柔軟性が高過ぎると走りの効率が悪くなるかも?

柔軟性が高過ぎると走りの効率が悪くなるかも?




柔軟性が高過ぎると走りの効率が悪くなるかも?

 

~文献~

Trehearn, T. L., & Buresh, R. J. (2009). Sit-and-reach flexibility and running economy of men and women collegiate distance runners. The journal of strength & conditioning research, 23(1), 158-162.

 

 

この研究では、身体の柔軟性と走りの効率(ランニングエコノミー)の関係を調べています。

 

 

※ランニングエコノミー:体重当たり、一定の走速度を保つのにどれくらい酸素を消費するかを表す指標。車でいう燃費。

 

 

対象者は大学長距離選手男女各4名(10000mタイム:男子33分57秒±2分13秒,女子39分45秒±2分37秒)でした。

 

 

柔軟性の指標として長座体前屈を実施し、走りの効率はトレッドミル上(ランニングマシン)でスピードを徐々に上げていくテストで実施し、限界の走速度の手前の速度でのランニングエコノミー(絶対的なランニングエコノミー)と、10000m走のタイムを基にしたペースでのランニングエコノミーを割り出しました。

 

 

その結果、長座体前屈の記録は男子よりも女子の方が優れており、男女合わせて検討してみると、走れなくなる限界直前の走りの効率は、長座体前屈の記録が良いほど、低いことが分かりました。

 

 

 

 

筋肉がある程度硬い、または筋肉を硬くできることは、筋肉や腱のバネ的な筋力を引き出すのに重要だと言われています。ここで、柔軟性が高過ぎると、特に腱の能力を効率よく引き出すことができなくなってしまうと考えられます。ここで見ているのはあくまで長座体前屈の記録とランニングエコノミーの相関関係ですが、身体は柔らかければ柔らかいほど良いという訳ではないことに注意しておきましょう。

 

 

 

関連記事

・身体が硬い方が足が速い?(短距離・中長距離走と柔軟性の科学)

 

・足首の硬さ、パワーと足の速さの関係(スプリント能力と足関節)

 

 

 

 

参考文献

・Trehearn, T. L., & Buresh, R. J. (2009). Sit-and-reach flexibility and running economy of men and women collegiate distance runners. The journal of strength & conditioning research, 23(1), 158-162.

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





400mハードルに最も有利なレーン、風は?

400mハードルでは、トラックを1周しつつ35m間隔で並べられた10台のハードルを越えていかなければなりません。この競技でのハードリングは、直線競技の110mハードルや100mハードルとは違い、コーナーでのハードリングが必要となります。選手や指導者の経験的にも、コーナーでのハードリングはより内側のレ...

≫続きを読む

400mハードルの競技成績とトレーニング負荷の大きさとの関係

文献・Adamczyk, Jakub. Relation between result and size of training loads in 400-metre hurdle race of men. Education Physical Training Sport 75 (2009): 5...

≫続きを読む

RFD(力の立ち上がり率)を改善する筋トレはコンセントリック?エキセントリック?

スプリンターにとって重要な力の立ち上がり率(RFD:Rate of Force Development)特にスターティングブロックからの爆発的な飛び出しの速さは、どれだけ早く、大きな力を発揮できるか、すなわちこのRFDと関連があると言えます。※力の立ち上がり率とは?←こちらここではこのRFDと筋力ト...

≫続きを読む

激しい運動の方がその後の食欲が抑えられやすい?

ダイエットのために1時間ジョギングしても、スーパーカップ(バニラ)1個余分に食べたら無駄になるダイエットをしたいなら「有酸素運動が良い!」「長時間運動する方が脂肪が燃えて良い!」とよく言わます。しかし、いくら運動を頑張ったからと言っても、その消費エネルギー分を食べて摂取してしまえば、ダイエット効果も...

≫続きを読む

最適なプロテイン摂取量は、体重よりもトレーニング内容による

トレーニング後のプロテインは何g摂ったらいい?トレーニング後にプロテインを飲もうと思った時、「これは1回でどれくらい飲むのが良いのか?」との疑問を1度は抱いたことがあるのではないでしょうか?日本のメーカーさんのプロテインであれば、おおよそ「1回で20gあるかないか」くらいを目安に飲んでくださいとの表...

≫続きを読む

柔軟性が高過ぎると走りの効率が悪くなるかも?

~文献~Trehearn, T. L., & Buresh, R. J. (2009). Sit-and-reach flexibility and running economy of men and women collegiate distance runners. The journal o...

≫続きを読む

短距離は硬い筋肉が、長距離は柔らかい筋肉が有利?

Miyamoto, N., Hirata, K., Inoue, K., & Hashimoto, T. (2019). Muscle Stiffness of the Vastus Lateralis in Sprinters and Long-Distance Runners. Medicine...

≫続きを読む