スポーツ科学に基づいたクラウチングスタートのガイドライン(正しいブロックの配置、構え方とは?)

スポーツ科学に基づいたクラウチングスタートのガイドライン(正しいブロックの配置、構え方とは?)




スポーツ科学に基づいたクラウチングスタートのガイドライン(正しいブロックの配置、構え方とは?)

 

 

スターティングブロックからの加速力の重要性

 

陸上競技の短距離走において、速いスタートダッシュを切るためには、スターティングブロックを上手く使う必要があります。このスターティングブロックは、クラウチングスタート時に、前足と後足を支える役割があり、スプリンターはこのスターティングブロックを押すことによって推進力を得ることができます。

 

 

当然、陸上競技の短距離走は100分の1秒を争う競技であるため、スタートダッシュの善し悪しは、パフォーマンスに大きく関わります。スタートの数メートルで出遅れてしまうと、精神的にも余裕がなくなり、終盤まで力んだ走りになってしまうというケースもしばしばみられることでしょう。

 

 

参考動画(世界トップスプリンターのスタートダッシュ)

 

 

また、世界トップクラスのスプリンターでは、前足がブロックを離れる瞬間までに、トップスピードの3分の1のスピードに達することができ、スタートでのパフォーマンスが高いほど、100m全体のタイムも速いという強い関係性があります(Bezodisほか,2015)。

 

 

そのため、このスターティングブロックを用いたスタートダッシュは、短距離走のパフォーマンスを高めるうえで、重要視すべき技術の一つであるとみなすことができます。

 

 

 

良く用いられるブロックの配置方法

 

スターティングブロックの前ブロック、後ブロックは移動させることが可能なため、選手がスタートを切りやすいように配置を変えることができます。このスターティングブロックの配置スタイルには、一般的に以下の3通りの方法が知られています。

 

 

 

 

ミディアムスタート

前ブロックと後ブロックの間隔を中程度に設置し、スタートをする方法です。一般的に初心者に勧められる配置の方法です。

 

 

エロンゲーテッドスタート

前後ブロックの間隔を大きくとる配置方法です。前ブロックを長くプッシュすることになるため、筋力が高い選手向けだとよく言われます。

 

 

バンチスタート

前後ブロックの間隔を狭めて構える方法です。セットで腰を高く上げ、前に倒れる力を利用しながらスタートを切ることになるため、筋力の低い女子選手などに勧められる場合が多いのではないでしょうか?

 

 

 

このように、個人の特徴によって、一般的に推奨されるスタート方法というのは、いくつか存在しています。しかし、筋力が無ければバンチスタートが良いのか?筋力が高ければエロンゲーテッドスタートが本当に良いのか?…などと、このようなスタートダッシュ方法が本当に有効なのかどうかについて、明確な科学的根拠は存在していません。

 

 

当然、筋力の高低のみならず、脚や胴体、腕の長さなどの体格、パフォーマンスのレベル、発達段階、性別など、あらゆる要因次第で、最適なブロックの配置やセットの姿勢は変わってくるはずです。

 

 

では、その最適なブロックの配置や姿勢、クリアランスからの加速方法を探る上で、何を手掛かりにしたらよいのでしょうか?

 

 

そのヒントとなる知見が、次に紹介する研究論文です。

 

 

 

スタートダッシュに関する最新レビュー論文

 

2019年6月、スウォンジー大学のBezodisらによって、陸上競技のスタートダッシュに関する数多くの研究論文をまとめたレビュー論文が発表されました。このレビューでは、スターティングブロックのクリアランスから1歩目までで、より高い水平速度をより短い時間で獲得するためのブロックの配置や姿勢、動作や力発揮の特徴についてまとめられています。ここで紹介されている主な知見を以下にまとめます。

 

 

特に理由が無ければ「中程度のブロック間隔(ミディアム)」推奨

 

前後のブロック間隔を広げると、前足がブロックから離れる瞬間の速度を高めることができますが、ブロックを押している時間が長くなってしまい、スタートがワンテンポ遅れてしまうことが考えられます。

 

 

実際に、ブロックの間隔が広いエロンゲーテッドスタート(ブロック間隔:0.548m)は、ブロックから離れる瞬間の速度は高いものの、バンチスタート(ブロック間隔:0.215m)、ミディアムスタート(ブロック間隔:0.368m)よりも、5~10mまでのタイムが遅くなってしまうと言うことが報告されています(Slawinskiほか,2012)。

 

 

また、バンチスタートでは両足の股関節で、力を発揮しにくくなってしまうという特徴もみられるようです。

 

 

以上のことから、過度に長い時間を費やすことなく、比較的大きな力を生み出すことができるため、基本的にはミディアムスタートが推奨されるということです。

 

 

しかし、選手の体格やセット時の構え方など、他にも考慮すべき要因も多いです。したがって、一概にすべてのスプリンターはミディアムスタートを採用すべきである!と言い切ることはできません。

 

 

 

後ブロックのプッシュを疎かにしない

 

スタート時のプッシュにより、後ブロックよりも前ブロックには多くの力が伝わります。これは、後ブロックよりも前ブロックの方が、プッシュしている時間が長いからです。

 

 

一方で、プッシュ時間は短いものの、スタート時により大きな力(力の最大値)が加えられているのは後ブロックになります。そして、短い時間でより高い速度を得るブロッククリアランスには、この後ブロックへの力の大きさが最も良く関係しているようです。また、ブロッククリアランスの総時間に占める、後ブロックのプッシュ時間の多さも然りで、パフォーマンスの高い選手にみられる明らかな特徴として紹介されています。

 

 

これには後ろ股関節の伸展を大きくすることや、後ろブロックの膝伸展を早期に実施することが重要になり得るとのことです。

 

 

 

1歩目までの滞空時間を短く、1歩目の接地時間は長く

 

ブロッククリアランス直後の1歩目までの滞空時間を短く、1歩目を長くプッシュすることで、短時間のうちにより大きな推進力を生むことができると考えられます。スタート直後において、滞空時間中は地面に力を加えることができないため、その時間が長くなってしまうと加速力を生み出せない時間も長くなってしまうわけです。

 

 

また、トップスピード局面では接地時間の短さが大切だとよく言われることがありますが、スタート直後では、推進力をより多く生み出すことが重要になると考えられ、長い接地時間が高いパフォーマンスと関連しています。

 

 

実際に、ダイヤモンドリーグに出場するトップスプリンターの最初の1歩目の接地時間の平均は男子で0.210秒、女子で0.225秒だったのに対し、低レベルのスプリンターでは男子で0.176秒、女子で0.166秒だったと報告されています(Ciacciほか,2017)。

 

 

このように、最初の1歩目までの滞空時間を短く、1歩目の接地時間が長いことは、レベルの高いスプリンターによくみられることで、より速いスタートを達成するために重要な視点であると考えられます。

 

 

しかし、1歩目までの滞空時間が短いからと言って、1歩目までのストライドを小さくしてすぐに接地に向かえば良いわけではないこと、そして単に1歩目の接地時間を長くすればよいわけではないことに注意が必要です。

 

 

 

1歩目の接地初期で、足関節で大きな力を発揮(硬くて潰れにくい足首)

 

1歩目の推進力に最も大きく関わると考えられるのが、足関節で発揮できるパワーです。足関節は接地の衝撃をバネのように吸収して、蹴り出しに向けてその吸収したエネルギーを放出することが知られており、1歩目の支持期には、吸収したエネルギーの4倍近いエネルギーを生み出すとも言われています。

 

 

また、スタート直後では、身体重心よりも後ろ側に足を接地するため、足関節での力発揮はそのまま身体を進めるためのエネルギーになります。そのため、1歩目支持期においては、足関節が、推進力を生み出す1番の貢献者であるともいえるわけです。

 

 

そして、ここでその足首をより硬くでき、より潰れにくい状態にできることは、1歩目の推進パワーを高めるために非常に重要だと言われています。実際に、世界のトップスプリンターのスタートダッシュを見てみると、1歩目の足首ががっちりと固定されている光景が確認できます。

 

 

参考動画(C.コールマン:ブロッククリアランス)

 

 

 

 

 

上記を達成し得るブロックの配置、セットポジション、クリアランス、1歩目の動作、それに関連するトレーニングを模索することが大切

 

ここまで紹介してきた情報は「スタートからの1歩目までで、高いパフォーマンスを発揮できている選手の特徴」がほとんどです。

 

 

後ろ足で良くプッシュできていて、1歩目までの滞空時間が短くて、1歩目の接地時間が長いからと言って、「じゃあどうすればそれが達成できるのか?」については、教えてくれません。あくまで、速い人はそうなっているから、「最終的に目指す目的地があるとするならば、その動きや力発揮だよね」と言うことしかわかりません。

 

 

したがって、その目的地に向かう方法は、選手やコーチ各々で模索するしかないわけで、簡単にスタートが上手くなって、足が速くなって…と、ことがそう簡単に進むことはありません。

 

 

とはいえ、良いとされる動作や力発揮の目的地が分かっているのと、そうでないのとでは、より効率的なトレーニングを選び、技術の習得を進めていく上で、大きな差が生まれます。良く分からず、勘でまったく違う方向に進むようなトレーニングをしてしまえば、それは大きな遠回りとなってしまうからです。

 

 

アスリートがアスリートでいられる時間は限られています。その限られた時間の中で、パフォーマンスを最大限に高めるためには、やはり無駄な遠回りはできるだけ避けていきたいものです。

 

 

関連記事

・陸上競技のバイオメカニクスとは?(スポーツバイオメカニクスの正しい解釈)

 

 

 

ブロッククリアランスからの加速に関するガイドライン

 

最後に、「ここまで読み進めてみたけど、なんだか難しい。結局何をしたらいいの?」と感じてしまった人向けに、ここまで紹介してきた文献を基に筆者が作成した「スタートに関するガイドライン」を紹介します。

 

 

~ブロッククリアランスが上手くなるためのポイント~

・特に理由がなければ「ミディアムスタート」

 

・後ブロックをしっかり押そう

 

・1歩目までを早く、そして低い姿勢でグッと踏もう

 

・「硬い足首」を作ろう

 

 

 

 

 

後ブロックをしっかり押そう

 

ブロックの配置を考えたり、スタートの練習をするうえで「後ブロックを押すことをおろそかにすべきではありません」。後ブロックをしっかりと押せるような配置や姿勢に目を向けて、試行錯誤をしてみましょう。

 

 

特に理由が無ければ「ミディアムスタート」がおすすめです。ブロックの前後幅をシューズ1足と3分の1程度にして、無理のない姿勢を取りましょう。このとき、セットの構え時には前後のブロックに均等に体重がかかるようにします。

 

 

また、後ブロックをなんだか上手く押せないな、という人には、「前ブロックを取り外したスタート練習」が有効かもしれません。

 

 

 

1歩目までを早く、そして低い姿勢でグッと踏もう

 

1歩目まではすぐに身体を浮き上がらせるのではなく、「1歩目をいち早く踏みに行き、低い姿勢で押す」ようにしてみましょう。その際、1歩目を早く踏みに行こうとして、最初のストライドを小さくし過ぎないように注意します。

 

 

練習方法を挙げるとするなら、1歩目の接地位置の目安となる場所にシール等の目印を貼り、その「シールをいち早く、低い姿勢で踏みに行く」などが考えられます。低い姿勢で踏み込むことができれば、おのずと接地時間は長くなり、多くの推進力を生むことにつながり得ます。

 

 

しかし、低い姿勢で身体を支えるためには、低い姿勢で身体を支えられるだけの筋力が必要です。意識していきなりできるようになるものではありません。

 

 

ウエイトトレーニングなどで低い姿勢でも大きな力を発揮できるような筋力を高めると同時に、上記のような意識でのスタート練習をコツコツと続けていきましょう。

 

 

 

「硬い足首を作る」トレーニング

 

1歩目で大きな推進力を生むためには、硬いバネのような足首を作ることが重要です。この硬い足首は、トップスピードを高めるためにも非常に重要だと言われており、スタートだけに限らず、短距離走のパフォーマンスを高める上で、優先してトレーニングすべき要素だと考えられます。以下は、そのトレーニング例です。いずれも、短い接地時間で高く跳ぶことを意識すると良いでしょう。

 

 

参考動画(アンクルホップ:できるだけ膝が曲がらないようにするのが好ましい)

 

 

 

 

 

参考文献

・Bezodis NE, Salo AIT, Trewartha G. Relationships between lower-limb kinematics and block phase performance in a cross section of sprinters. Eur J Sport Sci. 2015;15:118–24.
・Bezodis, N. E., Willwacher, S., & Salo, A. I. T. (2019). The Biomechanics of the track and field sprint start: a narrative review. Sports Medicine, 1-20.
・Slawinski J, Dumas R, Cheze L, Ontanon G, Miller C, MazureBonnefoy A. 3D kinematic of bunched, medium and elongated sprint start. Int J Sports Med. 2012;33:555–60.
・Ciacci S, Merni F, Bartolomei S, Di Michele R. Sprint start kinematics during competition in elite and world-class male and female sprinters. J Sports Sci. 2017;35:1270–8.

 



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





陸上競技のバイオメカニクスとは

スポーツバイオメカニクスとは?スポーツバイオメカニクスは、力学的な面からスポーツにおける身体運動を研究する、スポーツ科学の中の領域の一つです。バイオ(bio=生体)メカニクス(mechanics=力学) =「生体力学」と呼ばれる学問領域で、しばしば「バイメカ」と略されます。バイオメカニクスは、「人間...

≫続きを読む

速く走るために必要な2つの力(水平・鉛直の力)

「走って前に進む」とは?トラック種目は、「自分という物体をいかに早くゴールに送り届けられるか」を競う競技だと言えます。そのためには自分を加速させて、いかに高い速度を持たせられるかが重要となります。次のような物理法則があります。関連記事→短距離走の基礎知識「走りとニュートンの法則」F=ma (力=質量...

≫続きを読む

スプリント中の下肢の動き

スプリント中の脚の動き方スプリント中の「足」の軌道は以下のようになります。下肢は大腿、下腿、足の3つの部分があり、それらを股関節、膝関節、足関節の3つの関節でつないでいます。これらの関節が、伸展(関節を伸ばすこと)と屈曲(関節を曲げること)をすることで様々な動きができるようになっています。スプリント...

≫続きを読む

①フットディセント-③ミッドサポート

①フットディセント接地前の足を振り戻す(振り下ろす)場面ですが、接地直前のスイング速度が疾走速度と密接に関係します。速いものが地面に叩きつけられるのと、そうでないものでは、鉛直方向の力の大きさや、より速いミッドサポート期への移行(よく乗り込みの早さと表現される)が可能になります。②フットストライク接...

≫続きを読む

③ミッドサポート-④テイクオフで効率的に推進力を生む動き

ここでは、重心が足に乗り切った所から地面を離れるまでの効率的な動きについて紹介します。ここからが肝心の「前に進むための水平方向の力」を加えていく局面です。水平方向に力を効率的に加えることができる動きとできない動きを以下に示します。このように、水平方向に効率的に力を加えて、脚全体のスイング速度向上につ...

≫続きを読む

⑤フォロースルー-⑥フォワードスイング期での効率的な動作

脚が地面から離れて、前方へ引き出していく局面の効率的な動きについて紹介します。離地後は、高い後方スイングスピードの影響により下肢が後方へ振り出されます。ここから、脚をより早いタイミングで前方スイングに切り替えられなければ、俗に言われる「脚が流れる」というような現象が起きます。この、「脚が流れる」こと...

≫続きを読む

スプリント中の下肢関節に働く力

動作をコントロールするのは筋肉です。その筋肉をコントロールするのは脳などの中枢となります。ここではスプリント中の下肢に、どのタイミングで、どの関節に、どのような力が働いているかについてみていきます。まず、脚の関節には主に「股関節」「膝関節」「足関節」があります。これらを伸ばしたり、曲げたりすること(...

≫続きを読む

スプリント中の骨盤の動き(短距離走と骨盤)

ここでは、スプリント中の腰の動きを見ていきます。「骨盤を使え!」と、よく陸上競技場で指導者や選手が口にしているのを目にしますが、実際どう動いているのでしょうか。実はこの腰の動きを上から見てみると、歩いているときと走っている(全力に近い)ときでは動き方が少し違うのです。歩行時の腰の動きこのように、歩行...

≫続きを読む

100m走中の脚の回復期に発揮される力・パワーの変化

100m走のレース中、選手はずっと同じ動作を繰り返しているわけではありません。スタートからの前傾姿勢からトップスピード局面まで身体を徐々に起こしていくというだけでも、大きな疾走動作の変化があると言えます。それに伴って各関節が生み出す力、パワーが変わってきます。各局面で必要とされる力、パワーがわかれば...

≫続きを読む

100m走でなぜ速度が低下するのか

100m走では、スタートして最大スピードに達した後、いつまでも最大スピードで走り続けることはできません。必ず減速します。世界の一流スプリンターであっても、3-7%の速度低下がみられます(松尾ほか,2008)。「スタートの飛び出しが良くても後半置いていかれてしまう…。」「後半速度を維持するにはどうした...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学する①(スタートと力発揮)

短距離走、主に100mで、クラウチングスタートからの素早い加速は記録に大きな影響を及ぼすといっていいでしょう。もちろんトップスピードが高いことは重要(「100mでのレースパターン」)ですが、スタートで大きく出遅れてしまえば、100mでのタイムは遅くなってしまいます。よって、中間疾走での良い動きのみで...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学する②(スタートと動作)

「スタートと力発揮」において、水平方向への力発揮が重要であることを述べました。ここでは、次のことについて考えていきます。より水平方向への力発揮ができている選手の動きとはどのようなものか?より水平方向への力発揮を高める動作とはどのようなものか?力を加える方向が鍵?Morinら (2011)、篠原ら (...

≫続きを読む

スターティングブロックを科学する③(スタートと意識、構えの姿勢)

スターティングブロックを科学する①(スタートと力発揮)スターティングブロックを科学する②(スタートと動作)で、スタートにおける水平方向への力発揮の重要性と倒れ込みと伸び上がりのバランス、体幹の前傾、1歩目までを考慮に入れることの重要性について紹介しました。ここでは、構えの姿勢やブロックの配置、意識に...

≫続きを読む

腕振りの役割―腕を振らないなんてあり得ない―

「腕はどのように振ったら良いのか?」短距離走の選手であれば、誰しも一度は考えることでしょう。腕振りに関しては、選手としても指導者としても、様々な考え方が存在します。以前、Twitterを使って次のようなアンケートを行いました。この結果から言えることは、・様々な意識で腕振りを行う人がおり、明らかに特定...

≫続きを読む

ブレーキを減らすことで疾走速度は高まるか?

疾走中はブレーキと加速の繰り返しスプリント走の足の接地局面では、必ずブレーキと加速を伴います。足が地面に接地された瞬間、自分の体にはブレーキがかかり、一旦減速します。その後、足の接地位置よりも身体重心が前方に移動していくことではじめて、身体を加速させることができるのです。さて、この接地時のブレーキと...

≫続きを読む

4×100mリレーのバトンパス精度を高めるための指標

2004年のアテネオリンピックにおいて、日本チームは4×100mリレーで過去最高の4位となりましたが、その後はメダルに届かない状況が続いていました。そこで2008年の北京オリンピックに向けて、テークオーバーゾーン前後10m範囲である40mのタイムを一つの指標にして、バトンパス精度を高める試みがなされ...

≫続きを読む

4×100mリレーにおける、新しいアンダーハンドパス

2016年リオオリンピック時に日本チームが取り入れていたバトンパスは、2008年にメダルを獲得した時のそれとは少し異なります。2008年にメダルを獲得して以降、なかなかメダルに届かない時期が続きました。その最中の2014年のアジア大会。日本チームは中国にアジア記録を更新され、37秒台へと先を越されて...

≫続きを読む

最適なパス完了位置とは?

バトンパス完了位置バトン区間のタイムを短縮させるポイントの一つに、「パス完了地点」があります。テークオーバーゾーンのどこでバトンパスが完了したかによって、バトン区間のタイムが変わる可能性は高いため、これはリレーの戦略を考える上で非常に重要なポイントになります。100m走のレース分析からバトン区間所要...

≫続きを読む

コーナーリングを科学する(カーブを上手く走るためには?)

陸上競技の短距離種目では、200mや400mなど、曲走路を含む種目があり、曲走路で速度を落とさないように走る能力は非常に重要です。特に200m走や4×100mリレーの1走、3走では、曲走路で最大速度に到達するため、このコーナーリングの技術次第で、タイムが大きく変わる可能性があります。選手の中には直線...

≫続きを読む

膝のお皿が厚いほど足が速い??―膝関節モーメントアーム長と疾走速度の関係―

記事のタイトルを見て「???」となった方もいるかもしれません。膝のお皿の厚さと足の速さに一体どんな関係があるのでしょうか?ここでは、膝関節の簡単な構造と足の速さとの関係について迫っていきます。膝関節とは?膝関節はいわゆる「ひざ」のことであり、大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨によって形成されています。大...

≫続きを読む

足の人差し指が長いほど足が速い?―スプリント力と中足趾節関節の関係―

中足趾節関節とはスプリントパフォーマンス向上において、股関節や膝、足首を伸ばしたり、曲げたりする筋力の重要性は多く知られています。しかし、人間の「脚」には、この股関節、膝関節、足関節以外にも関節が存在し、その一つが「足の指の関節」です。特に中足趾節関節(足の指の付け根部分の関節)は、接地中に地面を捉...

≫続きを読む

陸上短距離走者における「足の流れ」の原因と改善方法

「あの選手は足が流れてしまっている」「レース後半になると足が流れてしまって失速してしまう」と言うように、陸上競技、特に短距離走の指導現場において「足が流れる」という言葉は非常に多く使われていることでしょう。実際に、スプリントフォームの指導ポイントとして、指導書でも注目されていたり、研究テーマとして取...

≫続きを読む

試合と練習時で走りが変わる?(試合と練習時のピッチとストライドの違い)

陸上競技の短距離走では、誰よりも素早く加速して、誰よりも高いスピードを獲得することが好記録につながります。そのため、練習ではスターティングブロックからの60m走や80m走などのトライアルを多くやったりすることでしょう。特に、レース中の最大スピードは記録と強く関係します(松尾ほか,2008)。疾走速度...

≫続きを読む

足首の硬さ、パワーと足の速さの関係(スプリント能力と足関節)

足が速い人は「足首が硬い」と良く言われます。実際に、100m走で日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手の足首は硬いとニュースでも多く取り上げられており、その硬さは和式トイレに座るのが難しいほどだそうです(桐生祥秀の秘密、硬い足首と1秒間5歩の高速ピッチ:日刊スポーツ)。参考動画(桐生選手9.98)...

≫続きを読む

足が速い人の特徴「陸上短距離におけるフォームの科学」

「足が速い人はどんなフォームで走っているのか」「速く走れるフォームを教えてほしい」と、陸上競技のトレーニング現場ではこのような議題が良く挙がります。ここでは、スポーツ科学の学問領域である「スポーツバイオメカニクス」から、足が速い人の特徴を紹介していきます。足が速い人は、接地中に身体が高い速度で前に進...

≫続きを読む

足の速さとピッチ・ストライド(回転数と歩幅)の関係は?

「足が速い人は、足の回転数(ピッチ)が高い?」「それとも、足が速い人は歩幅(ストライド)が大きい?」陸上選手のみならず「かけっこが速くなりたい、球技系のスポーツでスピードを高めたい!」という人であれば、多くの人が気になっている疑問の一つなのではないでしょうか?ここでは、この「足の速さとピッチ・ストラ...

≫続きを読む

腿を高く上げると速く走れるのか?(短距離走と腿上げ)

陸上競技のトレーニング現場では、短距離、中長距離、跳躍選手などが「もも上げ」を行っている光景が良くみられます。しかし、「どうしてもも上げをやるのか?」について、明確な意図、目的をきちんと理解し、説明できる人は意外に少ないのではないでしょうか?そもそも、もも上げは速く走るために必要な運動なのでしょうか...

≫続きを読む

短距離が速い人なぜ足音が大きいのか?

トップスプリンターの足音トップスプリンターの足音を聞いたことがあるでしょうか?一流選手が出場する競技会のサブグラウンドに行ったり、レースを近距離で観察していると、彼らの足音を聞くことができます。その足音というのは衝撃で、地面から「バチバチッ」という音が鳴っているように聞こえるくらいです。足音が大きい...

≫続きを読む

スプリント中の筋活動(短距離走中の筋肉の働き)

速く走るためには、自分の腕や脚を素早く動かさなければいけません。腕や脚を素早く動かし続けるためには、当然筋肉を働かせることが重要です。しかし、全力疾走中に筋肉を働かせるのが大事だとは分かっていても、「どのタイミングで」「どの筋肉が」「どれくらい」活動しているかを知っている人はあまり多くはありません。...

≫続きを読む

上下動の大きい走りの原因と改善方法

ここでは、陸上競技の短距離、中距離、長距離走における「上にピョコピョコ跳ねてしまうような走り」「上下動が大きく上手く前に進めていない走り」これらの考えられる原因や改善方法について紹介しています。上下動が大きな走りとは?そもそも、上下動が大きい走りとはどのようなものを言うのでしょうか?本来、ヒトは走る...

≫続きを読む

速く走るためには本当に腰が高い方が良いのか?

陸上競技の短距離走の指導現場では、速く走るための指導として「腰を高く」という言葉がよく使われます。確かに、腰が低くて地面をベタベタと這うようなフォームでは、速く走れそうにありません。関連記事・腰が低いベタ足走りの原因と改善方法一方で、速く走るためには「身体が浮かないようにする」ことも重要だと、多くの...

≫続きを読む

短距離走でいう「地面反力を上手くもらう」という表現は間違いである

作用、反作用の法則作用、反作用の法則とは「物体に力が作用すると、作用した方向とは反対方向に、同じだけ力が働く」ことです。これはニュートンの第3法則として知られており、力学を理解する上で必須の法則です。例えば、ヒトが走る時、身体を使って地面を押し、その反作用を受けることで前に進んでいます。物体は大きな...

≫続きを読む

加速局面でも膝を固定したフォームが理想?

膝を固定したフォームとは?陸上の短距離走において、地面を膝を伸ばすようにしてキックする走り方は、あまり良くないものとされています。以下の図を見てみると分かる通り、膝を固定したフォームで走れる方が、前へ効率よく進むことができると考えられるからです。この動きは、足の速い選手に良くみられるもので、世界一流...

≫続きを読む

スポーツ科学に基づいたクラウチングスタートのガイドライン(正しいブロックの配置、...

スターティングブロックからの加速力の重要性陸上競技の短距離走において、速いスタートダッシュを切るためには、スターティングブロックを上手く使う必要があります。このスターティングブロックは、クラウチングスタート時に、前足と後足を支える役割があり、スプリンターはこのスターティングブロックを押すことによって...

≫続きを読む