クレアチンはみんな必ず利用しよう

クレアチンはみんな必ず利用しよう




クレアチンはみんな必ず利用しよう

 

 

クレアチンとは?

 

筋肉に蓄えられているエネルギー源に「クレアチンリン酸」というものがあります。このクレアチンリン酸は、大きなパワーを発揮するのに大切なエネルギー源です。しかし、筋肉の中に少ししか蓄えがないので、そのパワーはあまり長続きさせることができません。

 

 

※ヒトはATPという物質を分解するときに生まれるエネルギーを利用して活動している。ATPがなくなると活動できなくなるので、ATPを作り直す(再合成する)必要が出てくる。素早く再合成をするときに使われるのが「クレアチンリン酸」

 

 

 

「クレアチンサプリメント」を摂ると、体内のクレアチンリン酸の貯蔵を30%くらい増やすことができます。これによって、ハイパワーの発揮やその持続力が必要な選手に様々なメリットがもたらされることが分かっています。

 

 

メリット①「パワー発揮と持続力向上」

150秒以下の激しい運動でのパフォーマンスが高まります(1〜5%くらい)。爆発的なパワー発揮に関わる筋肉内のエネルギー源が増えるので、30秒以下の激しい運動では特に効果が高いです。ウエイトトレーニングも、いつもより重いものが多く挙げられます。

 

 

 

メリット②「トレーニング効果が高まる」

トレーニングを高いパワーで多くやれるので、クレアチンを普段から摂っていれば、筋力やパワーの向上幅が高まることが期待できます。スプリント、ジャンプ、投てき、ウエイトも然りです。また、中長距離の高強度インターバルトレーニングの効果も高まります。

 

 

 

メリット③「精神疲労、集中力低下を防ぐ」

クレアチンリン酸は脳にも5%ほど貯蔵されてます。クレアチンを摂ることで精神疲労や集中力低下、さらには気分の落ち込みを防げます。高齢者の認知能力改善にも効果あり。激しい練習や試合が続く場合はもちろん、精神状態を良好に保つためにも良いです。

 

 

 

メリット④「怪我からの復帰を早める」

怪我期間の筋肉量、筋力維持+リハビリ期間の筋肉量、筋力回復を助けます。メリット③と合わせて、精神と筋肉の状態両面から考えて、怪我人であろうと摂取すべきサプリメントです。

 

 

 

クレアチンに関する心配事

 

クレアチンの摂取に関しては何千もの研究が行われてきて、ほぼ間違いなく効果のあるサプリメントとして知られています。よってサプリメントとしての利用価値は最上級だと言っても過言ではありません。しかし、本当にそうなの?デメリットないの?という声も多いです。

 

 

心配事①体重増えないの?

クレアチンリン酸が筋肉に貯蔵される時、水分も取り込まれるので、体重が1kgくらい増えます。その点、長距離やジャンプ系の選手は不安に思うことが多いです。しかし、クレアチンで体重が増えても大してジャンプ力は落ちませんし、普段のトレーニング効果が高まることによる長期的なメリットの方が遥かに高いと考えられます。

 

 

長距離についてもスピード・ウエイトトレーニングの効率が高まれば、ランニングエコノミー(走りの効率)やスパートのキレ改善が見込め、体重増加分よりも大きなメリットが受けられます。

 

 

「体重が増える=パフォーマンスが下がる」訳ではないことを覚えておきましょう。

 

 

 

心配事②肉離れしないの?

しません。

 

 

 

心配事③お金がない

クレアチンは他のサプリメントと比較しても圧倒的に安い部類です。1kg2000円~3000円とかで1日5gとかしか要らないので、それだけで半年以上保ちます。

 

 

クレアチンモノハイドレート(My protein)

 

 

 

「クレアチンの飲み方」

 

1日5gを糖質やタンパク質を含んだ飲み物200mlくらいで飲みましょう。水分を多く摂るのが大切です。すぐに効果を出したいなら1日20g(4回に分けて)を1週間続けると良いです。その後は1日5gで大丈夫。

 

関連記事

・短距離・長距離・跳躍・投てき選手全員がクレアチンを摂るべき理由(陸上競技におけるクレアチンの効果)

 

 

まとめ

・クレアチンの摂取は「ハイパワーの発揮やその持続力向上」「トレーニング効果UP」「精神疲労、集中力低下防止」「怪我からの早期復帰」に役立つ。

 

・1日5gを糖質やタンパク質を含む水分200mlくらいで摂取…これを続けよう。

 

 

特に飲まない理由が見つかりません。飲みましょう。

 

 

 

参照文献

・Peter Peeling and Martyn J. Evidence-Based Supplements for the Enhancement of Athletic Performance. BinnieInternational Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism, 2018, 28, 178-187.
・Graeme L. Close , Craig Sale, Keith Baar,Stephane Bermon(2019)Nutrition for the Prevention and Treatment of Injuries in Track and Field Athletes.Int J Sport Nutr Exerc Metab, 29(2), 189-197.
・Machek, S. B., & Bagley, J. R. (2018). クレアチンモノハイドレートのサプリメント補給: アスリートの認知能力に関する留意点. Strength & conditioning journal: 日本ストレングス &コンディショニング協会機関誌, 25(10), 46-55.

 



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





陸上選手だったらタンパク質は1日体重1kgあたり2g摂ろう

タンパク質は筋肉や腱、骨、血液その他諸々の組織を作る大切な栄養素です。トレーニングをして効率よく筋肉量を増やしたり、筋力を高めていくためには一般の人と比べて多くのタンパク質が必要だと言われています。じゃあどれくらい摂ると良いかと言うと、1日に体重1kgあたり2gくらいを目安にしましょう。体重60kg...

≫続きを読む

クレアチンはみんな必ず利用しよう

クレアチンとは?筋肉に蓄えられているエネルギー源に「クレアチンリン酸」というものがあります。このクレアチンリン酸は、大きなパワーを発揮するのに大切なエネルギー源です。しかし、筋肉の中に少ししか蓄えがないので、そのパワーはあまり長続きさせることができません。※ヒトはATPという物質を分解するときに生ま...

≫続きを読む

筋肉をつけたいなら、カロリー収支をプラスにしよう(筋肥大のためのPFCバランス)

筋肉をつけたいなら「消費カロリー<摂取カロリー」が大前提筋肉は太い方が大きな力を発揮できるポテンシャルが高いです。なので、筋肉を大きくすることはスポーツのパフォーマンスを高める上で重要な土台だと見なすことができます。技術や持久力の向上が無い場合、筋肉自体が増えないとパフォーマンスは上がりにくくなるこ...

≫続きを読む

アスリートが身体を絞れない原因と、パフォーマンスを損なわずに減量する方法

自分の体重をフィニッシュラインまで素早く移動させるトラック種目や、高く遠くに跳んだりする跳躍種目では、余分な体脂肪は重りになります。当然、ある程度絞れている方が有利です。体脂肪はエネルギーなので、体脂肪を減らすためにはそのエネルギーを消費して、体脂肪を分解してあげる必要があります。そのためには摂取カ...

≫続きを読む

陸上選手が必ず基本にすべき栄養摂取(短距離、跳躍、ハードル、投てき)

高いスピードやパワーが必要な陸上競技、特に短距離やハードル、跳躍、投てき選手にとって、身体作りはパフォーマンスを高める基本です。ここでの身体作りとは、その種目それぞれの技術を指すのではなく、筋肉や腱の強さや、その持久性など、身体資源そのもののポテンシャルのことを言います。この身体のポテンシャルを高め...

≫続きを読む

タンパク質が多く含まれている、スポーツ選手にとって便利な食品

アスリートにおけるタンパク質の重要性スポーツのパフォーマンスを高めるために、筋肉をつけてパワーやスピードを向上させることはとても重要です。その筋肉をつけるために大切な栄養素が「タンパク質」です。タンパク質は筋肉を作るための材料になるだけでなく、血液や骨、腱などの組織を作るためにも必要です。関連記事・...

≫続きを読む

トップスピードでの走りの意識を変えてみよう

短い距離のスプリントとトップスピードでの走りの違い野球の走塁や、サッカーの急激なダッシュなど、比較的短い距離を走るスプリント動作と、陸上短距離100m走などの最高速度局面でのスプリント動作は同じものではありません。短い距離を爆発的に加速するスプリント動作は、身体が前傾しており、地面を押し込むように蹴...

≫続きを読む