~サイト内の関連記事を検索~


400m走の技術練習(コーナーからの加速トレーニング)

 

400m走ではスタートからの加速局面、レース後半に差し掛かる200〜300mの局面でコーナーを走ることになります。したがって、このコーナーを上手く走れる技術は、400m走で良いタイムを出すために軽視できない要素だと言えるでしょう。

 

 

ここでは、400m走のスタートからの加速局面の技術に着目して、使えるコツや意識、トレーニング方法を紹介していきます。

 

 

コーナーでのスタート技術

 

400m走のスタートはコーナーから走り出すことになります。ここでのスターティングブロックの置き方には大きく2種類あり、それがコーナーの頂点目指してまっすぐ出るタイプと、コーナーに沿ってスタートするタイプです。

 

 

 

 

まっすぐ出るタイプは、コーナーリングが苦手な人や、序盤から一気にスピードに乗りたい人向けです。鋭いスタートを切って加速していきましょう。ただし、内側のラインを踏むと失格になってしまうので注意が必要です。

 

 

対して、コーナーに沿って出るタイプはゆったり加速していきたい人向けだと言えます。スタート後、すぐに方向を内側に変えながら走る必要が出てくるため、スタートと同時に身体を少しだけ内側に向けるような意識が必要になるでしょう。

 

 

それぞれ自分に合ったものを探りましょう。

 

 

 

コーナーからの加速

 

400m走ではスタートしてから80m付近でトップスピードを迎え、その後ゴールまでスピードが上がることはありません。この80m地点は最初のコーナーの出口あたりになるので、最初のコーナーでいかに加速できるかが大切です。

 

 

 

 

また、序盤の加速で力を使い過ぎると、レース終盤の減速が大きくなってしまいます。ということは、400m走の最初のコーナーは、いかに「無理なく高いスピードに乗せられるか」が重要だということになります。

 

 

この局面に使える意識として、「身体を左前に倒しながら、転がるように加速する」というコツがあります。

 

 

最初のコーナーでは遠心力が働くので、身体を内側に適度に内傾させる必要があるとともに、加速段階でもあるので、身体を前に倒す、前傾させる必要があります。なので、これらを合わせて、コーナーに沿って「斜め左に身体を傾ける」ようなイメージを持ってみましょう。

 

 

また、ガムシャラに地面を叩いて、押して加速していくのではなく、身体が前に倒れる力を利用して、「前に倒れて支えて、倒れて支えて…」を繰り返すように加速をしてみましょう。

 

 

 

 

これは、緩やかな坂道を無理なく下っていくようなイメージに近いものがあります。このイメージで、自然とストライドが広がっていくようにできれば、楽にスピードに乗ることができるでしょう。




~サイト内の関連記事を検索~