iPadやiPhoneのNight Shiftモードはアスリートの睡眠効率を改善させるか?




iPadやiPhoneのNight Shiftモードはアスリートの睡眠効率を改善させるか?

アスリートがスポーツのパフォーマンスを高める上で、睡眠時間の確保は非常に重要な課題だと言えます。

 

 

なぜなら、睡眠時間が足りないだけで、怪我のリスクは倍増し、減量も失敗、あらゆる運動パフォーマンスの低下につながるからです。

 

 

そのため、より効率的に睡眠時間を確保できるように工夫を凝らす必要があると言えます。

 

 

関連記事

 

・アスリートがより良い睡眠をとるためのチェックリスト

 

 

 

睡眠時間、睡眠効率の減少に関わる要因の一つに、スマホやタブレット、パソコンなどのライトを浴びることが挙げられます。

 

 

このような光の刺激は、入眠時間を遅らせたり、睡眠の質を悪くすることが分かっています。

 

 

そこでの対策として、光の量を調整したり、ブルーライトメガネをかけたり、iPhoneやiPadに備わっている、光の刺激を小さくする「Night Shiftモード」を使うなど、様々な策が考えられます。

 

 

※iPhoneのNight Shiftモード

 

 

ここでは、これらの対策は本当に睡眠効率を改善するのに役立つのか?について考えていきます。

 

 

 

Night Shiftモードは本当に効くのか?

 

入眠時間や睡眠効率に関わる重要なホルモンに、「メラトニン」が挙げられます。メラトニンが抑制されてしまうとなかなか寝付けなくなってしまいます。

 

 

これに着目してNagareほか(2018)の研究では、寝る前2時間の間にブルーライトメガネをかけさせた群、Night Shiftモードで画面の明るさを高くした群、Night Shiftモードで画面の明るさを低くした群で、その後のメラトニンの抑制度合いを比較しています。

 

 

その結果、メラトニンの抑制は、ブルーライトメガネ、Night Shift+明るい画面、Night Shift+暗い画面の順で高くなりました。

 

 

※Nagareほか(2018)より作成

 

 

 

また、そのデバイスを使い始めて1時間後よりも、2時間後の方がメラトニンの抑制度合いが高くなっていることが分かります。

 

 

このことから、Night Shiftモードを使っても完全にメラトニンの抑制度合いを軽減させることはできないものの、「Night Shift+画面を暗くする+使用時間は1時間以内」で、そこそこ眠りを妨げる原因を抑えられるかもしれない?ということが分かります。

 

 

もちろん一番良いのは、その端末を利用しないことに限ります。

 

 

しかし、スマホ無しには生きられない現代人にとって、寝る前にスマホが使えないというのは結構な苦痛であるかもしれません。

 

 

仕事が残っていて、寝る直前まで使わざるを得ない場合もあるでしょう。

 

 

そのような時は、Night Shiftモードを使い、画面をできる限り暗くすることで最低限の対処をしてみましょう。

 

 

 

参考文献

・Nagare, R., Plitnick, B., & Figueiro, M. G. (2018). Does the iPad Night Shift mode reduce melatonin suppression?. Lighting Research & Technology, 1477153517748189.

 


サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





アスリートがより良い睡眠をとるためのチェックリスト

アスリートがスポーツのパフォーマンスを高める上で、睡眠を疎かにするなんてとんでもないことです。睡眠時間の不足は怪我のリスクを倍増させ、あらゆるスポーツのパフォーマンスにも影響します。さらには減量中の筋肉量の維持にも大きな影響を与えます。関連記事・睡眠不足での減量はアスリートの筋肉量を落とすそのため、...

≫続きを読む

iPadやiPhoneのNight Shiftモードはアスリートの睡眠効率を改善...

アスリートがスポーツのパフォーマンスを高める上で、睡眠時間の確保は非常に重要な課題だと言えます。なぜなら、睡眠時間が足りないだけで、怪我のリスクは倍増し、減量も失敗、あらゆる運動パフォーマンスの低下につながるからです。そのため、より効率的に睡眠時間を確保できるように工夫を凝らす必要があると言えます。...

≫続きを読む

睡眠不足で風邪を引くリスクが倍増する

睡眠不足は「風邪を引きやすくする」睡眠時間が6時間未満の人では、7時間より多く睡眠をとっている人と比べて、風邪を引くリスクが高くなると言われています(Pratherほか,2015)。5時間未満の人では7時間の人と比較してリスクがほぼ2倍です。激しいトレーニングを積むアスリートはただでさえ免疫力が低く...

≫続きを読む

睡眠不足がスポーツのパフォーマンスに与える影響

運動パフォーマンスへの影響睡眠不足は、運動パフォーマンスを低下させます。それに関して、以下のような例があります。・30時間の断眠で、50分間の間欠的なスプリントを実施すると、最初と最後の10分間のスプリントタイムと走行距離が低下し、膝伸展筋力の低下もみられた(Skeinet al.,2011)。・一...

≫続きを読む

寝る前の入浴で、睡眠の質を改善できる

寝る前の入浴は、睡眠の質を高める睡眠の質を高める方法の一つに、「就寝前にお風呂に入ること」が挙げられます。実際に、寝る30分前までの入浴(40℃で肩まで20分程度浸かる)で、眠りにつくまでの時間が短くなり、深い睡眠の割合が増えたという研究もあります(Sung& Tochihara,2000)。ではな...

≫続きを読む