100m選手の体力トレーニング(専門的準備期)

100m選手の体力トレーニング(専門的準備期)




100m選手の体力トレーニング(専門的準備期)

 

100mスプリンターに必要な体力

 

100m走で好記録を達成するためには

 

・素早く加速してトップスピードに乗ること
・高いトップスピードを出せること
・トップスピードを維持できること

 

この3点が必要です。したがって、この3点に繋がらない練習は意味を成しません。必ずこの3点につながるような目的意識をもってトレーニングをする必要があります。

 

 

この3点を達成するためには、身体をパワフルに動かすエンジンである「筋肉」を大きくして、燃料をたくさん積んでおく(グリコーゲンやクレアチンリン酸の貯蔵を増やす)ことが、土台になります。このことは、以下の記事で紹介しています。

 

 

関連記事

・100m走の体力トレーニング

 

・100m選手の体力トレーニング(一般的準備期)

 

 

しかし、いくら土台がしっかりできていても、100m走の中でそれらが生かせなければ、タイムの向上にはつながりません。なので、作り上げた土台を改良して、100m走というハイスピードの世界で、その力を発揮できるようにしていく必要があります。そのためのトレーニング期間は、通常「専門的準備期」と呼ばれています。

 

 

 

専門的準備期で成し遂げたいこと

高いスピード&短時間で発揮できる筋力アップ

 

100m走では、身体を非常に高いスピードで動かすことになります。加えて、地面に足が着いている時間も非常に短くなる(0.1秒くらい)ので、「高いスピードで大きな力を出せる」ことや「短い時間で大きな力が出せる」ことが必要になります。実は、筋肉が大きくなって、最大筋力が上がっても、これらの能力が向上しているとは限らないのです。

 

 

関連記事

・ウエイトで筋肥大させてもパフォーマンスに繋がらないと感じる人が知るべき筋肉の特性

 

 

なので、必ず「高いスピード&短い時間で大きな力を出す練習」を積む必要があります。

 

 

そのために、何をしたらよいのかというと、シンプルに「100m走に近い練習」を多くこなすことです。100m走の部分練習としてスターティングブロックからの60m走や80m走をやったり、100mのレースに出場することも、そのための良いトレーニングになります。

 

 

そのようなトレーニングを多く積むことで、作り上げてきた土台が徐々に改良されて、100m走のタイムが伸びていきます。土台がしっかりとできていることが重要です。土台ができていないと、いくら100m走に近い練習を多くやっても、記録の向上がすぐに頭打ちしてしまいます。

 

 

 

 

土台ができたからと言ってすぐに100m走のタイムが上がるわけではないこと、そして土台をおろそかにしては大きな記録の向上は望めないことを頭に入れて、トレーニングを進めていきましょう。

 

 

 

トレーニング計画の例

 


週に2日以上は休養を入れましょう。高いスピードでのトレーニングは筋腱へのダメージが大きいので、確実に回復をさせる必要があるからです。足は休んでいるときに速くなっているという認識を持ちましょう。

 

 

ウエイトトレーニングは、筋肉量を増加させる目的から、筋力を高めてそれをキープしていくような意図を持ちましょう。3RMとは3回でギリギリ挙げられる重さと言う意味です。高重量を扱うときは一人でやらずに、必ず補助を付けてトレーニングするようにしましょう。

 

 

また、週に1度か、2週間に1度は、高いスピードで追い込むようなトレーニング刺激を与えるようにしておきます。筋肉のエネルギー源を増やしたり、持久力に関わるミトコンドリアを増やしていく刺激を与えるためにも重要です。ただこのようなトレーニングは非常にきつく、疲労も残りやすいため、その前後のトレーニング量を調整する必要も出てきます。自身の体と相談しながら、練習するか、休むかを判断します。



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





100m走の特徴とトレーニングの視点(100m走の練習方法)

100m走とは陸上競技の花形とも言われる100m走。男子の世界記録は2009年にウサイン・ボルト選手が樹立した9.58、女子は1988年にフローレンス・グリフィス・ジョイナー選手が樹立した10.49です。参考動画(ウサイン・ボルト世界新記録)参考動画(フローレンス・グリフィス・ジョイナー世界新記録)...

≫続きを読む

100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)

100m走において、スターティングブロックからの出だしの素早さは、好タイムを狙うための必須条件です。ここではスターティングブロックを用いた練習の視点について紹介します。参考動画(世界一流選手のスタートダッシュ)自分に合ったスタートの姿勢を探そうブロックに足をかけ、用意の姿勢を作るときは、手先や足先だ...

≫続きを読む

100m走の1次加速を習得する練習方法(スタートダッシュ練習法)

100m走で最も速度の高まり度合が大きい局面が、1次加速です。ここでいかに素早く速度を上げ、他に差をつけることは、100mレースにおいてタイム的に有利になることはもちろんのこと、心理的な余裕にもつながります。加速時の姿勢と力のバランススタートダッシュでは身体が起き上がらないように、低い姿勢で前傾させ...

≫続きを読む

100m走の2次加速を習得する練習方法(スタートダッシュをトップスピードにつなげ...

どんなにスタートで素早く加速できても、トップスピードが遅くては100mで好タイムを出すことはできません。スタートから素早く加速するだけでなく、そのスピードを高いトップスピードへと繋げていく必要があります。スタートの加速(1次加速)をトップスピードへと繋ぐ局面は2次加速と呼ばれ、ここでいかに速度を上げ...

≫続きを読む

100m走におけるトップスピード(最大スピード)向上のための練習方法

100m走で高いパフォーマンスを発揮するためには、トップスピードを高めることが重要です。図のように、いくら後半の速度低下が小さくても、トップスピードに差があると後半もどんどん差がついていくように見えてしまいます。では、100m走でのトップスピードを高めるためには、どのような意識、トレーニングが必要な...

≫続きを読む

100m走の体力トレーニング

100mスプリンターに必要な能力100m走で良いタイムを出すためには以下の3点の能力が高いことが必須です。①素早くトップスピードに乗れる加速力②高いトップスピード③トップスピードの持久力この3点が他の誰よりも優れていれば、世界記録達成です。そのため、トレーニングを考える時は、上の3点を達成できるよう...

≫続きを読む

100m選手の体力トレーニング(一般的準備期)

100m選手に必要な能力100mスプリンターでは①素早くトップスピードに乗る加速力②高いトップスピード③トップスピードの持久力をいかに高めていくかが重要です。そのために最も長い時間をかけて鍛えて行かなくてはならない能力が、以下の土台の下位部分にあたるものです。筋肉量を増やす筋肉量を増やすことで主に得...

≫続きを読む

100m選手の体力トレーニング(専門的準備期)

100mスプリンターに必要な体力100m走で好記録を達成するためには・素早く加速してトップスピードに乗ること・高いトップスピードを出せること・トップスピードを維持できることこの3点が必要です。したがって、この3点に繋がらない練習は意味を成しません。必ずこの3点につながるような目的意識をもってトレーニ...

≫続きを読む