400m走の体力トレーニング

400m走の体力トレーニング




400m走の体力トレーニング

 

400mスプリンターに必要な体力

 

陸上競技の400m走は、高いスピードを発揮できるだけでなく、そのスピードを50秒近くできる限り維持できるような持久力も求められる種目です。

 

 

したがって、効率よく走るための技術やペース配分に関わる戦術はもちろん、それを下支えするための、筋力やパワー、持久力、柔軟性、調整力と言った体力が大切になってくるのは言うまでもありません。

 

 

 

そして、400m走で最もトレーニングの優先度合いが高いと考えられる要素が、スピードに関わる「筋力」とその「持久力」です。

 

 

高いスピードを出すことができる選手は、全身で高い筋力を生み出すことができています。また、400mの後半では疲労によってその筋力が低下してきます。

 

 

したがって、最初からめちゃくちゃ大きな筋力を高いスピードの中で発揮できて、かつ持久力に富んで最後まで筋力が維持できれば、どこまでも記録が伸びていきます。当たり前の話です。

 

 

なので、400m走のトレーニングを考える際には、いかに筋力を高めるかそしていかに筋肉の持久力を高めるかに焦点を当てていく必要があります。

 

 

 

400m走者のための体力ピラミッド

 

図は、400m選手に必要な体力要素をまとめたものです。パフォーマンスを高めるためには、土台部分の「一般的な体力」と呼ばれるものから「専門的な体力」まで、上手く向上させていく必要があります。

 

 

 

 

 

一般的体力(筋肉のサイズや血管、ミトコンドリアを増やす)

 

400m走での筋力を高めるためには、まずそもそもの土台となる「筋肉量」を増やす必要があります。筋肉量は多いほど、大きな力を発揮できるポテンシャルは高くなるからです。

 

 

逆に筋肉量が増えなければ、ほかの技術が向上したりしていない限り、パフォーマンスの向上はなかやか見込めません。筋肉量を増やすようなトレーニングは重要です。

 

 

筋肉量を増やすためには、筋力トレーニングを行ったり、坂やスレッドなど、負荷をかけて走ったりすることが必要になります。徐々に負荷を上げていきながら、トレーニングのボリュームを増やしていけるように継続していくことが重要です。

 

 

 

一方で、持久力に関わるのが、筋肉の中のミトコンドリアや毛細血管のサイズや量です。ミトコンドリアは酸素を使ってエネルギーを生み出すための器官で、毛細血管は酸素の供給に関わる器官です。つまり、これらが多いほど、より多くのエネルギーを持続的に生み出すことができ、結果400走の後半の持久力が高まり安くなるわけです。

 

 

したがって、持久力を高めるためには、このミトコンドリアや毛細血管を増やすトレーニングを考えていく必要があると言えるでしょう。

 

 

このミトコンドリアを増やすためには、持久トレーニングで、エネルギーを減らし続けるような刺激が必要になります。

 

 

例えば長い時間ジョグをしたりすれば、遅筋線維と言われる、大きな力は発揮できないが、持久力に富んだ筋線維のミトコンドリアや毛細血管を増やすことができます。

 

 

そして、ある程度高いスピード、息が切れるような負荷で多くの距離を走るようなトレーニングでは、パワー発揮は得意だけど、持久力の低い速筋線維のミトコンドリアや毛細血管を増やす刺激に繋がります。

 

 

 

専門的体力(走りの中でのパワーや持久力を高める)

 

筋肉が大きくなって、大きな力が出せるようになったとしても、走りの中でその力を発揮できるようにならないと、パフォーマンス向上には繋がりません。持久力も然りで、400m走のレースの中での持久力を高める必要があります。

 

 

そのためには、400m走に近いトレーニングを行うことが重要です。極論、400m走のレースに出ることが最高の専門的トレーニングになります。

 

 

ただ、毎日レースをやるのは難しいので、200+200で区切ってトレーニングしたり、350などやや短めの距離でトライアルをしたりと、目的に合わせてバリエーションに幅を持たせることもあります。

 

 

このような専門的なトレーニングは、実際の400m走と同じようなスピードで行うことが重要です。高いスピードを出し、その高いスピードをできる限り維持できることが、400m走選手の専門的な体力だと言えるからです。

 

 

 

それぞれの要素を全て一気にトレーニングするのは効率的ではない

 

上で述べてきたようなトレーニング要素を全部やろうとすると、完全にやることが多すぎて、オーバートレーニングになります。そうならないようにトレーニングの全体量を減らすと、今度は逆にトレーニング刺激が低くなります。

 

 

なので、トレーニングを考えるときは、ピラミッドの土台部分から、集中して、順番に積み立てていく必要があると言えます。

 

 

筋肉量やミトコンドリア、毛細血管の量など、一般的な体力に関わる要素は、比較的トレーニングの成果が得られるまでの期間が長くなります。こう言った身体の根本的な能力を改善するのには時間がかかるからです。加えて、集中した、かなりボリュームの多いトレーニング刺激が必要です。

 

 

なので、一般的なトレーニングに関わる期間は比較的長く設定するのが懸命でしょう。

 

 

対して専門的体力、土台の改良はそれよりも早く進むので、一般的トレーニング期間よりも短いスパンで計画できます。まずは土台になるようなトレーニングをしっかりと積んで行くのが大切です。

 

 



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





400m走の特徴とトレーニングの視点

400m走とは?400m走とは、200m選手のような高いスピードに加えて、400mを走りきるための持久力も必要な、短距離種目で最も過酷な競技だと言われています。400m走の現在の世界記録は、男子でW.バンニーキルク選手が2016年リオ五輪で樹立した43.03、女子ではM.コッホ選手が出した47.60...

≫続きを読む

400m走の技術練習(コーナーからの加速トレーニング)

400m走ではスタートからの加速局面、レース後半に差し掛かる200〜300mの局面でコーナーを走ることになります。したがって、このコーナーを上手く走れる技術は、400m走で良いタイムを出すために軽視できない要素だと言えるでしょう。ここでは、400m走のスタートからの加速局面の技術に着目して、使えるコ...

≫続きを読む

400m走のバックストレートでの走技術(楽にスピード維持するクルージング走法)

クルージング走法とは?400m走では、スタートから最初のコーナー出口付近でトップスピードに達し、その後はゴールまで徐々にスピードが低下していきます。なので、400m走では高めたスピードを、バックストレートでいかに楽に維持できるかが重要になります。なぜなら、400m走の前半で力を使い過ぎると、後半大き...

≫続きを読む

400m走の中盤の技術(200〜300mを上手く走る方法)

400m走の200m〜300m区間400m走での200m〜300m区間は、ギアチェンジ局面とも呼ばれ、ここから再度徐々にアクセルを吹かしていくことが必要になります。これは、200mを過ぎたあたりからは、疲労によって速度維持が一層難しくなってくるからです。また、この区間は曲走路であるため、コーナーリン...

≫続きを読む

400m終盤での走技術(減速を防ぐ走り方と練習方法)

400m走の終盤で起きること400m走のホームストレートでは、疲労によってスピードが著しく低下してきます。どれだけ前半が速くても、400mのゴールラインを駆け抜ける最後の最後まで耐えられなければ好記録は望めません。この局面では、接地中に身体を浮かせられるだけの筋力を発揮することができなくなったり、次...

≫続きを読む

400m走の体力トレーニング

400mスプリンターに必要な体力陸上競技の400m走は、高いスピードを発揮できるだけでなく、そのスピードを50秒近くできる限り維持できるような持久力も求められる種目です。したがって、効率よく走るための技術やペース配分に関わる戦術はもちろん、それを下支えするための、筋力やパワー、持久力、柔軟性、調整力...

≫続きを読む

400m走のトレーニング計画(一般的準備期)

400m選手に必要な体力400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。したがって、400mスプリンターとしてトレーニングを計画していく時には、まずそれらの土台となる、筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わるミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)...

≫続きを読む

400m走のトレーニング計画(専門的準備期)

400m選手に必要な体力400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。そして、その筋力や持久力の土台となるのが、そもそもの筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わる筋肉の中のミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)です。このような土台を「一般的準備...

≫続きを読む

400m走のトレーニング計画(試合期)

400m選手に必要な体力400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。その筋力や持久力の土台となるのが、そもそもの筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わる筋肉の中のミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)です。このような土台を「一般的準備期(一般...

≫続きを読む