなにスタートで素早く加速できても、トップスピードが遅くては100mで好タイムを出すことはできません。スタートから素早く加速するだけでなく、そのスピードを高いトップスピードへと繋げていく必要があります。スタートの加速(1次加速)をトップスピードへと繋ぐ局面は2次加速と呼ばれ、ここでいかに速度を上げ...

≫続きを読む

100m走におけるトップスピード(最大スピード)向上のための練習方法

100m走で高いパフォーマンスを発揮するためには、トップスピードを高めることが重要です。図のように、いくら後半の速度低下が小さくても、トップスピードに差があると後半もどんどん差がついていくように見えてしまいます。では、100m走でのトップスピードを高めるためには、どのような意識、トレーニングが必要な...

≫続きを読む

100m走の体力トレーニング

100mスプリンターに必要な能力100m走で良いタイムを出すためには以下の3点の能力が高いことが必須です。①素早くトップスピードに乗れる加速力②高いトップスピード③トップスピードの持久力この3点が他の誰よりも優れていれば、世界記録達成です。そのため、トレーニングを考える時は、上の3点を達成できるよう...

≫続きを読む

100m選手の体力トレーニング(一般的準備期)

100m選手に必要な能力100mスプリンターでは①素早くトップスピードに乗る加速力②高いトップスピード③トップスピードの持久力をいかに高めていくかが重要です。そのために最も長い時間をかけて鍛えて行かなくてはならない能力が、以下の土台の下位部分にあたるものです。筋肉量を増やす筋肉量を増やすことで主に得...

≫続きを読む

100m選手の体力トレーニング(専門的準備期)

100mスプリンターに必要な体力100m走で好記録を達成するためには・素早く加速してトップスピードに乗ること・高いトップスピードを出せること・トップスピードを維持できることこの3点が必要です。したがって、この3点に繋がらない練習は意味を成しません。必ずこの3点につながるような目的意識をもってトレーニ...

≫続きを読む

100m選手の体力トレーニング(試合期)

100mスプリンターに必要な要素100m走で好記録を出すためには①素早く加速してトップスピードに乗れること②高いトップスピードを出せること③トップスピードを維持できることこの3点が必要です。したがって、この3点に繋がらないトレーニングは意味がありません。何かしらの形で、この3点を高めることにつながる...

≫続きを読む