睡眠不足で風邪を引くリスクが倍増する




睡眠不足で風邪を引くリスクが倍増する

睡眠不足は「風邪を引きやすくする」

 

睡眠時間が6時間未満の人では、7時間より多く睡眠をとっている人と比べて、風邪を引くリスクが高くなると言われています(Pratherほか,2015)。5時間未満の人では7時間の人と比較してリスクがほぼ2倍です。

 

 

 

激しいトレーニングを積むアスリートはただでさえ免疫力が低くなりやすいです。長距離ランナーの上気道感染症は特に多く、冬場の乾いた寒い時期だとさらに多くなると言われています(Williamsほか,2019)。風邪を引かずにトレーニングを継続できることは、スポーツのパフォーマンスを高めていくうえで当然大切なことでしょう。

 

 

風邪を引きやすい時期、トレーニングがハードな時期だけでなく、日ごろから睡眠時間を多く確保できるようにしておきましょう。ケガを防ぐためにも、最低8時間程度の睡眠は欲しいところです。

 

 

参考文献

・Prather, A. A., Janicki-Deverts, D., Hall, M. H., & Cohen, S. (2015) ;Behaviorally assessed sleep and susceptibility to the common cold. Sleep,;38(9),;1353-1359.
・Williamsほか(2019)Immune nutrition and exercise: Narrative review and practical recommendations.European Journal of Sport Science,Volume 19, 49-61.



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





アスリートがより良い睡眠をとるためのチェックリスト

アスリートがスポーツのパフォーマンスを高める上で、睡眠を疎かにするなんてとんでもないことです。睡眠時間の不足は怪我のリスクを倍増させ、あらゆるスポーツのパフォーマンスにも影響します。さらには減量中の筋肉量の維持にも大きな影響を与えます。関連記事・睡眠不足での減量はアスリートの筋肉量を落とすそのため、...

≫続きを読む

iPadやiPhoneのNight Shiftモードはアスリートの睡眠効率を改善...

アスリートがスポーツのパフォーマンスを高める上で、睡眠時間の確保は非常に重要な課題だと言えます。なぜなら、睡眠時間が足りないだけで、怪我のリスクは倍増し、減量も失敗、あらゆる運動パフォーマンスの低下につながるからです。そのため、より効率的に睡眠時間を確保できるように工夫を凝らす必要があると言えます。...

≫続きを読む

睡眠不足で風邪を引くリスクが倍増する

睡眠不足は「風邪を引きやすくする」睡眠時間が6時間未満の人では、7時間より多く睡眠をとっている人と比べて、風邪を引くリスクが高くなると言われています(Pratherほか,2015)。5時間未満の人では7時間の人と比較してリスクがほぼ2倍です。激しいトレーニングを積むアスリートはただでさえ免疫力が低く...

≫続きを読む

睡眠不足がスポーツのパフォーマンスに与える影響

運動パフォーマンスへの影響睡眠不足は、運動パフォーマンスを低下させます。それに関して、以下のような例があります。・30時間の断眠で、50分間の間欠的なスプリントを実施すると、最初と最後の10分間のスプリントタイムと走行距離が低下し、膝伸展筋力の低下もみられた(Skeinet al.,2011)。・一...

≫続きを読む