かかとの厚いシューズは怪我につながる?(ランナーとソールの厚さ)




かかとの厚いシューズは怪我につながる?(ランナーとソールの厚さ)

 

 

ランニングシューズを選ぶ基準は?

 

皆さんはシューズを選ぶ時、どのような基準で選んでいますか?

 

 

軽さやデザイン、履き心地、グリップ、横幅、通気性…など、判断材料はたくさんあります。

 

 

その判断材料の中の一つに「ソールの厚さ」というものがあります。これはシューズの底の部分、かかとの部分の厚さのことです。

 

 

よくトレーニングに用いられるシューズは、ソールが厚いものが選ばれます。ランニング初心者などでオススメされるのも、かかとの厚いシューズが多いのではないでしょうか?

 

 

また、短距離選手のトレーニング用のシューズも、かかとが厚いものがよく見受けられます。

 

 

一方、マラソンのエリート選手などに向けては、かかと部分の薄いシューズが多く売られているのを目にすることでしょう。(某社の某ヴェイパーフライというシューズの話はここでは置いておきます。)

 

 

ランニング初心者や、その他トレーニング用に勧められるシューズに厚底のものが多い理由としてよく挙げられるのが、「かかとのクッションがある方が、足の負担が少なく、怪我に繋がりにくい」というものです。

 

 

確かに、ソールが厚くてクッションが多い方が、一歩一歩の衝撃が和らいで、脚への負担は少なくなりそうです。

 

 

対してソールが薄いと、地面からの衝撃がダイレクトに伝わって、脚に悪そう…というイメージができます。

 

 

しかし、近年この「かかとの厚いシューズの方が脚に良い」という考え方は徐々に疑問視されてきています。

 

 

それは一体なぜなのでしょうか?

 

 

ここからは、ソールの厚さと脚への負担について、解説していきます。

 

 

 

かかとの厚いシューズは膝への衝撃を増やす?

 

ソールの厚いシューズは本当に脚への負担を減らすのでしょうか?

 

 

この疑問を解決するために、Kulmalaほか(2018)の研究では、ソールの厚いシューズと一般的なランニングシューズで走った時の、地面からの衝撃を比較しています。

 

 

その結果、なんとソールの厚いシューズの方が、地面からの衝撃が大きくなることがわかったのです。

 

 

※Kulmalaほか(2018)より引用:一般的なシューズとソールの分厚いシューズで、低速と高速走行時の接地衝撃を比較した。

Impact peakは衝撃の大きさ、Loading rateは衝撃の立ち上がり率を表す。

 

 

 

また、Hashizumeほか(2017)でも、レース用でソールの薄いシューズとトレーニング用でソールの厚いシューズでの走りを比較していますが、ソールの厚いシューズの方が膝への負担が大きくなったとされています。

 

 

これは一体なぜなのでしょうか?

 

 

その原因の一つに、接地の仕方の違いが挙げられます。

 

 

 

リアフットとフォアフット

かかと接地(リアフットの衝撃)

 

かかとから接地する走りを「リアフット接地:rear-foot strike」つま先側から接地することを「フォアフット接地:fore-foot strike」と呼びます。

 

 

陸上の短距離選手では、ほとんどがつま先から接地する「フォアフット接地」であるのに対し、長距離ランナーの8割ほどはかかとから接地する「リアフット接地」であると言われています。

 

 

このフォアフットとリアフットでの、地面からの衝撃の違いを表すのが、以下の図です。

 

 

 

※Liebermanほか(2010)より作成

 

 

 

図からわかる通り、フォアフットで走った時は、山が1つになっているのに対して、リアフットでは山が2つになっています。

 

 

この、リアフットで走った時の1つ目の山、これが地面に足がついた瞬間の衝撃増幅につながると考えられます。つまり、かかとからグッと踏み込むような接地の仕方をしてしまうことによって、その衝撃を特に膝で吸収することになり、負担をかけてしまうというわけです。

 

 

対して、フォアフットでは足裏の前部分で、身体に近いところで接地します。そうするとアキレス腱のバネを上手く使いやすくなるため、膝の負担を増やさずに、かつ効率よく走ることができると考えられています。

 

 

 

厚いソールのシューズはかかと接地(リアフット)になりやすい?

 

一般的に、ソールの厚いシューズはリアフット接地、ソールの薄いシューズはフォアフット接地を促すと言われています(Thompsonほか,2015)。

 

 

これは、かかとのクッションが厚いとそのクッションに頼った接地になりやすく、またはかかとが厚い分、かかとが地面に着くタイミングが早く来てしまうことが原因として挙げられます。逆に薄いソールのシューズ、または裸足ではそのような厚いクッションが無いために、フォアフットになりやすく、接地中の足首の働きが高まります。

 

 

以上のことが理由で、ソールの厚いシューズは逆に脚への衝撃、特に膝への負担を増やしてしまう可能性が指摘されているわけです。

 

 

 

かかとの薄いシューズは、ふくらはぎへの負担を増やす?

 

では、かかとが厚いシューズよりも、薄いシューズを履いた方が脚に優しいということなのでしょうか?

 

 

薄いシューズで膝への負担が減るのなら、薄いシューズを履いた方がいいに決まっています。薄いシューズの方が軽いですし。

 

 

しかし、話はそう簡単にはいきません。

 

 

なぜなら、膝に負担がかかるのは、かかとからグッと踏み込むように接地するからです。ソールが厚い方がかかと接地になりやすいのは事実かもしれません。ですが、ソールがそこそこ厚くても、そういう接地の仕方にならなければ問題は大きくはならないと考えられます。

 

 

また、足の前部分から接地をする、いわゆるフォアフット接地というのは、膝への負担を減らし、高いスピードで走るためには重要な技術ではあります。かかとの薄いシューズを履くことで、フォアフット接地を促すこともできると考えられます。

 

 

しかし、薄いシューズを履いてフォアフット接地をしながら走ると、当然足首を支えるためのふくらはぎやアキレス腱といった組織に負担をかけることは容易に想像できるでしょう。

 

 

フォアフット接地でアキレス腱をバネのように使えるためには、ふくらはぎの筋肉を一瞬でキュッと硬くできることが必要です。アキレス腱よりも筋肉を硬くすることができるから、接地の瞬間にアキレス腱が引き伸ばされることになるのです(下図参照)。

 

 

 

 

もし、筋力が無くてふくらはぎを一瞬で硬くできなかったら、アキレス腱よりもふくらはぎの方が引き伸ばされてしまい、ふくらはぎに負担が大きくかかり、怪我に繋がってしまいます

 

 

実際に、薄いシューズを使って走るとふくらはぎあたりの痛みが増しやすくなるといった報告もあります(Vercruyssenほか,2016)。

 

 

なので、フォアフットで走れるようになるためには、ふくらはぎの筋肉を一瞬でキュッと硬く出来るような筋力が必要になるのです。

 

 

この筋力に乏しいまま、薄いシューズを履いてフォアフットを意識して長時間走れば、ふくらはぎやアキレス腱まわりの怪我のリスクは増えてしまいます。

 

 

動きを変える時は、少しずつ、トレーニングをしていくことが必要です。

 

 

 

 

厚いソール、薄いソール、結局どっちがいいの?

 

速く走るためにはフォアフット接地のようにアキレス腱のバネを上手く使えた方がいいのは事実でしょう。

 

 

なので、このフォアフット接地を促すために、ソールの薄いシューズを選ぶのは有効だと考えられます。

 

 

しかし、先ほどの通り、フォアフット接地で長い時間走るとふくらはぎやアキレス腱といった組織に大きな負担をかけることになります。

 

 

特に、今までかかとから接地していたけど、フォアフットが良いと聞いてフォアフットに変えた!という人では、フォアフット接地が維持できるための筋力が無いため、逆に怪我に繋がってしまう恐れもあります。

 

 

体重が重い選手などは特に負担が増えるでしょう。

 

 

だからといって、厚いソールでかかとからグッと踏み込むような走り方に頼っていては、膝への負担がかなり大きくなってしまいます。

 

 

以上のことから具体的なシューズのソール選びの際には、

 

・膝に痛みがある、故障歴がある場合はソールがやや薄いシューズを選び、最初は遅くても良いので、足の前部分で体重を支えられるようなフォームを意識する。
・厚いソールの場合でも、かかとからグッと踏み込むような動作は避け、身体に近いところで接地するように意識してみる。
・ふくらはぎやアキレス腱が痛み、よく張るような場合は少し厚めのソールを履いて、アキレス腱に負担をかけ過ぎないようにしてみる。

 

 

などの視点を基に選ぶと良いかもしれません。個人の特徴に合うシューズ選びをしてみましょう。

 

 

デザイン、メーカー、フィット感、通気性など…総合的にみて自分が気に入ったものを選ぶのが1番ではありますが、ソールの厚さが走りや脚にどのように影響するかも、判断材料の一つにしてみてください。

 

 

 

まとめ

・かかとのソールが厚いシューズは、接地の衝撃を減らして脚に良いと言われる。

・しかし実際はソールが厚いとかかとから接地しやすくなり、膝への負担が大きくなる。


・速く走るためには、足裏の前部分(フォアフット)から接地し、アキレス腱のバネを使えることが大事だが、そのためにはふくらはぎを一瞬で硬くできる筋力が必要。


・薄いソールでフォアフット接地を促すことはできそうだが、ふくらはぎやアキレス腱周りの怪我には注意しなければならない。

 

 

 

 

参考文献

・Kulmala, J. P., Kosonen, J., Nurminen, J., & Avela, J. (2018). Running in highly cushioned shoes increases leg stiffness and amplifies impact loading. Scientific reports, 8(1), 17496.
・Hashizume,S., Murai,A., Hobara H, Kobayashi Y, Tada M, Mochimaru M (2017).Training Shoes do not Decrease the Negative Work of the Lower Extremity Joints. Int J Sports Med. 2017 Nov;38(12):921-927.
・Lieberman, D. E., Venkadesan, M., Werbel, W. A., Daoud, A. I., D’andrea, S., Davis, I. S., ... & Pitsiladis, Y. (2010). Foot strike patterns and collision forces in habitually barefoot versus shod runners. Nature, 463(7280), 531.
・Thompson, M. A., Lee, S. S., Seegmiller, J., & McGowan, C. P. (2015). Kinematic and kinetic comparison of barefoot and shod running in mid/forefoot and rearfoot strike runners. Gait & Posture, 41(4), 957-959.
・Vercruyssen, F., Tartaruga, M., Horvais, N., & Brisswalter, J. (2016). Effects of footwear and fatigue on running economy and biomechanics in trail runners. Medicine & Science in Sports & Exercise, 48(10), 1976-1984.

 

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





「太る?腎臓に悪い?」陸上選手のための、プロテインに対する正しい知識

プロテインとは何か?その効果は?プロテインは筋肉が付く魔法の粉でもなんでもなく、protein=タンパク質です。家庭科の授業などで、三大栄養素として「炭水化物、脂質、タンパク質」がある...と皆さん勉強すると思いますが、プロテインとはその中のただの「タンパク質」のことを指します。巷では「プロテインは...

≫続きを読む

インターバルトレーニングにおける、アクティブリカバリーの用い方

高いスピードで走って、短い休息を挟み、再び走り出す...このような運動を繰り返し、スピードや持久力を高めるトレーニングは「インターバルトレーニング」と言われています。このインターバルトレーニング中の短い休息時に、ジョギングなどの軽い運動を行うことで回復を促す方法がとられることがあります。これがアクテ...

≫続きを読む

アイシングについて

練習やトレーニングからの回復を促す方法として、アイシング(冷却療法)が広く知られていると思います。ここではその効果と方法、注意点について紹介していきます。☆冷却効果・代謝活性の抑制(余計なエネルギー消費を抑えること)・毛細血管収縮(冷源消失による血管拡張のリバウンドの影響…冷やされて縮む→冷やすのや...

≫続きを読む

水浴療法(冷水浴、温水浴、温冷交代浴)

「アイシングについて」にて、アイシングや冷水浴を用いたリカバリー効果について紹介しました。簡単にまとめると、・代謝活性の抑制・毛細血管収縮・浮腫による炎症の抑制・神経系の伝達能低下(主観的な痛みの減少)・筋肉の弾力低下によって、・回復を促し、運動間や翌日のパフォーマンス低下を防ぐことができる。・ハイ...

≫続きを読む

アクティブレスト

☆アクティブレストとは休息日に完全に身体を動かさないのではなく、軽い運動を行うことでより良い回復を狙おうとする手段です。筋のリカバリーの助長、心理的な開放という点からアクティブレストは推奨されてはいますが、効果がある、効果がない、逆効果など色々な報告があります。いずれにしても、休養日としての位置づけ...

≫続きを読む

BCAAとは何か?本当に効くのか?

☆BCAAとは?BCAAは、パワー系アスリートから持久系アスリートまで、様々な分野のアスリートの間でも広く知られているサプリメントのひとつです。BCAAとは分岐鎖アミノ酸(Branched-Chain Amino Acid)という、アミノ酸です。タンパク質が分解されるとアミノ酸になりますので、普通の...

≫続きを読む

ストレッチの種類

運動、スポーツの前後、体育授業の前後など、色々なタイプのストレッチが行われていると思います。トレーニング、練習前、ウォーミングアップ中にストレッチをすることは一般的であるという認識が強いはずです。パフォーマンスの向上、外傷予防に効果的であると考えられてきたストレッチですが、ここ最近の研究では、ストレ...

≫続きを読む

ストレッチの効果、生理学

ここではストレッチをすることによって、筋肉、腱などの組織にどのような影響を及ぼすかについて紹介していきます。☆結合組織、腱筋肉は、筋内膜、筋周膜、筋外膜などの弾性コラーゲン線維というもので覆われています。この筋肉を覆う組織の粘弾性(硬さ)は、ストレッチングによって変わりやすいのです。ですので、ストレ...

≫続きを読む

ストレッチが筋力、ジャンプ力に及ぼす影響

ストレッチの即時効果として、柔軟性、可動性などの向上が挙げられます。バレエやフィギュアスケートのように、柔軟性がそのままパフォーマンスにつながりやすい競技では、ストレッチを運動、競技前に行うこと大きなメリットがあると言えるかもしれません。しかし、そのような競技以外のスポーツ、運動においては、運動前の...

≫続きを読む

ストレッチはリカバリーに有効? どう活用すべき?

クールダウンでしっかりとストレッチをしないと疲労が残る!ということを聞いたり、思っていたりする方は今のところかなり多いかと思われます。では実際のところ、運動後のストレッチは疲労回復にどのように影響するのでしょうか?☆ストレッチのみを実施することでは、疲労回復に効果がみられないとする要素・最大筋力・力...

≫続きを読む

睡眠の重要性

☆睡眠とはヒトのみならず、動物は活動と休息を繰り返しながら生きています。ヒトの睡眠は・夜間に連続して眠る・浅い眠りと深い眠りを繰り返すこれら2つの特徴があり、一晩徹夜したからといって、次の晩の眠りが2倍の睡眠時間にはならず、深い眠りを多く出現させることでそこまでの睡眠時間を要さずとも回復します。19...

≫続きを読む

寝不足と運動、知覚能力

「睡眠の重要性」で睡眠不足が脳、身体生理機能に及ぼす影響について紹介しました。ここでは、実際の運動や知覚のパフォーマンスに、睡眠不足がどのように影響するのかについて見ていきます。☆睡眠不足とパフォーマンスに関する研究・36時間の断眠で、徐々に速度を上げていく歩行テストによる疲労困憊に至るまでの時間が...

≫続きを読む

良質な睡眠を確保するためには?

早く眠ることは大切だということが分かっていても、なかなか寝付けなかったり、眠が浅かったり、結果として翌朝の目覚めの悪さ、その日1日の倦怠感に繋がってしまうことは多々あるのではないでしょうか?ここでは、良質な睡眠を妨げる要因、そして良質な睡眠をより促す要因について紹介していきます。☆カフェイン等の刺激...

≫続きを読む

昼寝とパフォーマンス(パワーナップとは?)

正午過ぎに眠たくなる・・・・・こう感じる方は多いかと思います。実はこれは、ヒトの生体リズムの一環であると考えられているのです。この眠気に関わらず、睡眠不足が知覚、運動パフォーマンスに及ぼす影響はこれまで述べてきた通りです。「睡眠の重要性」「寝不足と運動、知覚能力」「良質な睡眠を確保するためには?」寝...

≫続きを読む

アルコールとスポーツ①(リカバリー、筋の成長)

アスリートの飲酒量は比較的多く、競技種目にもよりますが、いくつかの論文ではその量が驚異的であるとして取り上げられています。Lawson et al(1992)の研究ではラグビー選手の試合後の飲酒量がビール22本分に匹敵したといいます。特に大学生、社会人のアスリートともなれば、お酒を飲む機会というのは...

≫続きを読む

アルコールとスポーツ②(ダイエット)

アスリートにとって、体脂肪の増加というのは極力避けたいものです。特にパワー/体重 比 が関わる陸上のトラック、フィールド種目においては特に重要であり、関心も高いことでしょう。大学生、社会人ともなれば飲みの席も増えます。アルコールが入ればついつい食べ過ぎたことも忘れてしまい、それが続けばあっという間に...

≫続きを読む

陸上短距離、長距離、跳躍選手と減量について①(なぜ痩せられない?)

陸上競技の短距離、長距離、跳躍選手にとって余分な体脂肪の増加はパフォーマンスを低下させます。余分な重りをつけたまま、速く走ろうとしたり、遠く、または高く跳ぼうとしても上手くいかないことは容易に想像できる事でしょう。できることなら、ある程度低い体脂肪率へと身体を絞って、その状態をキープしておきたいもの...

≫続きを読む

ストレッチのみでは怪我予防にならない

「ウォーミングアップでしっかりストレッチしておきましょう。」「ストレッチしないと怪我するぞ。」スポーツをしてきた人であれば、一度はこのような言葉を耳にしたことがあるかと思います。これは、「身体が硬いと怪我をしやすい、パフォーマンスが上がらない」という昔からある経験則に基づいたものであると言えるでしょ...

≫続きを読む

レース前は和式トイレを使わない-ストレッチはスプリントパフォーマンスを高めるのか...

「ストレッチのみでは怪我予防にならない」では、どのような怪我にもストレッチは万能で、ストレッチさえやっておけば大丈夫だということは無く、ストレッチの目的を明確にすることの重要性について述べました。では、怪我予防ではなく、肝心のパフォーマンスとストレッチの関係はどうなのでしょうか?これまでに発表されて...

≫続きを読む

【陸上競技】練習前の静的ストレッチはトレーニング効果を下げる

「ストレッチのみでは怪我予防にならない」「レース前は和式トイレを使わない-ストレッチはスプリントパフォーマンスを高めるのか?-」では、各種ストレッチが怪我予防やパフォーマンスに与える一時的、または長期的な影響について述べてきました。ここでは、「静的ストレッチは直後のパフォーマンスには悪影響を与えるけ...

≫続きを読む

女性アスリートの3主徴(月経障害・摂食障害・低骨密度)と栄養摂取を考える

女性アスリートが抱える3つの問題女性のスポーツ参加は、ここ数十年で大きく増加しています。運動することは、心臓や血管の健康、気分の良さ、自尊心などの生理学的、心理的状態を良好に保つ効果がありますが、非アスリートに比べてアスリートは摂食障害や不自然な摂食行動が多くみられることも知られています。そして、女...

≫続きを読む

筋力の左右差を改善したらスプリント力は上がる?

「右脚より左脚の方が強い…」「左より右脚の方が脚が太い…」「筋力の左右差があるから直した方がいいよ…」このような言葉をトレーニング現場で聞くことは比較的多いのではないでしょうか?今回は脚の筋力の左右差とスプリント能力について考えていきます。ジャンプ力の左右差とスプリント能力の関係Lockieほか(2...

≫続きを読む

陸上競技者(短距離・長距離)のためのアキレス腱痛対策(リハビリ・トレーニング・栄...

ダッシュやランニングを繰り返すような運動をしていると、アキレス腱の付着部である「かかと部分」や、かかとよりも数センチ上の部分が痛むことがあります。走り始めは痛くても、慣れてくるとだんだん痛みが減ってきていつも通りトレーニングができるけど、次の練習開始時にはまた痛んでしまう。次第に痛みが増していって、...

≫続きを読む

ハムストリングの肉離れを防ぐためにこそ、「全力スプリント練習」から逃げてはいけな...

ハムストリングの肉離れはサッカー(1や陸上競技(2など、爆発的なスプリント加速能力を必要とするスポーツにおいて、多くみられる怪我です。そのため、競技スポーツのコーチやメディカルスタッフにとって、ハムストリングの肉離れを発生させないようにトレーニングを計画したり、選手のケアをしたりすることはとても重要...

≫続きを読む

陸上短距離選手におけるハムストリングの肉離れの原因と予防方法(スプリンターと肉離...

ハムストリングの肉離れとは?ハムストリングの肉離れは、陸上競技の短距離選手を最も多く悩ませる急性外傷です。他のけがと比較して発生率が特に高く、復帰まで比較的長い期間を要するうえに、再発するケースが多い厄介な怪我であることが知られています(文献1。このハムストリングの肉離れは、一度経験すると復帰後も心...

≫続きを読む

朝食と運動パフォーマンスの関係性(アスリートにおける朝食の重要性)

皆さん、「朝起きたばかりは食欲が無い」「時間が取れない」などの理由で、ついつい朝食を抜いてしまうことはありませんか?実は、朝食は筋肉量を保持したり、練習の質を高めるためにも非常に重要な役割を果たしています。ここでは、朝食が試合や練習のパフォーマンスに与える影響や、朝食と筋肉量の関係について紹介してい...

≫続きを読む

実は科学的根拠に乏しい?「クールダウン」の効果

トレーニングを頑張った後、一般的には「クールダウン」というものが行われています。このクールダウンとは激しい運動をした後に、ジョギングなどの軽運動を行うことで、身体を落ち着かせ、翌日の疲労を軽減させたり、怪我を予防するために有効だと広く信じられています。では、どうしてクールダウンを行うことによって、疲...

≫続きを読む

フォームローラー(ストレッチポール)って何の効果があるの?

ウォーミングアップやクールダウン時に、筒状のものをコロコロと脚に当てて、ケアをしている光景が見られます。その時使われているツールが「フォームローラー」です。※Cheathamほか(2015)よりhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4637917/...

≫続きを読む

睡眠不足で減量すると、筋肉が減る

アスリートが減量をする際、付けた筋肉量はできる限り維持する必要があります。減量で筋肉量を減らしてしまうと、体重は減るものの、筋力やパワーなどの能力は落ちてしまい、パフォーマンスダウンに繋がってしまうからです。では、筋肉量を維持しながら減量を行うには、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか?...

≫続きを読む

「実は悪影響も!?」陸上競技におけるアイシングの効果と適切な方法

「練習が終わったらアイシングをするのは、アスリートなら当然のことだ!」「アイシングは疲労回復に効果的!」「アイシングをしないとケガにつながる!」トレーニングを行っていると、このような話をよく耳にするのではないでしょうか?しかし、結論から言うと、アイシングは怪我予防として有効な手段であるとは言えません...

≫続きを読む

「実は悪影響も!?」陸上選手のストレッチの効果とやり方

試合やトレーニング前後のウォーミングアップやクールダウンの際に、必ずと言っていいほど行われているのが「ストレッチ」です。この当たり前に行われているストレッチですが、「何のためにストレッチをしているのか?」または指導者であれば、「なんでストレッチをさせているのか」を適切に説明できる人は非常に少ないのが...

≫続きを読む

マッサージにはリカバリー効果がない?(スポーツとマッサージの科学)

マッサージと言えば、血液の流れを良くしたり、筋肉の痛みを減らしたり、緊張を解いて、心をリラックスさせたりするとされています。※画像:写真ACよりこのように、物理的にも心理的にも様々な効果をもたらすものとして、スポーツの現場でもリカバリーを促す手法として、よく用いられていることでしょう。しかし、その実...

≫続きを読む

かかとの厚いシューズは怪我につながる?(ランナーとソールの厚さ)

ランニングシューズを選ぶ基準は?皆さんはシューズを選ぶ時、どのような基準で選んでいますか?軽さやデザイン、履き心地、グリップ、横幅、通気性…など、判断材料はたくさんあります。その判断材料の中の一つに「ソールの厚さ」というものがあります。これはシューズの底の部分、かかとの部分の厚さのことです。よくトレ...

≫続きを読む

身体が硬い方が足が速い?(短距離・中長距離走と柔軟性の科学)

スポーツトレーニングの現場では、身体が硬いとケガをする、パフォーマンスが上がらない、ストレッチをして柔軟性を向上させることは必須だ!と、しばしば言われることがあります。実際に、足首が硬かったり、ももの裏、股関節の前部分の筋肉の柔軟性が低かったりすることは、ジャンパーズニーという膝のケガや、ハムストリ...

≫続きを読む

ダウン時の軽運動(ジョグ、バイク)はリカバリーなのか?トレーニングなのか?

アクティブリカバリーはリカバリーを促す?トレーニング終了後、クールダウンという名目で数十分ほど、ジョグやバイクなどの軽運動(アクティブリカバリー)を行うことがあります。なぜそのようなダウンをやるのかと言われれば、翌日に疲労を残さないため、怪我を防ぐコンディショニングのためだと主張する人がほとんどです...

≫続きを読む

上半身の静的ストレッチは、投てき選手のパフォーマンスに悪影響か?

静的ストレッチは、その後のジャンプやスプリントパフォーマンスに悪影響ジャンプやスプリントなどの爆発的な運動パフォーマンスを発揮する直前に、静的ストレッチを長時間(一か所を30~60秒以上など)行うと、その運動パフォーマンスが低下してしまうことが知られています。これは、静的ストレッチによって筋肉の緊張...

≫続きを読む