陸上選手だったらタンパク質は1日体重1kgあたり2g摂ろう

陸上選手だったらタンパク質は1日体重1kgあたり2g摂ろう




陸上選手だったらタンパク質は1日体重1kgあたり2g摂ろう

 

 

 

 

タンパク質は筋肉や腱、骨、血液その他諸々の組織を作る大切な栄養素です。トレーニングをして効率よく筋肉量を増やしたり、筋力を高めていくためには一般の人と比べて多くのタンパク質が必要だと言われています。

 

 

じゃあどれくらい摂ると良いかと言うと、1日に体重1kgあたり2gくらいを目安にしましょう。体重60kgなら1日に120gです。この1日全体の量を確保するのが一番大事です。練習後にプロテインを飲んでも、1日の全体量が確保できないと効果は得られません。

 

 

※Schoenfeldほか(2013)より作成

 

 

 

こういう風に、タンパク質の摂取が大事だ…とはよく聞きますが、それがどれくらい大事かというと、体重1kgあたり0.8g(日本人の食事摂取基準よりやや少なめ)と比較して、1.6〜2.4g摂ってると筋量の増え方が3倍近く違うかも…と言ったほどです。2gが覚えやすいです。

 

 

 

また、特に朝のタンパク質は不足しやすいので、意識して摂るようにしてみましょう。面倒ですが、1日にどれくらいタンパク質摂っているかまずは計算してみて、体重1kgあたり2gを目指して、それを当たり前にしていけるように。習慣化された努力は最強です。

 

 

ちなみに減量中に筋肉を維持するためには、さらに多くのタンパク質が必要です。その場合は2.5gくらいを目安にすると良いです。さらに、タンパク質は食事誘発性熱生産と言って、消化吸収の過程で摂取エネルギーの30%はどっかに消えます。他の栄養素と比べ太りにくいし、尚且つ満腹感が持続します。

 

 

タンパク質摂り過ぎたら腎臓に悪いんじゃないの?と言われたりしますが、元々腎臓に病気が無ければ問題ないです。ただ赤身肉の摂り過ぎは将来的に腎臓や心臓系の疾患に繋がるかも…的なことがある(かも)なので、魚や鶏肉を中心に摂るのが良いでしょう。長生きしたければ…。

 

 

 

参考文献

・Schoenfeld, B. J., Aragon, A. A., & Krieger, J. W. (2013). The effect of protein timing on muscle strength and hypertrophy: a meta-analysis. Journal of the International Society of Sports Nutrition, 10(1), 53.
・Morton, R. W., Murphy, K. T., McKellar, S. R., Schoenfeld, B. J., Henselmans, M., Helms, E., ... & Phillips, S. M. (2018). A systematic review, meta-analysis and meta-regression of the effect of protein supplementation on resistance training-induced gains in muscle mass and strength in healthy adults. Br J Sports Med, 52(6), 376-384.



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





陸上選手だったらタンパク質は1日体重1kgあたり2g摂ろう

タンパク質は筋肉や腱、骨、血液その他諸々の組織を作る大切な栄養素です。トレーニングをして効率よく筋肉量を増やしたり、筋力を高めていくためには一般の人と比べて多くのタンパク質が必要だと言われています。じゃあどれくらい摂ると良いかと言うと、1日に体重1kgあたり2gくらいを目安にしましょう。体重60kg...

≫続きを読む

クレアチンはみんな必ず利用しよう

クレアチンとは?筋肉に蓄えられているエネルギー源に「クレアチンリン酸」というものがあります。このクレアチンリン酸は、大きなパワーを発揮するのに大切なエネルギー源です。しかし、筋肉の中に少ししか蓄えがないので、そのパワーはあまり長続きさせることができません。※ヒトはATPという物質を分解するときに生ま...

≫続きを読む

筋肉をつけたいなら、カロリー収支をプラスにしよう(筋肥大のためのPFCバランス)

筋肉をつけたいなら「消費カロリー<摂取カロリー」が大前提筋肉は太い方が大きな力を発揮できるポテンシャルが高いです。なので、筋肉を大きくすることはスポーツのパフォーマンスを高める上で重要な土台だと見なすことができます。技術や持久力の向上が無い場合、筋肉自体が増えないとパフォーマンスは上がりにくくなるこ...

≫続きを読む

アスリートが身体を絞れない原因と、パフォーマンスを損なわずに減量する方法

自分の体重をフィニッシュラインまで素早く移動させるトラック種目や、高く遠くに跳んだりする跳躍種目では、余分な体脂肪は重りになります。当然、ある程度絞れている方が有利です。体脂肪はエネルギーなので、体脂肪を減らすためにはそのエネルギーを消費して、体脂肪を分解してあげる必要があります。そのためには摂取カ...

≫続きを読む

陸上選手が必ず基本にすべき栄養摂取(短距離、跳躍、ハードル、投てき)

高いスピードやパワーが必要な陸上競技、特に短距離やハードル、跳躍、投てき選手にとって、身体作りはパフォーマンスを高める基本です。ここでの身体作りとは、その種目それぞれの技術を指すのではなく、筋肉や腱の強さや、その持久性など、身体資源そのもののポテンシャルのことを言います。この身体のポテンシャルを高め...

≫続きを読む

タンパク質が多く含まれている、スポーツ選手にとって便利な食品

アスリートにおけるタンパク質の重要性スポーツのパフォーマンスを高めるために、筋肉をつけてパワーやスピードを向上させることはとても重要です。その筋肉をつけるために大切な栄養素が「タンパク質」です。タンパク質は筋肉を作るための材料になるだけでなく、血液や骨、腱などの組織を作るためにも必要です。関連記事・...

≫続きを読む

トップスピードでの走りの意識を変えてみよう(逆振り子の意識)

短い距離のスプリントとトップスピードでの走りの違い野球の走塁や、サッカーの急激なダッシュなど、比較的短い距離を走るスプリント動作と、陸上短距離100m走などの最高速度局面でのスプリント動作は同じものではありません。短い距離を爆発的に加速するスプリント動作は、身体が前傾しており、地面を押し込むように蹴...

≫続きを読む

膝を固定するようにスプリントしてみよう

トップスプリンターは、膝を固定するようにしながら地面を蹴っている足が速い人はどのようなフォームで走っているのかは、スポーツバイオメカニクスと呼ばれる学問分野の中で、徐々に明らかになってきています(関連記事:「足が速い人の特徴(フォームの科学)」)。その中の重要なポイントの一つとして「足が地面に着いて...

≫続きを読む