400m走のトレーニング計画(一般的準備期)

400m走のトレーニング計画(一般的準備期)




400m走のトレーニング計画(一般的準備期)

 

 

400m選手に必要な体力

 

400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。

 

 

したがって、400mスプリンターとしてトレーニングを計画していく時には、まずそれらの土台となる、筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わるミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)を増やしていく作業が重要になります。

 

 

このようなトレーニング期間は、トレーニングの期分けで言うところの「一般的準備期(一般的な体力を中心に高める期間)」にあたるものです。

 

 

 

 

 

筋肉量を増やす

 

筋肉量を増やしていくためには、ある程度負荷をかけた筋力トレーニングを行うのが効率的です。

 

 

ウエイトトレーニングであれば、1回で挙げられる重さ(1RM)の75%以上を目安に、6〜10回を数セット、これを週に2〜3セッション組み込めると良いでしょう。大臀筋やハムストリング、腸腰筋、大腿四頭筋、内転筋群などを中心に鍛えていきます。

 

 

また、坂道ダッシュやスレッド牽引走など、負荷をかけてのスプリントトレーニングも、筋を肥大させ、筋力を高めるのに効果的です。

 

 

 

筋肉のミトコンドリアや毛細血管を増やす

 

筋肉のミトコンドリアや毛細血管を増やすためには、トレーニングでエネルギーを減らし続けるような刺激が必要です。

 

 

また、筋肉には大きなパワーは出せないけど持久力の高い遅筋線維と、大きなパワーが出せるけど、持久力に乏しい速筋線維があります。

 

 

特に高いスピードが求められるロングスプリンターでは、この速筋線維のミトコンドリアや毛細血管を増やしていけることが重要です。

 

 

長時間ジョギングをするような負荷であれば、遅筋線維のミトコンドリアや毛細血管を増やせるような刺激になります。

 

 

対して、呼吸が乱れるような高いスピードで、多量走り込むような刺激は、速筋線維のミトコンドリアや毛細血管を増やします。

 

 

したがって、筋肉のミトコンドリアを増やすためには、上記のような条件を満たしたトレーニングが必要になるわけです。

 

 

 

トレーニング計画例

 

 

まずは週に2日は休養日を作りましょう。肉体的な疲労を確実に抜くだけでなく、多量なトレーニングによる精神的ストレスを軽減するためです。

 

 

また、初心者では筋肉量と持久力のトレーニングを同時に進めていくことがある程度可能です。しかし、上級者やトレーニング歴が長い選手となると、筋力トレーニングと持久トレーニングを同時進行させにくくなります。

 

 

これは、持久トレーニングの刺激が、筋力を高めるためのスイッチをオフにしてしまう、トレーニングの干渉作用によるものです。

 

 

 

関連記事

・干渉作用-持久トレーニングは筋トレ効果を阻害する-

 

・干渉作用の原因―筋力向上させつつ持久力を高められない理由―

 

・干渉作用を最小化する戦略―筋力を高めつつ持久力を高める方法―

 

 

したがって、特にトレーニング歴の長い選手ほど、筋肉量に特化した期間や、持久力に特化した期間と、別個にトレーニングを組み立てていく必要が出てきます。

 

 

 

 

 

トレーニングボリュームが大切

 

筋肉量やミトコンドリア、毛細血管と言った、根本的なエネルギー代謝の基盤を改善させていくためには、多量のトレーニング刺激を、比較的長い期間かけていく必要があります。なので、よりたくさんトレーニング刺激を与えられることが重要です。

 

 

しかし、いきなりトレーニング量を増やしても、回復が追いつかなかったり、怪我を誘発してしまう可能性も高くなります。そのため、トレーニングの総量は徐々に「増やしていける」ことが大切です。

 

 

回復が追いつき、以前よりも多くのトレーニングがこなせる、同じ負荷なのに楽に感じるようになってきたら、トレーニングのボリュームを増やす時だと判断しましょう。筋肉量やミトコンドリア、毛細血管などの「筋形質」改善は、パフォーマンスを大きく向上させるために必須であり、最も集中して時間をかけて、じっくりとトレーニングすべき要素でもあります。

 

 

この期間を怪我なく過ごせることが、翌シーズンの成果を決めると言っても過言ではありません。

 



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





400m走の特徴とトレーニングの視点

400m走とは?400m走とは、200m選手のような高いスピードに加えて、400mを走りきるための持久力も必要な、短距離種目で最も過酷な競技だと言われています。400m走の現在の世界記録は、男子でW.バンニーキルク選手が2016年リオ五輪で樹立した43.03、女子ではM.コッホ選手が出した47.60...

≫続きを読む

400m走の技術練習(コーナーからの加速トレーニング)

400m走ではスタートからの加速局面、レース後半に差し掛かる200〜300mの局面でコーナーを走ることになります。したがって、このコーナーを上手く走れる技術は、400m走で良いタイムを出すために軽視できない要素だと言えるでしょう。ここでは、400m走のスタートからの加速局面の技術に着目して、使えるコ...

≫続きを読む

400m走のバックストレートでの走技術(楽にスピード維持するクルージング走法)

クルージング走法とは?400m走では、スタートから最初のコーナー出口付近でトップスピードに達し、その後はゴールまで徐々にスピードが低下していきます。なので、400m走では高めたスピードを、バックストレートでいかに楽に維持できるかが重要になります。なぜなら、400m走の前半で力を使い過ぎると、後半大き...

≫続きを読む

400m走の中盤の技術(200〜300mを上手く走る方法)

400m走の200m〜300m区間400m走での200m〜300m区間は、ギアチェンジ局面とも呼ばれ、ここから再度徐々にアクセルを吹かしていくことが必要になります。これは、200mを過ぎたあたりからは、疲労によって速度維持が一層難しくなってくるからです。また、この区間は曲走路であるため、コーナーリン...

≫続きを読む

400m終盤での走技術(減速を防ぐ走り方と練習方法)

400m走の終盤で起きること400m走のホームストレートでは、疲労によってスピードが著しく低下してきます。どれだけ前半が速くても、400mのゴールラインを駆け抜ける最後の最後まで耐えられなければ好記録は望めません。この局面では、接地中に身体を浮かせられるだけの筋力を発揮することができなくなったり、次...

≫続きを読む

400m走の体力トレーニング

400mスプリンターに必要な体力陸上競技の400m走は、高いスピードを発揮できるだけでなく、そのスピードを50秒近くできる限り維持できるような持久力も求められる種目です。したがって、効率よく走るための技術やペース配分に関わる戦術はもちろん、それを下支えするための、筋力やパワー、持久力、柔軟性、調整力...

≫続きを読む

400m走のトレーニング計画(一般的準備期)

400m選手に必要な体力400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。したがって、400mスプリンターとしてトレーニングを計画していく時には、まずそれらの土台となる、筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わるミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)...

≫続きを読む

400m走のトレーニング計画(専門的準備期)

400m選手に必要な体力400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。そして、その筋力や持久力の土台となるのが、そもそもの筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わる筋肉の中のミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)です。このような土台を「一般的準備...

≫続きを読む

400m走のトレーニング計画(試合期)

400m選手に必要な体力400m選手に必要な体力には、高いスピードを発揮するための筋力、そしてそれを維持するための持久力です。その筋力や持久力の土台となるのが、そもそもの筋肉量(筋肉の形態)や、持久力に関わる筋肉の中のミトコンドリアや毛細血管の量(筋肉の質)です。このような土台を「一般的準備期(一般...

≫続きを読む