腰が低いベタ足走りの原因と改善方法

腰が低いベタ足走りの原因と改善方法




腰が低いベタ足走りの原因と改善方法

 

 

 

 

陸上競技の走種目(短距離、中距離、長距離)において、よく「腰が低く、足裏をベタベタ地面に着けて走ってしまう」「どうしたらいい?」という相談を受けます。

 

 

ここでは、ランニングにおける「腰が低いベタ足走り」の原因や、その改善方法について紹介していきます。

 

 

腰が低いベタ足走りとは?

 

そもそも「腰が低いベタ足走り」とはどのようなものを指すのでしょうか?

 

 

アスリートや指導者によって、その捉え方は異なるかもしれませんが、おそらく以下のようなフォームが考えられます。

 

 

参考動画

 

 

このような、かかとから地面に接地して、ドタドタと足音が大きくなってしまったり、腰が引けて、低姿勢で走るようなフォームだと、接地でのブレーキが余計に大きくなり、地面に足がついている時間が長くなってしまいます。

 

 

 

 

接地時間が長く、ブレーキが大きいと、当然身体を素早く前に進めることはできません。

 

 

 

腰が低いベタ足走りの原因は?

 

腰が低いベタ足走りの原因として、以下の2点が考えられます。

 

 

骨盤後傾

骨盤が後傾していると、走っている時に必要以上に足を身体の前方に接地してしまったり、かかとから踏み込んでブレーキが大きくなったりしやすくなってしまいます。

 

 

また、速く走るためには接地点を中心に積極的に身体を速く前に進めなければいけません。つまり、足は素早く後ろに残ることになります。

 

 

「足を流して走るのは良くない」とは言われますが、実際に足を完全に流さずに(身体の後ろに残さずに)走ると、全く前に進みません。

 

 

 

 

したがって、やや骨盤の前傾を保ちながら、積極的に後ろに足を後ろに残して、身体を前に進めながらも、素早く足を前に引き出す…

 

 

このような動作ができなければいけません。

 

 

 

骨盤後傾の改善方法

 

胸を張り、つむじが上に吊り上げられるような姿勢作り

 

いわゆる猫背で、背中が丸まった姿勢だと、骨盤が後傾した状態になりやすいと言えます。

 

 

少し胸を張り、つむじが天から引っ張られているようなイメージで姿勢作りをしてみましょう。壁を利用した姿勢づくり方法もあります。初心者向けの動画ですが、とても重要な要素が詰まっています。

 

 

参考動画(姿勢の作り方)

 

 

 

普段の歩行やドリル時なども、その姿勢を意識したまま行うようにしてみましょう。

 

 

 

骨盤後傾に関わる筋肉の拘縮

ハムストリングや臀部の筋肉、腹筋などが強くて、固まりやすくなっていると、骨盤を後傾させる作用が強まります。

 

 

 

 

そのため、ハムストリングや臀部、腹筋などをストレッチさせたりして、緩ませてあげることも骨盤後傾の改善に有効です。

 

 

また、骨盤を前傾させる大腰筋や大腿直筋などの筋肉は積極的に鍛えるようにしてみましょう。

 

 

参考動画(大腰筋や大腿直筋のトレーニング)

 

 

 

 

 

アキレス腱が上手く使えてない

ベタ足走りになるもう一つの理由に、「アキレス腱のバネが使えてない」ことが挙げられます。

 

 

接地する瞬間にふくらはぎの筋肉を一瞬で硬くできると、接地直後にアキレス腱が引き伸ばされ、バネのようなエネルギーが蓄えられます。

 

 

その後、そのバネのようなエネルギーを使って、素早く強い蹴り出し動作を効率よく行うことができるわけです。これをSSC運動(ストレッチ・ショートニング・サイクル)と言います。

 

 

 

 

このように、ふくらはぎを一瞬で硬くできる能力がないと、かかとから接地して、接地時間を間延びさせることで自分の身体を浮かさざるを得ない状況になってしまいます。

 

 

 

 

足首を硬いバネのようにするトレーニングを実施して、より身体の真下に近い部分で、つま先側で接地できるよう、そしてアキレス腱のバネを使えるように意識をしてみましょう。

 

 

参考トレーニング(アンクルホップ)



サービスメニュー

・陸上競技のトレーニングを科学的に考える電子book

「スライドで学ぶ~陸上競技の科学~」


・登録時に「ハムストリングの肉離れを防ぐ」をプレゼント

上記電子bookを無料でプレゼント「メルマガ登録」

*メールアドレス
*お名前(姓・名)


・コーチがいない選手、競技経験の無い部活動顧問の先生方へ

「トレーニング指導・メール相談はこちら」


 


トップページへ

 





腕振りで脇が開く原因と改善方法

短距離走や中長距離走において「腕振りで脇が開いて横振りになってしまう」ことはありませんか?これは、特にレース終盤疲れてきて、フォームが崩れてきた時に多く見られる現象だとよく言われます。そこでここでは・そもそも脇が開くことは悪いことなのか?・なぜ腕振りで脇が開いてしまうのか?・脇の開きを改善する方法こ...

≫続きを読む

肩甲骨から腕を振るとは?

陸上のトラック種目に取り組む選手であれば、しばしば腕振りについて「肩甲骨から腕を振る」という話を聞くことがあるのではないでしょうか?腕振りを効率的に行うためには良いイメージができそうで、もっともらしくて、なるほど!と、多くの人がおもうことでしょう?しかし、肩甲骨から腕を振る…と言っても、イメージする...

≫続きを読む

陸上選手における、反り腰の原因と改善方法

反り腰とは?反り腰とは、骨盤が過度に前傾したり、上体が後ろに仰け反った姿勢になったりすることで、腰が反ってしまっている状態を指します。写真のようにお尻がポコっと出ているような感じに見えるのが特徴です。このような反り腰のランナー、スプリンターが良く訴えることとして、腰痛が挙げられます。反り腰のような姿...

≫続きを読む

つま先が外に向く?ガニ股・外股走りの原因と改善方法

短距離、長距離ランナーで、走っている時につま先が外側に開いてしまう、いわゆる「がに股・外股走り」になってしまう、どうしたらいい?という話をよく聞きます。ここでは、このつま先が外に向くタイプのガニ股・外股走りと言われる現象の問題点や、その改善方法について紹介していきます。つま先が外を向き、膝が内側に入...

≫続きを読む

膝が外に向く?ガニ股・外股走りの原因と改善方法

短距離、長距離ランナーで、走っている時に膝が外側に開いてしまう、いわゆる「がに股・外股走り」になってしまう、どうしたらいい?という話をよく聞きます。ここでは、膝が外に向くタイプのガニ股・外股走りと言われる現象の問題点や、その改善方法について紹介していきます。膝が外に向くのは悪いこと?そもそも膝が外に...

≫続きを読む

腰が低いベタ足走りの原因と改善方法

陸上競技の走種目(短距離、中距離、長距離)において、よく「腰が低く、足裏をベタベタ地面に着けて走ってしまう」「どうしたらいい?」という相談を受けます。ここでは、ランニングにおける「腰が低いベタ足走り」の原因や、その改善方法について紹介していきます。腰が低いベタ足走りとは?そもそも「腰が低いベタ足走り...

≫続きを読む

傷害予防のためのエキセントリックトレーニングはそこまで多くやらなくてもいい

ケガを防ぐためのエキセントリックエクササイズ(ノルディックハムストリング)ケガを防ぐため良く活用されるトレーニングに、「エキセントリックエクササイズ」と呼ばれるものがあります。この「エキセントリック収縮(伸張性収縮)」とは、筋肉が縮もうとしながら引き伸ばされる、いわゆる動作にブレーキをかけるような筋...

≫続きを読む

怪我をしやすいランニングフォームの特徴とは?

中長距離走、ランニングの指導現場で「あの走り方じゃあ怪我をする!」なんて言葉をたまに耳にすることもあるでしょう。では実際に、どんな動作が見られると、怪我のリスクが高いと言えるのでしょうか?怪我のリスクが高いランニングフォームBramahほか(2018)の研究では、膝蓋大腿疼痛症候群、腸脛靭帯炎、シン...

≫続きを読む