200m走における曲走路(コーナー・カーブ)の走り方の練習方法




200m走における曲走路(コーナー・カーブ)の走り方の練習方法

曲走路でのスタート方法

 

曲走路でのスタート方法は2種類あります。一つは曲走路内側のラインの頂点をめがけて真っ直ぐにスターティングブロックを設置する方法です。

 

 

 

 

 

この方法では、スタート後数メートルまでは直線的に加速をすることができます。そのため、スタートが得意で序盤の加速をしっかりと行いたい人に向いています。

 

 

もう一つの方法は、曲走路に沿ってスターティングブロックを置き、曲走路に沿って加速する方法です。

 

 

スタート後、最短距離を進むことができるので、スタートは無理に加速せず、後半に勝負を仕掛けるタイプの選手向けです。

 

 

自分に合った方法で練習をしてみましょう。

 

 

 

内傾のイメージ

 

200m走では、曲走路でトップスピードを迎えます。そのため、200m走の選手にとって、曲走路で高いスピードを出せるような技術の習得は重要な課題です。

 

 

曲走路では遠心力がかかるので、外側に振られてしまわないように身体を内側に傾ける必要があります。この内傾した状態で、いかに地面に力を伝えられるかがポイントです。

 

 

遠心力は速度が高いほど、そしてレーンが内側になるほど大きくなるので、その遠心力に見合った内傾を意識します。

 

 

遠心力と内傾が釣り合わないと、上手く走ることができません。したがって、自分のスピードに応じた内傾角度を探ることが必要です。

 

 

 

 

イメージとしては自転車で緩いカーブを曲がっているような意識です。無駄な力を入れずに、自然に内傾を作って綺麗にコーナーリングができるようにイメージしつつ、練習を重ねてみましょう。

 

 

 

曲走路でのスプリント技術トレーニング

 

曲走路での動きを習得するために、小さなサークルを使ってドリルを行うことが有効です。

 

直径20mくらいのサークルを作り、普段行なっているドリルや流しなどを実施してみましょう。

 

 

 

参考動画

 

 

コーナーをどのような意識を持てば上手く走れるかを模索しながら、コーナーリングの感覚を身体に染み込ませていきます。

 

 

 

関連記事

 

・100m走の特徴とトレーニングの視点(100m走の練習方法)

 

・100m走におけるブロッククリアランスからの加速練習(スタート練習)

 

・100m走の1次加速を習得する練習方法(スタートダッシュ練習法)

 

・100m走の2次加速を習得する練習方法(スタートダッシュをトップスピードにつなげる)

 

・100m走におけるトップスピード(最大スピード)向上のための練習方法

 

・200m走の特徴とトレーニングの視点(200m走の練習方法)

 

 

 

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





200m走の特徴とトレーニングの視点(200m走の練習方法)

200m走は、高いトップスピードに加えて、最後まで減速しない持久力がより求められる種目です。100m走と違い、曲走路からスタートし、曲走路でトップスピードを迎えます。そのため、曲走路での疾走技術を習得する必要があります。ちなみに、世界記録は男子で2009年にウサインボルト選手がマークした19.19、...

≫続きを読む

200m走における曲走路(コーナー・カーブ)の走り方の練習方法

曲走路でのスタート方法曲走路でのスタート方法は2種類あります。一つは曲走路内側のラインの頂点をめがけて真っ直ぐにスターティングブロックを設置する方法です。この方法では、スタート後数メートルまでは直線的に加速をすることができます。そのため、スタートが得意で序盤の加速をしっかりと行いたい人に向いています...

≫続きを読む