力学的エネルギー、位置エネルギー、運動エネルギーの分かりやすい説明

力学的エネルギーの保存(位置エネルギーと運動エネルギー)



アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓


アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



力学的エネルギーの保存(位置エネルギーと運動エネルギー)

 

 

 

 

力学的エネルギーとは?

 

力学的エネルギーとは、「仕事」をするための秘めた能力のことを指します。

 

 

仕事量は、「物体にどの程度力を加えて、どの程度移動させたか」で決まることを「仕事と仕事量の求め方」で紹介しました。

 

 

つまり、「力学的エネルギーが大きい」とは「物体に力を与えて移動させるためのエネルギーを多く有している」ということです。

 

 

このように、力学的エネルギーは仕事をするための潜在的な能力を表すため、使用単位は仕事量と同様に、NmかJ(ジュール)が用いられます。

 

 

位置エネルギーと運動エネルギー

 

力学的エネルギーは、「位置エネルギー」「運動エネルギー」に分けることができます。

 

 

位置エネルギーは、高いところにある物体が持つエネルギーのことです。

 

 

高いところに位置するということは、その後落ちる、転がるなどして他の物体にエネルギーを与え、仕事をする潜在能力を秘めているとも言えるわけです。この秘めたエネルギーを位置エネルギーと言います。

 

 

一方、運動エネルギーとは、その名の通り動いている物体が持つエネルギーのことです。ある速度で運動していれば、ぶつかって他の物体にエネルギーを与えて仕事をする能力を秘めていると言えます。したがって、速度が高いほど大きな運動エネルギーを持っていることになります。

 

 

 

力学的エネルギー保存の法則

 

力学的エネルギーは、位置エネルギーと運動エネルギーに分けられます。なので力学的エネルギーはその物体の位置エネルギーと運動エネルギーを足したものになります。

 

 

そして、ある物体の力学的エネルギーは、外から力が働かない限り、常に一定です。これは、「力学的エネルギー保存の法則」といい、以下の式で表されます。

 

 

~力学的エネルギー保存の法則~
・力学的エネルギー=運動エネルギー+位置エネルギー

 

 

例えば、高い山からボールが転がっていくと、ボールはどんどん加速していって、運動エネルギーが増えていくことになります。しかし、高さは失われていくので位置エネルギーは減っていきます。

 

 

この時、力学的エネルギーの全体量は一定なので、山のどの位置でも、位置エネルギーと運動エネルギーを足した値は変わりません。

 

 

 

 

運動エネルギーと位置エネルギーの求め方

 

運動エネルギーは以下の式で表されます。

 

運動エネルギー=1/2mv2
位置エネルギー=mgh

 

mは質量(kg)
vは速度(m/s)
gは重力加速度(9.8m/s2)
hは高さ(m)

 

 

なぜこの式になるのかは以下のリンクを参照ください。

 

 

関連記事

・運動エネルギーの公式とすぐにわかる求め方、運動エネルギーの変化とは?(受験のミカタ)

 

 

この式を使って、高さ10mの斜面に2kgのボールを置いて転がした時、ふもとでの速度はどれくらいになるかを求めてみます。

 

 

このボールの位置エネルギーは、mgh=2×9.8×10=196Nmです。

 

 

ふもとに来た時、位置エネルギーは全て運動エネルギーに変わってしまうため、ふもとでの運動エネルギー=高さ10mの時の位置エネルギーということになります。

 

 

したがって、

 

 

196=1/2×10×v2
39.2=v2
v=√39.2

 

 

ということになります。

 

 

おすすめ書籍

 

    

 

    

 



 


トップページへ

 






アスリートとしての経験専門知識

今後の人生に生かせないのはもったいない!


スポーツに関わる職に就きたい!


学生プロスポーツ選手・現役アスリートの仕事探しを無料で

サポートします!

 ↓↓↓↓↓↓

アスリート専門の転職エージェント【アスリートプランニング】



スポーツバイオメカニクスとは?

スポーツバイオメカニクスって?バイオメカニクス(biomechanics)とは、バイオ(bio)=生体+メカニクス(machanics)=力学からなる造語で、「生体力学」とも呼ばれる学問分野です(深代,2010)。簡単に説明すると、生き物がどのような力を発揮して、どうのように動いているかを、力学を使...

≫続きを読む

運動学と運動力学の違い(キネマティクスとキネティクス)

スポーツバイオメカニクスの研究アプローチとして、運動学(キネマティクス)と運動力学(キネティクス)というものがあります。なんだか良く似た名前でややこしいですね。ここでは、この運動学と運動力学とは一体何なのか?について紹介します。運動学(キネマティクス)運動学とは?運動学(キネマティクス:kinema...

≫続きを読む

並進運動と回転運動とは?

並進運動並進運動とは、物体がその位置を変える運動です。位置の変化を「変位」といい、単位時間あたりの変位は、よく言われる「速度」になります。さらに、その単位時間あたりの速度の変化度合いを「加速度」と言います。回転運動一方、回転運動とは、その名の通り物体が角度を変える運動です。角度の変化を「角変位」と言...

≫続きを読む

「ニュートンの第1法則」慣性の法則(スポーツバイオメカニクス)

スポーツバイオメカニクスを学ぶために外せない法則があります。それが「ニュートンの法則」です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ...

≫続きを読む

「ニュートンの第2法則」運動方程式

スポーツバイオメカニクスを学ぶために外せない知識、それがニュートンの法則です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速...

≫続きを読む

「ニュートンの第3法則」作用反作用の法則

スポーツバイオメカニクスを学ぶために必須の法則、それがニュートンの法則です。~ニュートンの法則~・第1法則(慣性の法則)どんな物体も、外から力が加わらない限り静止し続ける。もしくは等速直線運動を続ける。・第2法則(運動方程式)物体に力が加わると、物体は加わった力に比例した加速度を持つ。またその加速度...

≫続きを読む

ベクトルとスカラーって何が違うか意味不明な人へ(速さと速度の違い)

バイオメカニクスを学んでいると、様々な「量」が出てきます。例えば「力」「速度」「温度」「時間」「角度」「距離」「変位」などです。このような、バイオメカニクスで扱う様々な「量」のことは「物理量」と呼ばれています。「スラカー量」と「ベクトル量」の違いは?物理量には「スカラー量」と「ベクトル量」と、大きく...

≫続きを読む

力・速度の合成と分解(ベクトル合成と分解)

物理量には、大きさのみを持つ「スカラー量」と大きさと向きが指定される「ベクトル量」があることを以下の記事で紹介しました。関連記事・ベクトルとスカラーって何が違うか意味不明な人へ(速さと速度の違い)大きさのみをもつスカラー、例えば質量や温度、距離、密度、時間、速さ、エネルギーなどは、単純に足し引きをし...

≫続きを読む

「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」の違いが分からない人へ

変位と速度物体が回転せずに移動する「並進運動」で、位置Aから位置Bまで移動したとします。その時のAからBまでの直線距離を、その物体の「変位」と言います。これはいわゆる、位置の変化量のことです。この変位は、位置Aから位置Bへと向きが決まっている「ベクトル量」です(関連記事参照)。そして、その変位にどれ...

≫続きを読む

「速度と加速度の違い」が分からない人へ

速度とは、例えば位置AからBまで変位するのに、どれだけ時間がかかったかを表すものです。直線距離100mを10秒00で走ったとすると、速度は10.0m/sとなります。これは、100m全体での平均速度と呼ばれています。しかし、実際の選手はスタートしてから徐々にスピードを上げていくはずです。関連記事・陸上...

≫続きを読む

角変位、角速度、角加速度とは?

「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」の違いが分からない人へでは、「変位・速度」と「距離・速さ(スピード)」は違うものだということを紹介しました。このことは回転運動にも当てはまります。ここでは、回転運動における「角変位・角速度・角加速度」の正しい解釈について解説していきます。角距離と角変位の違い...

≫続きを読む

ハンマー投げはどこで手を離せばいい?(遠心力、求心力とハンマー投げの科学)

回転するハンマーの運動方向ハンマー投げで手を離すべき瞬間というのは、よく勘違いがされるものです。よくある勘違いが、「ハンマーを回転させると遠心力が働くから、飛ばしたい方向にハンマーが来た時に手を離せばいい!」というものですが、これは間違いです。回転するハンマーが運動しようとしている方向は、常に円の接...

≫続きを読む

角運動の並進速度、接線加速度、求心(向心)加速度の求め方

ハンマー投げはどこで手を離せばいい?(遠心力、求心力とハンマー投げの科学)では、角運動する物体は接線方向に並進運動をしようとしているけど、中心に向かって引っ張ることで、円運動を続けていることを紹介しました。一流選手ではハンマーの速度が30.0m/sにもなると言われています。ここではその角運動における...

≫続きを読む

「運動量・力積」とその求め方

運動量とは?運動量とは、その物体の「勢い」を表す物理量です。この運動量は運動量(kgm/s)=質量(m)×速度(v)と表されます。その物体の質量と速度で決まるわけです。遅く飛んでくるボールよりも、速いボールの方が「勢い」がありますし、軽いボールよりも重たいボールの方が「勢い」があります。例えば、時速...

≫続きを読む

仕事と仕事量の求め方

バイオメカニクスにおける「仕事」とは?社会における「仕事」と、バイオメカニクス、物理の世界での「仕事」は、意味合いが全然違います。バイオメカニクスでいう「仕事」とは、物体に力を加えて移動させることです。なので、バイオメカニクスの世界では、たくさん仕事をした=「物体を大きな力で、長い距離移動させた」と...

≫続きを読む

力学的エネルギーの保存(位置エネルギーと運動エネルギー)

力学的エネルギーとは?力学的エネルギーとは、「仕事」をするための秘めた能力のことを指します。仕事量は、「物体にどの程度力を加えて、どの程度移動させたか」で決まることを「仕事と仕事量の求め方」で紹介しました。つまり、「力学的エネルギーが大きい」とは「物体に力を与えて移動させるためのエネルギーを多く有し...

≫続きを読む

内力と外力の違い(「系」に働く力の区別)

バイオメカニクスにおける「系」とは何か?バイオメカニクスを考える時に重要なのが、どの部分の運動を1つのかたまりとして見なすかです。ヒトの身体全体を1つのかたまりとして考える場合、そのヒトの身体全体は「系」と見なされます。また、ヒトの身体全体ではなく、太腿と膝下(大腿と下腿)を1つのかたまりとして見な...

≫続きを読む

力とパワーの違い

物理やバイオメカニクスの世界では、「力」と「パワー」は完全に別物です。ここでは、このややこしい力とパワーの違いについて説明していきます。バーベル100kgを担いでいても、パワーはゼロ力とは、物体の状態を変化させる能力の量を表すものです。図のように100kgのバーベルを持っている人にかかる力は、重力や...

≫続きを読む

オイラーの運動方程式(回転運動の物理)

並進のニュートン・回転のオイラー物体が回転せずに移動する「並進運動」では、ニュートンの運動方程式を用いて、力や物体の質量、加速度の関係を表すことができます。関連記事・「ニュートンの第2法則」運動方程式そのニュートンの運動方程式は「F=ma」(力=質量×加速度)で表され、大きな力を与えるほど、物体は加...

≫続きを読む

トルク、関節トルクとモーメントアーム

スポーツバイオメカニクスを学んでいると、「トルク・関節トルク」というワードが非常によく出てきます。それだけ、ヒトの運動を分析するにあたって、よく理解しておかなければならない内容であることが伺えます。ここでは、この「トルク・関節トルク」とは一体何なのか?について説明していきます。トルクとは?物体が回転...

≫続きを読む

慣性モーメントの分かりやすい説明

質量と慣性物体が回転せずに移動する並進運動において、質量とは「物体の動かしにくさ(状態変化させにくさ)」であることを説明しました。一方「慣性」とは、物体がその状態を維持し続けようとする性質のことを意味します。重たいボールと軽いボールでは、重たいボールの方が動かしにくいです。※慣性の法則つまり、質量が...

≫続きを読む

角運動量と角運動量保存の法則

角運動量とは?物体が回転せずに移動する「並進運動」において、その物体の勢いのことを「運動量」と言いました。この運動量は、物体の質量×速度で決まります。つまり、重たいボールが高い速度で移動しているほど、そのボールには勢いがある、運動量が大きいということになります。関連記事・「運動量・力積」とその求め方...

≫続きを読む